あいうえお作文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

あいうえお作文(あいうえおさくぶん)は、言葉遊びのひとつである。

概要[編集]

お題となる単語の各文字(例えば人名や物の名前など)を各句の頭文字に据えて文を作る。五十音のいずれかの行をお題とする場合もあり、これがあいうえお作文の語源となっている。折句とほぼ同じルールだが字数制限が特に設けられていない点が異なる。

複数人でひとつの文を作る場合もありその際は各句の担当をあらかじめ決めておく必要がある。

大喜利の演目として行われることが多い。それ以外にも標語キャッチフレーズを作る際にあいうえお作文の手法が使われることもある。

[編集]

  • お題「ゆうひ」
「ゆ」優勝賞品は
「う」ウィーン旅行
「ひ」日帰りで

細則[編集]

  • お題は通常、ひらがなで与えられる。正式には漢字カタカナで書かれる語であっても、ひらがなに開いた形がお題となる。回答は、漢字やカタカナで始まっていても、ひらがなで考えてお題と一致すればいい。
  • お題の中の「ゃゅょっ」などの小さい仮名は、大きな「やゆよつ」と同じとみなされる。「」は、発音に応じて「あいうえお」のいずれかとみなされる。しかしこのような読み替えをしても「」で始まる単語はないため、「ん」を含む語はお題には使えない。ただし、「ん」で始まる句を強引に答えさせることもある。
  • 小さい仮名、「ー」、「ん」などは、前の仮名とつなげて1文字扱いすることもある。たとえば、「オリンピック」を「お……」「りん……」「ぴっ……」「く……」とするなど。
  • 「うなぎ」というお題で最初の句を「うなぎが……」とするような、再帰的頭字語的な回答は、言葉遊びとしての醍醐味が薄れてしまうためあまり望ましくない。

あいうえお作文で著名な人物・作品[編集]

関連項目[編集]