アグネス・モニカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アグネス・モニカ
Photograph of Agnes Monica
生誕 Agnes Monica Muljoto
(1986-07-01) 1986年7月1日(33歳)
インドネシア, ジャカルタ
住居 インドネシア,ジャカルタ
米国,ロサンゼルス郡 (カリフォルニア州)
国籍 インドネシア人
職業
  • 歌手
  • ソングライター
  • 女優
  • 司会者
  • モデル
  • ダンサー
  • レコードプロデューサー
  • ミュージックビデオ監督
活動期間 1992年-現在
公式サイト agnezmo.com
音楽家経歴
ジャンル
担当楽器
レーベル
共同作業者

アグネス・モニカ・ムルジョト(Agnes Monica Muljoto、1986年7月1日 - )は、ジャカルタ生まれのインドネシア歌手ソングライター女優ほかダンサーなど多岐にわたる。国際デビュー後はAgnez Moの名でも知られている彼女は、インドネシアで最も多くの賞を獲得したアーティストである。

アグネスは幼少期にアルバム3枚を録音して幾つかの子供向けテレビ番組に出演したのち、10代最初のアルバム『And the Story Goes』を2003年に発表、これが彼女の名前をインドネシアの音楽業界に轟かせた。祖国インドネシアでの成功が、彼女に国際的な音楽業界へと挑戦する自信を植え付けた。彼女は、ティンバランドマイケル・ボルトンキース・マーティンT.I.クリス・ブラウンといった米国ミュージシャンとのコラボレーションを組んでいる。2017年、彼女は『X』(読み:テン)という国際デビューアルバムをリリースした。

半生と経歴[編集]

幼少期および以前の経歴[編集]

アグネス・モニカ・ムルジョトは、インドネシアのジャカルタで中国人の家系(華僑)に生まれた[2]。彼女は、元卓球選手のジェニー・シスウォノと元バスケットボール選手のリッキー・ムルジョトとの間に生まれた末っ子だった[3][4][5]

彼女の兄スティーブ・ムルジョトが彼女のマネージャーである[6]。彼女はジャカルタの小・中学校および高校に通っていて[7]、幼少の頃から特に歌で芸能の才能を示してきた。彼女は教会で歌唱し、また声楽コースにも通った[7]

ステージ名の「アグネス・モニカ」を使って、1992年に彼女は初の幼少期アルバム『Si Meong』でエンターテインメント業界に参入した[3]。1995年に彼女は2枚目の幼少期アルバム『Yess!』をリリース、これにはインドネシアの子供歌手Eza Yayangとのデュエットもあった[3]。翌年、彼女の幼少期最後のアルバム『Bala-Bala』がリリースされた[3][8]。彼女はまたAnteve放送の『Video Anak Anteve(VAN)』、RCTI放送の『Tralala-Trilili』、Trans TV放送の『Diva Romeo』など、幾つかの子供番組の司会になった[3]。『Tralala-Trilili』によって1999年と2000年に彼女は「最も好かれる子供番組プレゼンター」をパナソニック・アワード で受賞した[9]

アグネスは13歳のときに女優業を始めた。彼女が出演した最初の2作品は、1999年のメロドラマ『Lupus Millenia』と『Mr. Hologram』だった[7]。翌年、彼女は連続テレビドラマ『Pernikahan Dini(若い結婚)』に出演し[3] 、これは彼女のイメージを子役アーティストから10代アーティストへと変えたもので、彼女の経歴のターニングポイントになった[9]

同シリーズにおける彼女の演技は観客に高く評価され、2001年と2002年のパナソニック・アワードでは「フェイバリット女優」賞を、2002年のSCTVアワードでは「フェイマス女優」賞を受賞した[9]。2002年、彼女はメロドラマ『Ciuman Pertama』『Kejar Daku Kau Ku Tangkap』『Amanda』の3作品で主演を務めた[9]。その人気の高さから、彼女はインドネシアで最もギャラの高い10代アーティストになった[10]

Pernikahan Dini』のサウンドトラックとしてメリー・ゴスローが書いた「Pernikahan Dini」と「Seputih Hati」という歌で、アグネスは音楽業界に戻ってきた。どちらの曲も2001年のコンピレーションアルバム『Love Theme』に収録された[11]。 彼女はAquarius Musikindoとレコード契約を結び、10代で突破口となるアルバムの制作を開始した。彼女はまたインドネシア人歌手ヤナ・ジュリオと、彼の「Awan dan Ombak」という曲でコラボレーションを組んだ[12]

2003-2006年[編集]

アグネスモニカが2004年にインドネシアのミュージック・アワード(AMI)を受賞した時の様子

2003年10月8日、アグネスは十代後半で最初のスタジオアルバム『And the Story Goes』をリリースし、ここで彼女はAhmad Dhani、Melly Goeslaw、Titi DJなど、インドネシアの著名なプロデューサーや作詞家と仕事をした[13]。このアルバム制作には、ダンサーのオーディションを含めて1年半かかった[14]。彼女の所属レコード会社Aquarius Musikindoによると、そのアルバムは正式リリース前に35,000枚を販売した[14]。その後、30万枚以上を販売したことでダブルプラチナが認定された[7][15]。このアルバムから 4つのシングル曲「Bilang Saja」「Indah」「Jera」「Cinta Mati」がリリースされた。

同アルバムは、2004年のAnugerah Musik Indonesia(インドネシアのミュージック・アワード)で10部門にノミネートされた。アグネスは、ベストポップ女性ソロアーティスト、ベストダンス/テクノ制作作品、ベストポップデュオ/グループという3つの賞をDhaniとのデュエット曲で受賞した[16]。また彼女は2004年に、シンガポールのAnugerah Planet Muzikで最優秀新人女性アーティストを受賞した[9]

