アグネス・モニカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Agnes Monica in 2009 Asia Song Festival.jpg

アグネス・モニカ(Agnes Monica 1986年7月1日 - )は、ジャカルタ生まれのインドネシア歌手ソングライター女優である。

幼少期にいくつかのテレビ番組に出演したのち、2003年にアルバム「And the Story Goes」を発表し、彼女の名前がインドネシアの音楽業界に轟いた。母国での成功を経て、彼女は国際音楽業界を目標にするようになり、2005年にリリースされたセカンドアルバム「Whaddup A.. '?!」ではアメリカの歌手キース・マーティン英語版と『I'll Light a Candle』のコラボレーションを担当。台湾ドラマの2シリーズ作品「ザ・ホスピタル」と「ホワイトハウス内のロマンス」にも参加した。

アグネスは2008年と2009年、韓国ソウルのアジア・ソング・フェスティバルで2年連続で賞を受賞。3枚目のアルバム「Sacredly Agnezious」では、プロデューサーやソングライターもこなすようになり、インドネシア国内ではIndonesian IdolThe Voice Indonesia ほかいくつかの歌唱コンテストの審査員も務めた。The Cherry Partyソニー・ミュージックエンタテインメントの一部門)とレコーディング契約を結んだ後、 アグネスは2つの最初の国際シングル『Coke Bottle』(フィーチャリングTimbalandアンドT.I、2014年)と『Boy Magnet』(2015年)をリリース。2017年10月には、Danjaによって制作されたアグネス初の国際的アルバム「」(読み:テン)をリリースした[1]

商業的成功に加えて、アグネスはインドネシアで最も多くの賞を受賞した歌手であり、国際的にも数々のトロフィーを獲得している。国内では18のAnugerah Musik Indonesia、8つのPanasonic Awards、5つのNickelodeon Indonesia Kids's Choice Awards、4つのMTV Indonesia Music Awardsを獲得。また、2012年と2017年にMnet Asian Music Awardsを2度受賞している。彼女はまた、人身売買に対抗するMTV EXIT大使や、アジアのアンチ薬物大使にも任命されている。

脚注[編集]

  1. ^ "Agnez Mo releases first international album". The Jakarta Post. 10 October 2017. Retrieved 10 October 2017.

外部リンク[編集]