アキハバラ発!ぷらてぃあ放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
  アキハバラ発!ぷらてぃあ放送局  
インターネットラジオ
愛称 アキぷら
配信期間 2007年3月8日 - 2008年8月7日
配信サイト ぷらてぃあ
Game-Style
配信日 毎週木曜日
配信回数 全69回
配信形式 ストリーミング
パーソナリティ まきいづみ
民安ともえ(第1回〜第40回)
宮沢ゆあな(第41回〜第69回)
提供 ぷらてぃあ
テンプレート - ノート

アキハバラ発! ぷらてぃあ放送局』(アキハバラはつ ぷらてぃあほうそうきょく)は、インターネットラジオ番組。ゲームソフト等の通販サイト「ぷらてぃあ」および「Game-Style」が配信していた。前身番組は『ゲスネラ』。主にアダルトゲームの情報を扱っていた。

ぷらてぃあの運営会社は名古屋市にあるが、この番組は番組名が示すように秋葉原駅からほど近いスタジオで録音していた。

パーソナリティ[編集]

他、インフォメーションのコーナーではぷらてぃあ広報担当が「ぷら太郎」「ぷら次郎」「ぷら美」など適当な変名で登場した。ほとんどの回数は「ぷら太郎」が担当していた。

キャラクター[編集]

本番組の開始にあわせて、ぷらてぃあのマスコットキャラクターが設定された。絵・漫画はヤマ・びっこが担当。番組冒頭やCMパーソナリティ2名がそれぞれ声をあてていた。キャラクターの名前はぷらてぃあの名称にちなんだもので、リスナーからの応募で決定した。

ティアラ
:まきいづみ
ぷらてぃあアキハバラ支社長。わがままでトラブルメーカー。プラムを「ファッキューメイド」と呼んで当たり散らしている。
プラム
声:民安ともえ
ティアラのおつきのメイド。ティアラのことを「社長」と呼ぶように言われているが、つい「お嬢様」と呼んで怒りを買ってしまう。
第40回でメイド学校の教師になるため、イギリスへ旅立つ。
ライム
声:宮沢ゆあな
新たに配属されたティアラのおつきのメイド。関西出身、今まで大阪・日本橋のぷらてぃあ支社で働いていた事もあってか、関西弁を喋る。

なお、CD収録のドラマに登場するキャラクターにティアラのライバル役としてラティ(声:草柳順子)がいる。

配信日など[編集]

フォーマットはMP3で、ダウンロードPodcastの両方で配信されていた。ダウンロード版のほうがビットレートが高い。2008年(第41回放送)からストリーム配信のみとなり、放送時間も短縮された。

コーナー[編集]

冒頭ドラマ
ティアラとプラムによるミニドラマ。リスナーからアイディアの募集もしていた。
ふつおた
普通のお便り。
ぷらてぃあインフォメーション
ぷらてぃあからの商品やキャンペーンの紹介。ゲストは参加しない。
メーカーさんいらっしゃい!
ゲームメーカーよりゲストを招き、新作ゲームを紹介する。ゲストは参加しない。コーナー名は新婚さんいらっしゃい!のもじり。
クイック・クイック・ドット・トーク
パーソナリティとゲストがリスナーから送られてくる早口言葉で対決するコーナー。第16回からは、ツンデレや妹などのキャラクターをつけるようになった。コーナー名はソニー損保の「クイッククイックドットコム (919919.com)」のもじり。
新商品開発部
新商品のアイディアを募集するコーナー。
まきいづみのオシオキ部屋
叱られたいリスナーからの投稿を募集し、まきがオシオキするコーナー。番外編としてスタッフや関係者がオシオキされることもあった。
ぷらてぃあ乙女心研究所
女の子を思わずキュンとさせてしまうような口説き文句を考えるコーナー。ゲストが「キュン」で点数を付けて評価する。
自分最強伝説
ここだけは誰にも負けないという自慢を発表するコーナー。

なお、ゲストが初登場の回では、パーソナリティがゲストの鞄を開けその中身を元にトークを繰り広げるのが定番となっていた。

過去のコーナー[編集]

ぷらてぃあ作文
お題に沿ってパーソナリティがあいうえお作文を行う。
ぷらてぃあ相談室
リスナーの悩みを相談するコーナー。
思い出のゲーム
リスナーの思い出のゲームについてテーマに沿って投稿を募集した。ここでは民安が進行を務め、自身がこれまでプレイしたゲームについて解説を行っていた。

ゲスト[編集]