デビューアルバムのプロモーション中に、アグネスは幾つかのテレビシリーズにも出演していて『CewekkuJutek』『Bunga Perawan』『Cantik』の3つで主役を演じた[17]。彼女は2003年のパナソニックアワードで最優秀フェイバリット女優賞を、2004年のSCTVアワードで最優秀ポピュラー女優賞を受賞した[18]

2005年12月10日にアグネスはセカンドアルバム『Whaddup A.. '?!』を発売、それは「Bukan Milikmu Lagi」「Tanpa Kekasihku」「Tak Ada Logika」「Cinta Di Ujung Jalan」「Tak Mungkin」のシングル5曲を特集したものだった。著名なインドネシアのミュージシャンとの仕事に加えて、彼女はアメリカのシンガーソングライターであるキース・マーティンともコラボを組んだ[7]。マーティンはこのアルバムのためにデュエット曲「I'll Light a Candle」を含む2つの英語歌詞を書いた[15]。同アルバムを宣伝するため、彼女はインドネシアの4つの都市で「Clasnezenzation」として知られるコンサートツアーを開催した[19]

アルバムは商業的に成功し、アグネスは2006年のAnugerah Musik Indonesiaで最優秀ポップ女性ソロアーティストと最優秀R&B楽曲制作の2つを受賞した[20]。彼女はまた2006年のMTVインドネシア・アワードで、最も輝いている女性(Most Favorite Female)としての賞を受賞した[21]。アグネスは、2005年のMTV Asia Awardsでインドネシアのフェイバリットアーティスト賞にノミネートされた。彼女はアジア部門における全候補者のうち最年少のアーティストだった[22]。45万枚以上を売り上げたこのセカンドアルバムは、2006年に最も売れたアルバムの1つでありトリプルプラチナに認定された[23]

2005年、アグネスは台湾のドラマ『白色巨塔』に出演し、台湾の男子バンドF4のメンバーである言承旭と共演した[24]。また彼女は台湾ドラマ『白屋之戀』の幾つかの話にもピーター・ホーと一緒に出演したほか[25] 、2つのテレビシリーズ『Ku T'lah Jatuh Cinta』『Pink』で主演した[26][27]。2006年、彼女は連続テレビ番組『Kawin Muda』で主演した。同年、彼女はペリタ・ハラパン大学を休学して、自分の職歴に集中することにした[28]

2007-2010年[編集]

来賓スターとして楽曲披露するアグネス。2007年のアジアン・アイドルにて

2007年初頭、アグネスは麻薬取締局(DEA)および麻薬取締国際会議(IDEC)極東地域からアジアのアンチ・ドラッグ大使に任命された[29][30]。2007年5月15日、アグネスはジャカルタでのコンサートで米国R&BグループボーイズIIメンの前座を務め[9]、同年6月23日にマレーシアクアラルンプールで自身初となるコンサートを開催した[31]。また彼女は2007年12月16日にアジアン・アイドル[注釈 1]のフィナーレに来賓スターで出演し、楽曲「Get Up」を披露した。

2008年、アグネスは3枚目のアルバム制作を開始した。彼女は最初のシングル「Matahariku(私の太陽)」を予定よりも早くリリースした。それは彼女の最も売れたシングルとなり、売上が9か月以内で300万ダウンロードに達した[33]。この歌は2008年のMTVインドネシア・アワードで「最も輝いている女性」賞を受賞し、2009年の Anugerah Musik Indonesiaで「最優秀女性ソロアーティスト」賞を受賞した[34][35]。2008年9月、アグネスは自身で作詞した2枚目のシングル「Godai Aku Lagi」をリリースした。また彼女は両方の歌を含むCDシングルもリリースした[36]。同年、彼女はRCTI放送の2つのメロドラマ『Jelita』『Kawin Masal』で主役を演じた[37]

2008年10月4日、アグネスは韓国のソウルで開催されたアジア・ソング・フェスティバルにインドネシア代表として招待された。彼女はそこでアジア12カ国24人のアーティストと共演した。このイベントは世界30カ国に放送された[38][39]。彼女はリリース予定のアルバムから「Godai Aku Lagi」「Shake It Off」の2曲を披露した。公演中に、彼女はバリに由来するインドネシアの伝統舞踊の要素を盛り込んだ。彼女のパフォーマンスは韓国メディアから好意的な反応を受け、審査団の「ベストアジアアーティスト賞」を受賞した[40]。翌年、アグネスは14人のアジア人アーティストと共に再び招待されて「Shake It Off」「Temperature」およびマイケル・ジャクソンの「ヒール・ザ・ワールド」の3曲を披露した[41]。彼女は好評価を受け、ベストアジアアーティスト賞を受賞した[42]

2009年4月1日、アグネスは3枚目のアルバム『Sacredly Agnezious』をリリースした。 今回、彼女はアルバム制作の過程により深く関わった。彼女は有名なミュージシャン、Erwin Gutawa, Dewiq, Pay, DJ Sumantri と仕事をし、プロデューサー兼作詞家としても活動した[43]。「Matahariku」「Godai Aku Lagi」に加えて、このアルバムは「Teruskanlah」「Janji-Janji」のシングル2曲を生み出した。その後、彼女は2010年の Anugerah Musik Indonesiaでベストポップアルバム、ベスト女性ポップソロアーティスト、ベストオブザベストアルバムという3つの賞を受賞した[44]。 2009年5月23日にアグネスは、インドネシアと日本の外交関係樹立50周年を記念する、バリ島の「フェスティバル・オブ・ライフ」に来賓スターとして出演した[45]

