アフターバーナー (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフターバーナー
ZZトップスタジオ・アルバム
リリース 1985年10月28日
ジャンル ハードロックブルースロック、エレクトロニック・ロック
時間 37分37秒
レーベル ワーナー・ブラザーズ・レコード
プロデュース ビル・ハム
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(ニュージーランド[1]
  • 2位(イギリス[2]、スイス[3]
  • 3位(スウェーデン[4]、ドイツ[5]
  • 4位(アメリカ[6]
  • 8位(ノルウェー[7]
  • 18位(オーストリア[8]
  • 23位(オランダ[9]、日本[10]
ZZトップ 年表
イリミネイター
(1983年)
アフターバーナー
(1985年)
Six Pack
(1987年)
テンプレートを表示

アフターバーナー』(Afterburner)は、アメリカ合衆国ロックバンドZZトップ1985年に発表した9作目のスタジオ・アルバム

解説[編集]

ZZトップの作品の中でも特にシンセサイザーを多用したアルバムで、音楽評論家のStephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて「ハードロック・バンドでさえ、キンキンと響くDX-7と虚ろなドラムに満たされたシンセ・ポップ的サウンドを作らねばならなかった時代を示した作品」と評している[11]

バンドの母国アメリカのBillboard 200では4位に達して初のトップ5入りを果たし[6]、1999年8月にはRIAAによって5×プラチナに認定されている[12]全英アルバムチャートでは、前作『イリミネイター』(1983年)に続くトップ5入りを果たし、最高2位に達した[2]。ニュージーランドのアルバム・チャートでは、3週連続で1位を獲得している[1]

また、本作からは「スリーピング・バッグ」(全米8位[6]・全英27位[13])、「ステージス」(全米21位・全英43位[13])、「ラフ・ボーイ」(全米22位[6]・全英23位[13])、「ヴェルクロ・フライ」(全米35位[6]・全英54位[13])といったシングル・ヒットが生まれた。

収録曲[編集]

全曲ともビリー・ギボンズ、ダスティ・ヒル、フランク・ベアードの共作。

  1. スリーピング・バッグ "Sleeping Bag" – 4:02
  2. ステージス "Stages" – 3:32
  3. ウォーク・アップ "Woke Up with Wood" – 3:45
  4. ラフ・ボーイ "Rough Boy" – 4:50
  5. キャント・ストップ・ロッキン "Can't Stop Rockin'" – 3:01
  6. プラネット・オブ・ウィメン "Planet of Women" – 4:04
  7. アイ・ガット・ザ・メッセージ "I Got the Message" – 3:27
  8. ヴェルクロ・フライ "Velcro Fly" – 3:29
  9. ディッピング・ロウ "Dipping Low (In the Lap of Luxury)" – 3:11
  10. デリリアス "Delirious" – 3:41

他メディアでの使用例[編集]

「ステージス」はアメリカ映画恋はカメハメハ!』(1986年公開)のサウンドトラックで使用された[14]。また、「キャント・ストップ・ロッキン」はアメリカ映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ3』(1993年公開)のサウンドトラックで使用された[15]

カヴァー[編集]

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]