  配信回     配信日     ゲスト出演者     備考  
 第3回   2007年3月22日   松永雪希   
 第4回   2007年3月29日 
 第5回   2007年4月5日   中家志穂   
 第6回   2007年4月12日 
 第7回   2007年4月19日   草柳順子 
 第8回   2007年4月26日 
 第9回   2007年5月10日   新堂真弓 
 第10回   2007年5月17日 
 第11回   2007年5月24日   みる 
 第12回   2007年5月31日 
 第13回   2007年6月7日   Rita(理多) 
 第14回   2007年6月14日 
 第15回   2007年6月21日   かわしまりの 
 第16回   2007年6月28日 
 第17回   2007年7月5日   楠鈴音 
 第18回   2007年7月12日 
 第19回   2007年7月19日   桜川未央   
 第20回   2007年7月26日 
 第21回   2007年8月2日   緒田マリ   
 第22回   2007年8月9日 
 第23回   2007年8月23日   金田まひる   
 第24回   2007年8月30日 
 第25回   2007年9月6日   成瀬未亜   コミケ公開録音 
 第26回   2007年9月13日 
 第27回   2007年9月20日   風音    
 第28回   2007年9月27日 
 第29回   2007年10月4日   飯田空   
 第30回   2007年9月11日 
 第31回   2007年10月18日   榎津まお   
 第32回   2007年10月25日 
 第33回   2007年11月1日   中瀬ひな   
 第34回   2007年11月8日 
 第35回   2007年11月15日   大波こなみ   
 第36回   2007年11月22日 
 第37回   2007年12月6日   芹園みや   
 第38回   2007年12月13日 
 第43回   2008年1月24日   藤森ゆき奈   
 第44回   2008年1月31日 
 第45回   2008年2月7日   桜井美鈴   
 第46回   2008年2月14日 
 第47回   2008年2月21日   大野まりな   コミケ公開録音 
 第48回   2008年2月28日 
 第49回   2008年3月6日   紫苑みやび   
 第50回   2008年3月13日 
 第51回   2008年3月19日   水瀬沙季   
 第52回   2008年3月27日 
 第53回   2008年4月3日   草柳順子   
 第54回   2008年4月10日 
 第55回   2008年4月17日   Rita(理多  
 第56回   2008年4月24日
 第57回   2008年5月8日   神村ひな 
 第58回   2008年5月15日 
 第59回   2008年5月22日   吉川華生 
 第60回   2008年5月29日 
 第61回   2008年6月5日   御苑生メイ   
 第62回   2008年6月12日 
 第63回   2008年6月19日   茶谷やすら   
 第64回   2008年6月26日 
 第67回   2008年7月17日   草柳順子   
 第68回   2008年7月24日 

主な出来事[編集]

  • 2007年2月14日 - 第1回配信に先立ち、第0回が配信される。
  • 2007年3月8日 - 配信開始。
  • 2007年7月5日 - この日から最新回のみの配信となる。それまでは最新回に加えて一つ前の回のバックナンバーも配信されていた。またこの日配信された第17回から、投稿が採用されたリスナー全員にぷらてぃあのポイントが100ポイント、ゲストが選んだ1名には2000ポイントが与えられるシステムとなる。第16回までは、投稿が採用されたリスナーのうち1名に1000ポイント与えられていた。
  • 2007年8月19日 - コミックマーケット72最終日に、企業ブースにて公開録音が行われた。ゲストは成瀬未亜
  • 2007年12月27日 - 第40回の放送を以って民安ともえが番組から卒業。事前に知らされていなかったまきはぷら太郎をオシオキ部屋に連行し、打ち合わせとして肉の万世最上階でおごらせる事になる。
  • 2007年12月31日 - コミックマーケット73最終日に、企業ブースにて公開録音が行われた。ゲストは大野まりな。この日の収録が民安ともえのぷらてぃあ放送局におけるパーソナリティとしての最後の仕事、また新パーソナリティ宮沢ゆあなの最初の仕事となった。
  • 2008年放送分よりポッドキャスト非対応になり、放送時間も30分ほどに短縮された。

関連商品[編集]

アキハバラ発! ぷらてぃあ放送局 vol.1(2007年5月31日発売)
ドラマCD。プラムのキャラクターソングと新規録音ドラマ「ぷらてぃあ劇場」をCD-DAで、番組第1~8回をデータトラックで収録。発売当初はぷらてぃあ専売商品だった。
アキハバラ発! ぷらてぃあ放送局 vol.2(2007年7月31日発売)
ドラマCD。ティアラのキャラクターソングと新規録音ドラマ「ぷらてぃあ劇場」をCD-DAで、番組第9~16回をデータトラックで収録。発売当初はぷらてぃあ専売商品だった。
コミックマーケット72限定マキシシングル
企業ブースで販売された限定グッズセットに含まれているCD。パーソナリティー2名のデュエット曲やフリートークを収録。レーベル面にはパーソナリティーのどちらかの直筆サインが入っている。
アキハバラ発! ぷらてぃあ放送局 vol.3(2007年10月12日発売)
ドラマCD。ティアラとプラムのキャラクターソングと新規録音ドラマ「ぷらてぃあ劇場」をCD-DAで、番組第17〜24回をデータトラックで収録。
アキハバラ発! ぷらてぃあ放送局 vol.4(2007年12月29日発売)
ドラマCD。ラティのキャラクターソングと新規録音ドラマ「ぷらてぃあ劇場」をCD-DAで、番組第25〜32回をデータトラックで収録。
コミックマーケット限定版 ティアラ社長のシステムボイスCD
コミックマーケット73の販売特典CDとして先着500名に配布された。「ワンセグTV SEGNITY カスタマイズ用ボイス ティアラver.」および「PC用ティアラシステムボイス お試しver.」が収録されている。
アキハバラ発! ぷらてぃあ放送局 vol.5(2008年4月25日発売)
民安ともえと草柳順子をゲストに迎えた取り下ろしラジオCDと、番組第33〜40回が収録されたCDの二枚組。
アキハバラ発! ぷらてぃあ放送局 vol.6(2008年9月26日発売)
ライムのキャラクターソングおよび成瀬未亜をゲストに迎えた取り下ろし番組が収録されたCDと、番組第41〜69回が収録されたDVDの二枚組。

外部リンク[編集]


ぷらてぃあ
Game-Style
毎週 木曜日
前番組 番組名 次番組
アキハバラ発! ぷらてぃあ放送局
-