2010年、アグネスは『インドネシアン・アイドル』第6シーズンの審査委員に参加した[46]。その年、彼女は人身売買と戦う組織MTV EXITの大使にも任命された[47]。MTV EXITインドネシアの広報としての役割に加えて、彼女はスラバヤとジャカルタでのコンサートも実施した[48]。2010年後半、アグネスはロサンゼルスのノキアシアター(現L.A.ライブ)で11月21日に開催される毎1回のアメリカン・ミュージック・アワードの国際的なレッドカーペット司会役に選ばれた[49]。その登壇から数か月後、彼女はソニーATVミュージックパブリッシングと契約して、ロンドンとロサンゼルスで国際デビューに取り組んでいることを発表した[50]

2011-2014年[編集]

2011年初頭、アグネスは米国の歌手マイケル・ボルトンと「Said I Loved You ... But I Lied」のデュエットバージョンを録音した。これは彼のコンピレーションアルバム『Gems:The Duets Album』のアジア版のためだったが、そこでボルトンはアグネスに潜在能力があると語った[51][52]。彼女のスローガン「夢、信じること、そしてそれを実現させる」は、在ジャカルタ米国大使館による運営の若者を鼓舞するための2011年文化会議で使用された[53]。彼女は、2011年の(自国インドネシアで開催する)第26回東南アジア競技大会の開会で、フィリピン人歌手のKCコンセプシオンとマレーシア人歌手のジャクリーン・ヴィクターと共にパフォーマンスを行うことになった。彼女達の「Together We Will Shine」のパフォーマンスが開会式のハイライトとなった[54]

アグネスは、2011年2月2日に最初のベストアルバム『Agnes Is My Name』をリリースすることで、Aquarius Musikindoレーベルとの10年にわたる関係を終了した。このアルバムは過去10年間にヒットしたシングル10曲を結集すると共に、2つの新曲「Karena Ku Sanggup」「Paralyzed」を添えたものである[55]。同アルバムはファストフードレストランのKFC(ケンタッキーフライドチキン)のインドネシアチェーン店を介して販売され、CDにはチキンとのパッケージ購入がくっついていた。 このマーケティング戦略が3か月以内にアルバム売上を100万枚にまで押し上げ、彼女にミリオンアワードを獲得させた[56]。彼女はそれに続いて、アルバムにないシングル「Rindu」と「Muda(Le O Le O)」の2曲をリリースした。後者はsimPATI(プリペイドSIM)加入者なら無料ダウンロードできるようになっていた[57]

アグネスは、2011年に「Karena Ku Sanggup」そして2012年には「Paralyzed」で、Anugerah Musik Indonesiaの最優秀女性ポップアーティスト部門を2年連続で受賞した[58] 。 彼女は、2011年のMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードにおけるワールドワイドアクト賞のアジア太平洋候補者の1人だった[59]。2012年3月、彼女は ニコロデオン・キッズ・チョイス・アワード2012のフェイバリットアジア俳優賞にノミネートされた。また同年、彼女はMnetアジアンミュージックアワードにてインドネシアの最優秀アジアアーティスト賞を、ショーティー・アワードではShorty Vox Populi Awardを受賞した[60][61]

アグネスはメロドラマの『Pejantan Cantik (2010)』『Marisa (2011)』『Mimo Ketemu Poscha (2012)』で主役を演じた。2012年、彼女は『インドネシア・アイドル』シーズン7の審査員の1人として復帰した[62]。翌年、アグネスは彼女にちなんで名付けられた『Nez Academy』というNET放送のタレント番組の審査員になった。 2012年12月、彼女は国連グローバルユースフォーラムで開会スピーチと閉会スピーチを行い、米国ラッパーのティンバランドと彼女の未発表曲「Show a Little Love」を演奏した[63]。 彼らはまた、ロサンゼルスで開催されたグラミー賞前夜祭の打ち上げパーティーでもこの歌を披露した[64]

2013年6月1日、アグネスは4枚目のアルバム『Agnez Mo』をリリースし、それは「アグネス・モニカ」の代わりとなる新たなステージ名を紹介したものだった。Tearce Kizzoのプロデュースによるそれは彼女が全楽曲を共作した最初のアルバムとなっている。このアルバムはもともと彼女のデモ音源として録音されたもので、彼女の国際的デビューに向けた契約を確保するために米国のレコード会社に送られた。全楽曲が英語で作られたが、アルバムはインドネシア市場のみに向けてリリースされた。2013年6月にSouniq Music(現地のコーヒーブランドKopi Kapal Apiとの抱き合わせ)を介してデジタル版でリリースされた。2か月後、アルバムはIndomaret[注釈 2]を介して物販リリースされた[65]。彼女はまた、フランス語で「夢」と言う意味を持つ自身初となる香水「Rêve」を販売した。

彼女はAgnez Moとして、ソニー・ミュージックエンタテインメント (米国)が提携するレーベルThe Cherry Partyと米国でのレコード契約を結んだ。彼女の国際デビューシングル「Coke Bottle」(ティンバランドとT.I.がゲスト参加)は、2013年9月にロサンゼルスのヒップホップラジオ局Power 106 FMで初めて流された[66]。「Coke Bottle」は2014年4月8日にデジタル版でリリースされ、4月20日に米国の都市ラジオ局に提供された[67]

MTVで夏の歌として投票されたものの、「Coke Bottle」はビルボードチャートには入らなかった。2014年11月、米国エンターテインメント業界のライト・エンターテインメント・グループに参入したことが発表された[68]。彼女はインドネシア全土の幾つかの都市を巡るキープ・ウォーキング・ツアーを始めた。このツアーはウイスキーブランドのジョニー・ウォーカーが主催した。

2015年-現在[編集]

