ひたちBRT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひたちBRTの車両
(日野・ブルーリボンシティハイブリッド)
ひたちBRTの車両
(日野・レインボーII)

ひたちBRTは、 茨城県日立市日立電鉄交通サービスが運営しているバス路線である。廃線になった日立電鉄線の跡地を利用したバス・ラピッド・トランジット(BRT)で、2013年(平成25年)3月25日に第一期区間が開通した。[1]大みか駅から旧河原子駅までの第二期区間は2018年(平成30年)3月26日に暫定運行を開始、2019年春に完成運行を見込む[2]

概要[編集]

日立市が渋滞が激しい南北方向の交通改善を図るため、取得した日立電鉄線跡地をバス専用道として整備、新交通システムとしてBRTを導入したものである。計画は3期に分かれており、段階的に旧久慈浜駅から旧鮎川駅までの約8.5kmを専用道路として整備する。全体の完成後は一般道を経由して日立駅に乗り入れる予定である。[3]

現在の路線状況[編集]

  • 区間:日立港都市再開発用地~JR常陸多賀駅西口[4]
  • 延長:約9.4km(大甕駅付近は暫定運行)
  • 停留所:28箇所(各停留所間は約1分)
  • 全線所要時間:35分前後

歴史[編集]

  • 2005年(平成17年)3月31日 - 日立電鉄廃線[5]
  • 2008年(平成20年)3月 - 日立電鉄線跡地を日立市が取得
  • 2008年(平成20年)8月 - 日立市が跡地利活用を進めるため、学識経験者、交通事業者、公募による市民委員などで構成された検討委員会を設置
  • 2009年(平成21年)3月 - 「日立電鉄線跡地活用整備基本構想」策定
  • 2010年(平成22年) - 学識経験者、交通事業者、市民委員などで構成された検討委員会により「新交通導入計画」が取りまとめられる
  • 2013年(平成25年)3月24日 - 開通前イベントが行われる[6]
  • 2013年(平成25年)3月25日 - ひたちBRT開通[6][7]
  • 2016年(平成28年)2月1日 - 新規バス停「日立商業高校」新設(場所は日立商業下-どうのいり公園間)[8]
  • 2018年(平成30年)3月26日 - 第2期区間の暫定運行を開始、常陸多賀駅まで乗り入れる[9]
  • 2018年(平成30年)10月19日~10月28日 国立研究開発法人 産業技術総合研究所情報・人間工学領域 端末交通システム研究ラボ は、茨城県日立市において「ラストマイル自動走行の実証評価(日立市)」の出発式を10月19日に行い、廃線敷を利用した「ひたちBRT」のバス専用道路及び一般道の計3.2 kmにおいて無人自動運転の実証評価を行った。[10][11]

運行形態[編集]

ひたちBRTの運行は運行事業者である日立電鉄交通サービス株式会社が行っている。

運行経路[編集]

どうのいり公園停留所
吹上橋停留所付近
大沼(BRT)停留所
停留所名 バスライド
駐車場
接続路線・備考 経路
おさかなセンター   一般道
サンピア日立 早朝・深夜時間帯は通過
瀬上新橋  
久慈浜  
南部図書館   専用道[12]
日立商業  
日立商業高校 2016年2月1日新設
どうのいり公園  
吹上橋  
臨海工場西   一般道
中沢  
大甕駅 東日本旅客鉄道:常磐線
大甕町一丁目  
大甕小入口  
翔洋学園高校前  
水木西台  
泉ヶ森入口  
水木小入口  
水木  
寺方   専用道[13]
大沼小学校東  
大沼  
磯坪  
河原子  
河原子交流センター   一般道
東多賀町  
河原子中学校入口  
泉町  
多賀駅前(常陸多賀駅) 東日本旅客鉄道:常磐線

運行時間[編集]

おさかなセンター発多賀駅前行きの場合[編集]

  • 平日5:42 - 22:00(サンピア日立経由は9:02 - 22:00)約10~62分毎で運転[14]
  • 休日(土・日・祝日)6:32- 21:00(サンピア日立経由は9:00 - 終日)約28~30分毎で運転[15]

多賀駅前発おさかなセンター行きの場合[編集]

  • 平日6:00 - 22:40(サンピア日立経由は9:10 - 20:26)約10~46分毎で運転
  • 休日6:13 - 21:43(サンピア日立経由は7:13 - 終日)30分毎で運転

運賃[編集]

  • 運賃:150~550円[16]

パーク&バスライド[編集]

南部図書館に設置されたBRT利用者用駐車場の場所を示した標識

南部図書館に無料で利用できるBRT利用者専用のパーク&バスライド駐車場が設置された。BRT乗り場付近に19台(身障者用2台)分のスペースが確保されており、利用可能時間はBRTが運行されている5:00~23:00である。市が管理しており、長期間の駐車などには警告が行われ、その後、指定する日までに移動しない場合は撤去される。

その他[編集]

  • ひたちBRT専用車両は、7両が運用されている[17][18]
    • 「ブルーラピッド」:日立の海をイメージした大型ハイブリッドバス
    • 「サクララピッド」:日立の桜をモチーフとした中型ディーゼルバス
    • 「風流物ラピッド」
    • 「ものづくりラピッド」
    • 「ポポーラピッド」
    • 「かみねラピッド」
    • 「うみラピッド」

出典・注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「導入計画策定を支援した『ひたちBRT』が開業」計量計画研究所 2013年4月9日
  2. ^ ひたちBRTが常陸多賀駅まで運行を開始します 2018年3月5日
  3. ^ 新交通導入計画 第3章 事業計画
  4. ^ 「新交通(ひたちBRT)運行中」日立市 2014年3月26日
  5. ^ 跡地の概要について”. 日立市. 2012年10月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月23日閲覧。
  6. ^ a b ひたちBRT、3月25日運行開始…日立電鉄線跡地を走行”. レスポンス. 2013年10月23日閲覧。
  7. ^ 導入計画策定を支援した『ひたちBRT』が開業”. 一般財団法人計量計画研究所. 2013年10月23日閲覧。
  8. ^ ひたちBRT停留所「日立商業高校」新設のお知らせ
  9. ^ 「ひたちBRT」第2期区間 暫定ルート26日開通
  10. ^ ひたちBRT ラストマイル 自動走行実証評価” (日本語). ひたちBRT ラストマイル 自動走行実証評価. 2018-12-05T07:28:08Z閲覧。
  11. ^ 産総研:ラストマイル自動走行の実証評価(日立市)を開始-廃線敷利用のバス専用道路及び一般道での自動運転バスの社会受容性検証-”. www.aist.go.jp. 2018-12-05T07:28:37Z閲覧。
  12. ^ http://www.hitachi-dentetsu.co.jp/bus/bus_pdf/kawaraban.pdf
  13. ^ http://www.city.hitachi.lg.jp/statics/hitachiu/1624/p002.html
  14. ^ 2018年3月26日改正版平日時刻表2018年4月25日閲覧。
  15. ^ 2018年3月26日改正版休日時刻表2018年4月26日閲覧。
  16. ^ 運賃表・経路図
  17. ^ 新交通車両のデザイン及び愛称の決定について”. 日立市. 2013年10月23日閲覧。[リンク切れ]
  18. ^ ひたちBRT 道の駅日立おさかなセンターから常陸多賀駅まで開通!”. 2018年5月10日閲覧。

外部リンク[編集]