XXX-トリプルX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
XXX-トリプルX
ZZトップスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ハードロックブルースロック
時間
レーベル RCAレコード
プロデュース ビリー・ギボンズ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 11位(ドイツ[1]
  • 23位(スイス[2]
  • 24位(フィンランド[3]
  • 26位(スウェーデン[4]
  • 50位(フランス[5]
  • 100位(アメリカ[6]
  • ZZトップ アルバム 年表
    リズミーン
    (1996年)
    XXX-トリプルX
    (1999年)
    メスカレロ
    (2003年)
    テンプレートを表示

    XXX-トリプルX』(原題:XXX)は、アメリカ合衆国ロックバンドZZトップ1999年に発表した13作目のアルバム。スタジオ録音の新曲が中心だが、ライブ音源も収録されている。

    解説[編集]

    ZZトップのアルバムとしては初めてビル・ハム英語版の名前がプロデューサーのクレジットに記載されず、ビリー・ギボンズがプロデュースした[7]

    「イントロダクション・バイ・ロス・ミッチェル」以降の曲はライブ録音で、「(レット・ミー・ビー・ユア)テディ・ベア」はエルヴィス・プレスリーが1957年にヒットさせた曲のカヴァー。「ヘイ・ミスター・ミリオネア」にはジェフ・ベックが参加しているが、ギターは弾いておらずボーカルを披露した[8][9]

    セールス的には大きな成功を収められず、アメリカのBillboard 200では100位に終わった[6]。収録曲のうち「フィアレス・ブギー」は『ビルボード』のメインストリーム・ロック・チャートで13位、「36-22-36」は31位に達した[6]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲はビリー・ギボンズ、ダスティ・ヒル、フランク・ベアードの共作。9.は日本盤ボーナス・トラック

    1. ポーク・チョップ・サンドウィッチ "Poke Chop Sandwich" – 4:50
    2. クルシフィックス・ア・フラット "Crucifixx-A-Flatt" – 3:58
    3. フィアレス・ブギー "Fearless Boogie" – 3:59
    4. 36-22-36 "36-22-36" – 2:35
    5. メイド・イントゥ・ア・ムーヴィー "Made into a Movie" – 5:13
    6. ビートボックス "Beatbox" – 2:48
    7. トリッピン "Trippin'" – 3:55
    8. ドレッドモンブーガルー "Dreadmonboogaloo" – 2:36
    9. ニンジャ・シャック "Ninja Shack" – 5:00
    10. イントロダクション・バイ・ロス・ミッチェル "Live Intro by Ross Mitchell" – 0:35
    11. シンプッシャー "Sinpusher" – 5:11
    12. (レット・ミー・ビー・ユア)テディ・ベア "(Let Me Be Your) Teddy Bear" (Bernie Lowe, Kal Mann) – 5:13
    13. ヘイ・ミスター・ミリオネア "Hey Mr. Millionare" – 4:08
    14. ベルト・バックル "Belt Buckle" – 4:05

    参加ミュージシャン[編集]

    アディショナル・ミュージシャン

    脚注[編集]