2015年、アグネスはインドネシアの若いスターで構成されたザ・フリークスという歌唱グループをプロデュースした。『THE FREAKS』というタイトルのアルバムにはグループ、デュオ、ソロの8つの曲が含まている。彼らのコラボレーションからの初シングル「Jatuh Cinta Tak Ada Logika」は「Ku T'lah Jatuh Cinta」と「Tak Ada Logika」2曲のマッシュアップである。ザ・フリークスのほかにも、彼女は自分の姪Chloe Xのためにシングル「Vroom Vroom」を作詞してプロデュースした。

2015年9月、ワヒド研究所と何千人もの著名人や支持者とともに、アグネスは国際平和デーの祝辞として「愛の宣誓」という題名の平和運動宣言を読み上げた。愛の宣誓キャンペーンの一環として、彼女は250の地方ラジオ局で初公開された「I #AM Generation Of Love」という題名のシングルをリリースし、2015年11月には「Boy Magnet」が続いた。この曲はダンスクラブ・ソングの52位で、アグネスをビルボードチャートに初登場させた[69][70]

2016年、アグネスは『The Voice Indonesia』シーズン2のコーチ審査員に参加した[71]。彼女はまた子供を対象にした『The Voice Kids Indonesia』のコーチ審査員にも参加した[72]

2017年9月22日、アグネスは「Long As I Get Paid」というシングルをリリースした[73]。2017年10月10日、彼女は『X』という題名の国際デビューアルバムをリリースした。2017年11月、アグネスはニューヨークのAOLインタビュー生放送番組『BUILDシリーズ』とMTV『トータル・リクエスト・ライブ』でゲスト出演のスターだった。同じ月に、彼女は2017年の アメリカン・ミュージック・アワードに参加した。彼女は次に、ベトナム開催の2017年Mnetアジアン・ミュージックアワードでベストアジアンアーティスト賞・インドネシアを受賞した。このイベントで、彼女は「Coke Bottle」「Long As I Get Paid」「Damn I Love You」を披露した。 2017年12月13日に、アグネスは「On Purpose」という歌でクリス・ブラウンのアルバム『Heartbreak on a Full Moon』デラックス版に参加すると発表した。

2018年3月、アグネスは『VOGUE』で紹介された。彼女自身は、インドネシアの人気ポップスター、ソングライター、女優、プロデューサー、反薬物および反人身売買の活動家としてその雑誌に説明された[74]。翌月、アグネスは300 Entertainmentレーベルに参入[75]。2018年7月、彼女はクリス・ブラウンをゲスト参加させたシングル「Overdose」をリリースした[76]

彼女は後にiHeartRadio[注釈 3]の『On The Verge Artist』で大きく取り上げられ、2018年10月に同ラジオのYouTubeチャンネルでライブ演奏した[78]。2018年11月11日に「Overdose」は5つのビルボードチャートに入った(具体的にはR&B / HipHop Airplayで36位、Rhythmic Songsで38位、Hot R&B Songsで24位、Mainstream R&B / HipHopで28位、Mixshow Airplayで30位)[79]。2018年11月16日、彼女はビルボード・ベトナムで今週のアーティストに選ばれた[80]

2019年、アグネスとクリス・ブラウンは別の合作プロジェクトを準備中である[81]。また彼女はジューシー・Jとの新アルバムを制作中である[82]。2019年3月14日、アグネスはロサンゼルスのiHeartRadioミュージックアワード2019 でSocial Star Awardを受賞した[83][84]。2019年8月、彼女はミーガン・ジー・スタリオンの新しいミュージックビデオ『Hot Girl Summer』に出演した[85]。2019年9月5日、アグネスはフレンチ・モンタナを主役に立てた新しいシングル「Diamonds」で復帰した[86]。 2019年10月22日には『Wanna Be Loved』のミュージックビデオがリリースされた。

芸術性[編集]

アグネスは、3オクターブと4音半(C#3-C#6-Bb6)の声域を持つ力強いソプラノとして知られている。彼女の楽曲はポップに分類される。 アレサ・フランクリンマドンナマイケル・ジャクソンファンタジアブランディ・ノーウッドローリン・ヒルマライア・キャリークリスティーナ・アギレラビヨンセが自分の音楽に影響を与えたと彼女は語っている[87][88]。歌唱技術に加えて、アグネスは優れたダンサーおよび女優としても知られている。彼女はNezindahoodで知られるダンスグループを個人的に持つインドネシア唯一のソロ演者で、同メンバー達は2003年の彼女のファーストアルバム制作中にオーディションを受けた [13]

また彼女は自身の楽曲を幾つか作詞しており[89]、彼女自身のミュージックビデオも制作した[90]。音楽評論家達から彼女は様々な才能を持つ完璧主義者と言われている[91]

彼女の経歴から、アグネスはインドネシアのお騒がせ者だと見なされることも多い。彼女が10代の頃、頻繁にコメントしていた世界的なマーケットに割って入るという彼女の目標が、自惚れきった宣告だと一部の人達に見なされていた。しかし2010年、彼女は英語アルバムデビューの作業に取り掛かった。 彼女のスローガン「夢、信じること、そしてそれを実現させること(Dream, Believe, and Make it Happen)」は、在ジャカルタ米国大使館が主催した2011年文化会議において若者を鼓舞するフレーズとして使用された[53]

受賞[編集]

アグネスはインドネシアで最も受賞の多い歌手になっている[92]。特筆すべき彼女の国内受賞として、Anugerah Musik Indonesia(インドネシアのミュージックアワード)を18回、パナソニック・アワードを8回、ニコロデオン・インドネシアキッズ・チョイス・アワードを5回、MTVインドネシア・アワードを4回受賞している。彼女は国際的な賞も沢山受賞しており、Anugerah Planet Muzik(シンガポール、マレーシア、インドネシアを対象にした音楽賞)を1回、アジア・ソング・フェスティバルを3回、Jポップ・アジア・ミュージック・アワードを7回、Mnetアジアン・ミュージック・アワード2回、ショーティ・アワード1回、ソーシャル・スター・アワード2回、ワールド・ミュージック・アワード1回、iHeartRadioミュージック・アワード1回などがある。

