みよしのさっぽろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
店舗例(すすきの店)

みよしのさっぽろとは、株式会社テンフードサービス北海道で展開している、餃子カレーライスを提供する外食チェーン店である。通称「みよしの」「みよしのぎょうざ」。

概要[編集]

「みよしのチルド餃子」の販売もあいまって、長年に渡り北海道内での餃子の代表的な存在である。かつては道内各地に店舗があったが、現在の直営店舗の出店エリアは札幌都市圏に限られている。他地域に存在する「みよしの」ブランドの店舗は全て、別企業がフランチャイズ契約のもと運営している。フランチャイズ店舗にはオリジナルメニューが存在する場合があり、旭川の店舗ではラーメンがある。

歴史[編集]

創業は大正初期、狸小路で大衆食堂「美よし野」としてスタート。1945年(昭和20年)狸小路二丁目で甘味処の営業を始める。

1967年(昭和42年)5月 北海道札幌市中央区に餃子専門店「みよしの」3条店を開業[1]。餃子専門店・競合店が少なく安価だったことや、チェーン店を続々と増やしたことで1970年代半ばからはサラリーマン・学生といった男性客、そして親子連れを中心に定着した。安価で手早く美味な大衆食堂として、1990年代に吉野家を始めとした一連の牛丼チェーン店が道内に浸透するまでは、揺るぎない支持を得た。

1977年(昭和52年)10月「みよしのカレー」を販売開始。出来立ての餃子とカレーライスを融合しヒット商品となった。「みよしのカレー」は2016年現在も名物メニューとして販売している。

1988年(昭和63年)6月、株式会社テンフードサービスから「みよしのチルド餃子」を販売開始。スーパー・小売店等で売られ、道内に広く定着した[2]

ちなみに1988年春当時のメニューはぎょうざ定食(普通、大盛)、ぎょうざカレー、持ち帰り弁当のみだった。ぎょうざ定食は大型の緑色のプラスチック皿に盛られ、カレーの皿も現在のものとは異なっている。

石原プロモーション製作のテレビドラマ「西部警察 PART-II」の札幌ロケに登場しており(『燃える原野! オロフレ大戦争』1983年1月2日放送)、すすきの店で餃子を食べるシーンが放映された。

メニュー一例[編集]

  • みよしのセット - カレーライスと餃子が別々に盛られる。
  • マイルドカレー - やや甘口のカレーライス。
  • みよしのカレー - やや辛口のカレーライス。
  • ぎょうざカレー - 以下、特徴の項を参照
  • みよしの弁当 - 餃子とカレーライスがセットになった持ち帰り専用の弁当。
  • ぎょうざカレー弁当 ― 持ち帰り専用のぎょうざカレー。
  • おみやげぎょうざ - 持ち帰り専用の餃子。

特徴[編集]

ぎょうざ[編集]

テンフードサービスが自社工場で製造する、冷凍タイプの餃子を店舗で使用している。これを各店舗で調理し、提供する。

ぎょうざカレー[編集]

カレーライスの上に餃子がトッピングされている。名物メニューのひとつ。

店舗[編集]

狸小路店(北海道札幌市)
美園店のドライブスルー

店舗により座席タイプが異なる。対面式のカウンター席・Uの字タイプのカウンター席・ファミリーレストランのような座席タイプなどがある。

店舗情報[編集]

2013年現在の店舗分布
過去に存在した店舗

脚注[編集]

  1. ^ 公式サイト上ではこの年(昭和42年)が創業年とされている。
  2. ^ みよしの こだわり みよしの公式HP

外部リンク[編集]