インドネシアの音楽に関する彼女の貢献と支援に対して、アグネスは文化観光大臣、インドネシア歌手、ソングライター、音楽記録プロデューサー協会から2011年のNugraha Bhakti Musik Indonesia(NBMI)を受賞した。

私生活[編集]

彼女のキャリアの中で、アグネスは自身の私生活や個人的な人間関係を非公開にしており、しばしばデートは自分の優先事項ではないと語っている。彼女はまた、有名人のあらゆる個人的な関係は秘密にしておくべきだとも主張している[93][94]

音楽アルバム[編集]

映像出演[編集]

TV連続ドラマ番組[編集]

題名 役名 備考 放送局
1999 Lupus Millenia Lulu 脇役 Indosiar
Mr. Hologram Putri 主役
2001-2002 Pernikahan Dini Dini 主役
受賞 -2001パナソニックアワードでフェイバリッド連続ドラマ
受賞- 2001パナソニックアワードでフェイバリッド女優
受賞 - 2002パナソニックアワードでフェイバリッド女優
RCTI
2002 Kejarlah Daku Kau Ku Tangkap Ramona 主役
受賞 - 2002SCTVアワードでフェイバリッド女優
推薦候補- 2003SCTVアワードでフェイマス女優
SCTV
Amanda Amanda 主役
Ciuman Pertama Chelsea Trans TV
Cinta Selembut Awan Melati SCTV
2003 Cewekku Jutek Zie 主役
受賞- 2003パナソニックアワードでフェイバリッド女優
RCTI
2004 Cantik Julie 主役
推薦候補- 2004パナソニックアワードでフェイバリッド女優
受賞- 2004SCTVアワードでフェイマス女優
受賞 - 2005SCTVアワードでフェイマス女優
SCTV
Bunga Perawan Novia 主役 RCTI
2005 Ku T'lah Jatuh Cinta Riby 主役
推薦候補- 2005パナソニックアワードでフェイバリッド女優
Indosiar
2006 Pink Pink 主役
受賞 - 2006パナソニックアワードでフェイバリッド女優
Romance in the White House Po Ni 台湾ドラマ(カメオ出演、脇役) 中華電視公司
白色巨塔 Zhang Mei Xin 中国電視公司
2006-2007 Kawin Muda Sera 主役
受賞 - 2007パナソニックアワードでフェイバリッド女優
RCTI
2008 Jelita Jelita 主役
Kawin Masal Sachiko
2010 Pejantan Cantik Marisa 主役
推薦候補- 2011パナソニックアワードでフェイバリッド女優
Indosiar
2011 Marisa Marisa 主役
受賞 - 2011バンドン映画祭でThe Commendable Female Main Character
2012 Mimo Ketemu Poscha Mimo 主役
受賞 - 2012バンドン映画祭でThe Commendable Female Main Character
推薦候補- 2013パナソニック・ゴーベル・アワードでフェイバリット女優
RCTI

バラエティ番組[編集]

題名 役柄 放送局
1992 VAN (Video Anak Anteve) 司会 ANTV
1997-2000 Tralala-Trilili 司会
受賞 - 1999パナソニックアワードで子供番組フェイバリット女性プレゼンター
受賞- 2000パナソニックアワードで子供番組フェイバリット女性プレゼンター
RCTI
2002 Diva Romeo 司会 Trans TV
2005 MTV Ampuh ゲスト司会[95] Global TV
2010 Indonesian IdolSeason 6 審査員 RCTI
アメリカン・ミュージック・アワード 特別海外ゲスト司会 ABC
2012 Indonesian Idol Season 7 司会 RCTI
2013 Nez Academy NET.
2015 La Academia Junior Indonesia Season 2 ゲスト審査員 SCTV
2016 The Voice Indonesia Season 2 審査員 RCTI
The Voice Kids Indonesia Season 1 Global TV
2017 The Voice Kids Indonesia Season 2 審査員 - 優勝者のコーチ
2018 The Voice Kids Indonesia Season 3 審査員
受賞 - 2018インドネシア・テレビジョン・アワードで Most Popular Judge for Talent Search Program

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ インドインドネシアシンガポールマレーシアフィリピンベトナムから各国を代表するアイドルが競い合うコンテストで、2007年にその第1回がインドネシアのジャカルタで開催されたもの[32]。詳細は英語版en:Asian Idolを参照。
  2. ^ インドネシアに11000以上の店舗を構える、同国最大のコンビニエンスストアチェーン。詳細は英語版en:Indomaretを参照。
  3. ^ 2018年3月に経営破綻した米国最大のインターネットラジオ。破産法の申し立てを経て、現在も事業を継続(しつつ負債を処理)している[77]

出典[編集]

  1. ^ True, Chris. “Agnes Monica | Biography & History”. AllMusic. 2017年10月2日閲覧。
  2. ^ Generasi Oksigen Petai Cina” [The Chinese Petai Oxygen Generation] (Indonesian). Gatra (2002年8月21日). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Jayani (2003年4月21日). “Agnes Monica Mewarisi Semangat Maestro dari Ibu” [Agnes Monica Inherits Maestro Spirit from Her Mother] (Indonesian). Gatra. 2011年1月22日閲覧。
  4. ^ Terus Bergerak” [Keep Moving] (Indonesian). Suara Merdeka. 2011年12月7日閲覧。
  5. ^ Hot Behind The Scenes with Agnez Mo”. Youtube. 2014年6月8日閲覧。
  6. ^ Agnes Monica Percaya Tim Keluarga” [Agnes Monica Believes in Family Team] (Indonesian). Tempo Interaktif (2008年11月3日). 2011年1月22日閲覧。
  7. ^ a b c d e Agnes Monica: Ikon Kontroversi, Kehebohan & Kesuksesan” [Agnes Monica: A Controversy, Craze, and Success Icon] (Indonesian). Tembang.com. 2011年1月23日閲覧。
  8. ^ Agnes Monica - Bala-Bala”. YouTube. 2011年12月8日閲覧。
  9. ^ a b c d e f Kurniasari, Triwik (2010年8月29日). “Agnes Monica: And the success story goes....” (Indonesian). The Jakarta Post. 2011年1月22日閲覧。
  10. ^ Mengembangkan Bakat atau Eksploitasi Ekonomi Anak?” [Developing Talents or Exploiting Children?] (Indonesian). KapanLagi.com (2004年5月14日). 2011年1月22日閲覧。
  11. ^ Love Theme: Sinetronnya Kalah Menarik !” [Love Theme: The film is less interesting] (Indonesian). Tembang.com. 2011年1月23日閲覧。
  12. ^ Yana Julio Coba Rangkul Penggemar Baru” [Yana Julio tries to get new fans] (Indonesian). Tembang.com. 2011年1月23日閲覧。
  13. ^ a b Agnes Monica Rilis Album and the Story Goes” [Agnes Monica releases And The Story Goes Album] (Indonesian). Tembang.com. 2011年1月8日閲覧。
  14. ^ a b Agnes Monica: Album Barunya Sudah Lepas 35 Ribu Keping!”. Tembang.com (2003年10月9日). 2011年1月8日閲覧。
  15. ^ a b Whaddup A?! Album Baru Agnes Monica Bareng Keith Martin” [Whaddup A?!, Agnes Monica's Newest Album Presents Keith Martin] (Indonesian). Tembang.com. 2011年1月23日閲覧。
  16. ^ AMI Awards 2004: Agnes Monica Raih Tiga Penghargaan” [AMI Awards 2004: Agnes Monica Receives Three Awards] (Indonesian). Suara Merdeka (2004年12月17日). 2011年1月8日閲覧。
  17. ^ Agnes Monica Mencari Makna Persahabatan Sejati” [Agnes Monica Is Looking For the Meaning of Real Friendship] (Indonesian). KapanLagi.com (2004年5月21日). 2011年1月22日閲覧。
  18. ^ Agnes Monica Official > Profile > Achievements”. Agnes Monica's Official Website. 2011年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月7日閲覧。
  19. ^ Lari Keliling Senayan” [Running Around Senayan] (Indonesian). Suara Merdeka (2006年2月1日). 2011年1月22日閲覧。
  20. ^ Anugerah Musik Indonesia (AMI) 2006: Samsons dan Agnes Monica Sabet Berbagai Kategori” [Samsons and Agnes Monica Grab Various Categories] (Indonesian). Gatra (2006年12月21日). 2011年1月22日閲覧。
  21. ^ Agnes Monica-Favorite Female Artist MTV Indonesia Award 2006”. YouTube. 2011年12月7日閲覧。
  22. ^ Asian POP”. 2012年4月4日閲覧。
  23. ^ Putranto 2009, p. 109
  24. ^ Cordova 2007, p. 12
  25. ^ Dian, Yulia (2006年3月9日). “Romance in the White House” (Indonesian). Detikhot.com. 2011年1月23日閲覧。
  26. ^ 'KU T'LAH JATUH CINTA' Sinetron Terbaru Agnes Monica di Indosiar”. KapanLagi.com (2005年1月19日). 2011年1月23日閲覧。
  27. ^ 'PINK', Sinetron Remaja Yang 'Gue Banget'” ['PINK', The Soap Opera That Reflects Me] (Indonesian). KapanLagi.com (2006年4月4日). 2011年1月23日閲覧。
  28. ^ Hasan, Nur (2006年10月14日). “Dahulukan Karir Agnes Cuti Kuliah” [Putting Career First, Agnes Takes a Break from College] (Indonesian). detikHot.com. 2011年5月1日閲覧。
  29. ^ Agnes Monica One of Class Music Heroes”. Asianbite (2009年3月8日). 2011年12月7日閲覧。
  30. ^ Putra, Fajar Anugerah (2007年3月21日). “Agnes Monica Kepincut Narkoba” [Agnes Monica Is Drawn to Drugs] (Indonesian). Detikhot.com. 2011年1月23日閲覧。
  31. ^ Konser Agnes Monica di Malaysia Sepi Penonton” [Agnes Monica's Concert Has Little Audience] (Indonesian). KapanLagi.com (2007年6月26日). 2011年1月23日閲覧。
  32. ^ 第1回「アジアン・アイドル」はシンガポールのHady Mirzaに決定」AFPBB、2007年12月17日。
  33. ^ Royalti untuk Mbah Surip” [Royalties for Mbah Surip] (Indonesian). Kompas (2009年8月13日). 2011年1月23日閲覧。
  34. ^ Agnes Monica Rajai Ajang MTV” [Agnes Monica Rule MTV Awards] (Indonesian). Suara Karya (2009年11月30日). 2011年1月23日閲覧。
  35. ^ Herman, Ami (2009年4月27日). “Agnes Monica Pelanggan Trofi Terbaik” [Agnes Monica Is the Best Awards Receiver] (Indonesian). Suara Karya. 2011年1月23日閲覧。
  36. ^ Agnes Monica Gebrak Pembajak” [Agnes Monica Surprises Copyright Infrigers] (Indonesian). Kompas (2008年9月21日). 2011年1月23日閲覧。
  37. ^ Mahgriefie, Lusi Catur (2008年2月20日). “Agnes Monica Susah Diubah Menjadi Orang Miskin” [Agnes Monica Is Hard to Change to Look Like A poor Person] (Indonesian). Okezone.com. 2011年1月22日閲覧。
  38. ^ Garcia, Cathy Rose A. (2008年10月5日). “5th Asia Song Festival Bigger Than Ever”. The Korea Times. 2011年1月22日閲覧。
  39. ^ Girls’ Generation in Asia Song Fest”. The Korea Times (2009年7月25日). 2011年1月22日閲覧。
  40. ^ Asia Song Festival 2008: Well Done, Agnes Monica!”. Asianbite (2008年10月10日). 2011年1月22日閲覧。
  41. ^ The 6th Asia Song Festival”. Asia Song Festival. 2011年1月22日閲覧。
  42. ^ ko:"아송페, 아이돌 송 페스티벌?"…화려함 속 아쉬움 '셋(종합)” (Korean). Yahoo! Korea (2009年9月20日). 2011年1月22日閲覧。
  43. ^ Sacredly Agnezious, Karya Narsis Agnes” [Sacredly Agnezious, Agnes' Narcissistic Work] (Indonesian). Suara Merdeka. 2011年1月22日閲覧。
  44. ^ Benke, Benny (2010年6月10日). “AMI Award 2010: Agnes dan d'Masiv Meraja” [AMI Award 2010: Agnes and d'Masiv Rule] (Indonesian). Suara Merdeka. 2011年1月23日閲覧。
  45. ^ Kansai Yamamoto Festival of Life”. GWK Cultural Park (2009年5月25日). 2011年12月7日閲覧。
  46. ^ Format Baru, 'INDONESIAN IDOL 2010' Gaet Agnes Monica” [New Format, 'INDONESIAN IDOL 2010' Presents Agnes Monica] (Indonesian). KapanLagi.com (2010年1月8日). 2011年1月22日閲覧。
  47. ^ Galakkan Anti Perdagangan Manusia” [Campaigning Anti Human Trafficking] (Indonesian). Batavia.co.id (2010年4月29日). 2011年12月7日閲覧。
  48. ^ USAID Supports MTV EXIT Concert Tour to Combat Human Trafficking ? Agnes Monica Headlines Jakarta Concert”. Embassy of the US website. 2011年11月11日閲覧。
  49. ^ P, Hadriani (2010年11月22日). “Agnes Monica Manggung di American Music Awards 2010” [Agnes Monica Sings at American Music Awards 2010] (Indonesian). Tempo Interaktif. 2011年12月7日閲覧。
  50. ^ Agnes Segera Rilis Album Internasional” [Agnes Releases an International Album Soon] (Indonesian). Jawa Pos National Network (2011年2月4日). 2011年2月8日閲覧。
  51. ^ New Album is Coming Along!”. Michael Bolton official website (2011年4月5日). 2011年4月9日閲覧。
  52. ^ Gems: The Duets Album (Asian Edition)”. CD Wow!. 2011年9月21日閲覧。
  53. ^ a b Ambassador Marciel and Agnes Monica Inspire English Students to Chase Their Dreams”. Jakarta US Embassy (2011年5月9日). 2011年10月18日閲覧。
  54. ^ Spectacular Opening of the 26th SEA Games 2011”. Indonesia's Official Tourism Website. 2011年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月11日閲覧。
  55. ^ Agnes Monica Info Terbaru via Tweet” [Newest Info about Agnes Monica via Tweet] (Indonesian). Cek & Ricek (2011年1月28日). 2011年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月31日閲覧。
  56. ^ Plakat Million Awards Diserahkan ke Agnes Monica” [Million Awards Is Given to Agnes Monica] (Indonesian). Kapanlagi.com (2011年8月14日). 2011年8月14日閲覧。
  57. ^ must be simPATI Archived 11 November 2012 at the Wayback Machine.. Telkomsel. Retrieved on 28 November 2015.
  58. ^ Karena Ku Sanggup in AMI AWARDS 2011”. Agnezone (2011年7月7日). 2011年9月26日閲覧。
  59. ^ Agnes nominated for MTV Europe award”. The Jakarta Post (2011年9月22日). 2011年12月8日閲覧。
  60. ^ Congratulations to the Winners of the 4th Annual Shorty Awards!”. Shorty Awards. 2012年4月4日閲覧。
  61. ^ Winners 2012 Mnet Asian Music Awards”. Manila Bulletin Publishing Corporation (2012年12月1日). 2013年1月26日閲覧。
  62. ^ Here we are, Indonesian Idol 2012 Judges” (2012年1月30日). 2012年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月30日閲覧。
  63. ^ Timbaland, Avicii, and Agnes Monica to perform at UN Global Youth Forum”. PR News Wire. 2013年1月26日閲覧。
  64. ^ Pajer, Nicole. (9 February 2013) Justin Timberlake Makes Surprise Appearance at UN Party. Rolling Stone. Retrieved on 2015-11-28.
  65. ^ CD Baru Agnes Monica Dirilis Melalui Jaringan Mini Market. kapanlagi.com (30 July 2013)
  66. ^ Rilis "Coke Bottle", Agnes Monica Rajai WorldWide Trending Topic Archived 19 December 2014 at the Wayback Machine.. HAI Online (25 September 2013). Retrieved on 2015-11-28.
  67. ^ http://gfa.radioandrecords.com/publishGFA/GFANextPage.asp?sDate=04/20/2014&Format=5 Archived 28 July 2014 at the Wayback Machine.
  68. ^ Welcome Agnez Mo!”. WEG Music (2014年11月13日). 2019年10月25日閲覧。
  69. ^ Dance Club Play Songs”. Billboard (2015年12月26日). 2019年10月25日閲覧。
  70. ^ Agnes Monica: Chart History”. Billboard. 2016年8月16日閲覧。
  71. ^ Bukan Anggun C Sasmi tapi Agnez Mo, The Voice Indonesia Minta Maaf” [Not Anggun but Agnez Mo, The Voice Indonesia Apologize] (Indonesian). Tribun Timur (2016年1月5日). 2016年3月13日閲覧。
  72. ^ AgnezMo, Beby Romeo & Tulus Jadi Juri The Voice Kids” (Indonesian). Okezone (2016年4月29日). 2016年4月29日閲覧。
  73. ^ SAKSIKAN: Video klip terbaru Agnez Mo ‘Long As I Get Paid’” (Indonesian). Rappler (2017年9月23日). 2017年9月25日閲覧。
  74. ^ How a New Generation of Designers Is Shaking Up Storied Fashion Houses” (English). Vogue (2018年2月13日). 2018年4月19日閲覧。
  75. ^ Agnez Mo Signs With 300 Entertainment”. BILLBOARD. 2018年4月25日閲覧。
  76. ^ Agnez Mo and Chris Brown 'Overdose' On Love On New Track: Listen”. Billboard. 2018年9月27日閲覧。
  77. ^ Hugh McIntyre 「米ネットラジオ最大手「iHeartRadio」が破産申請、負債額2兆円」Forbesjapan、2018年3月16日
  78. ^ AGNEZ MO: iHeartRadio On The Verge Artist” (英語). iHeartRadio (2018年10月29日). 2019年10月25日閲覧。
  79. ^ Agnez Mo performs live on Billboard’s Facebook page” (English). The Jakarta Post (2018年11月27日). 2018年12月28日閲覧。
  80. ^ Agnez Mo Terpilih Jadi Artist of the Week Billboard Vietnam” (Indonesian). Kompas (2018年12月16日). 2018年12月28日閲覧。
  81. ^ Agnez Mo and Chris Brown Project Coming Soon” (English). Hot96.9 (2018年12月19日). 2019年10月25日閲覧。
  82. ^ Garap Album Solo Terbaru, Agnez Mo Pasang Target Tinggi” (Indonesian). Suara (2019年3月23日). 2019年6月17日閲覧。
  83. ^ Fields, Taylor (2019年1月9日). “2019 iHeartRadio Music Awards: See The Full List of Nominees” (English). iHeartRadio. 2019年1月10日閲覧。
  84. ^ Agnez Mo wins at iHeartRadio Music Awards 2019” (2019年3月16日). 2019年10月25日閲覧。
  85. ^ “Agnez Mo accused of cultural appropriation over hairstyle” (英語). The Jakarta Post. (2019年8月14日). https://www.thejakartapost.com/life/2019/08/14/agnez-mo-accused-of-cultural-appropriation-over-hairstyle.html 2019年8月18日閲覧。 
  86. ^ “Agnez Mo Shines in 'Diamonds' With French Montana: Listen” (英語). Billboard. (2019年9月6日). https://www.billboard.com/articles/news/international/8529341/agnez-mo-diamonds-french-montana-listen 2019年9月25日閲覧。 
  87. ^ Agnes Monica Official > Profile > About > Influences”. Agnes Monica Official Website. 2011年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月5日閲覧。
  88. ^ Kartikawati, Eny (2005年12月23日). “Agnes Monica: Seksi, Bodo Amat!” [Agnes Monica: Sexy, Who Cares!] (Indonesian). Detikhot.com. 2011年1月23日閲覧。
  89. ^ Agnes Monica Berharap Wawancara Beyonce dan Lady Gaga” [Agnes Monica Hopes to Interview Beyonce and Lady Gaga] (Indonesian). Harian Seputar Indonesia. 2011年6月5日閲覧。
  90. ^ Agnes Monica Jadi Produser Album” [Agnes Monica Becomes an Album Producer] (Indonesian). KapanLagi.com. 2011年6月5日閲覧。
  91. ^ Agnes Monica Rayakan Perayaan Imlek di jakarta” [Agnes Monica Celebrates Chinese New Year in Jakarta] (Indonesian). KapanLagi.com. 2011年6月5日閲覧。
  92. ^ Praditya, Putra (2011年6月9日). “Mau Agnes Monica atau Koes Plus?” [Choose Agnes Monica or Koes Plus?] (Indonesian). Kemayoran City. 2011年10月15日閲覧。[リンク切れ]
  93. ^ Diananto, Wayan (2010年4月27日). “Cowok-cowok di dekat Agnes Monica” [Men close to Agnes Monica] (Indonesian). Tabloid Bintang. 2012年1月22日閲覧。
  94. ^ Agnes Monica Tertutup Soal Asmara” [Agnes Monica is Close about Her Relationships] (Indonesian). Cumi-cumi.com (2011年1月26日). 2012年1月22日閲覧。
  95. ^ Nezmon (2008年12月18日). “Agnes Monica at MTVAmpuh100 2005 #1” (Indonesian, english). Youtube. 2012年3月10日閲覧。

参考資料[編集]

  • Cordova, Cozy (2007). Jangan Mau Jadi Cewek Biasa: Muda, Kaya, Ternama! Bagaimana Bisa?. Kawan Pustaka. ISBN 978-979-757-215-0. 
  • Putranto, Wendi (2009). Rolling Stone Muc Biz: Manual Cerdas Menguasai Bisnis Musik. PT Mizan Publika. ISBN 978-979-24-3867-3. 

外部リンク[編集]