鮎川駅 (茨城県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鮎川駅
駅舎 (2005年3月12日)
駅舎
(2005年3月12日)
あゆかわ
Ayukawa
桜川 (1.4km)
所在地 茨城県日立市国分町1-6-2
所属事業者 日立電鉄
所属路線 日立電鉄線
キロ程 18.0km(常北太田起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1947年9月1日
廃止年月日 2005年4月1日
テンプレートを表示

鮎川駅(あゆかわえき)は、茨城県日立市国分町1丁目6番2号にあった日立電鉄日立電鉄線)の廃駅)である。同線の終着駅であった。

概要[編集]

島式ホーム1面2線を持つ交換可能な地上駅で、開業当初から廃止時まで有人駅であった。日立電鉄線の終着駅で、構内に留置線・列車洗車台なども有していた。直営駅として営業されていたが、駅員配置時間は限られ、平日は7時から9時40分および、15時50分から19時までで、土曜日と休日は駅員の配置はなかった。

鮎川駅から日立方面への路線が延伸される予定があったことから[要出典]、構内の線路がプラットホームより日立方面へさらに奥へと数百メートル先まで延びており、その線路の途中にある踏切までは留置線として使用された。駅舎は鉄筋コンクリート造の小さなもので、自動券売機が一台設置されてあり、駅員無配置時間帯でも乗車券の購入が出来た。ただし、乗車駅証明書発行機の設置はなされなかった。

地理的には、JR常磐線常陸多賀 - 日立間の線路の脇に位置し、JR常磐線の駅とは線路を挟んで反対の海側に駅舎があった。駅舎がある位置から、JR常磐線の線路を渡って対面側に鮎川集落が開けていることから、構内を移動するときは駅舎を通らずともホームから鮎川集落に方面へと直接行ける構造となっていた。

駅周辺[編集]

廃止後[編集]

2006年平成18年)9月中旬に、駅舎が解体され現在は面影もない。ただし駅跡地のすぐ脇にある常磐線の踏切名は「鮎川駅前踏切」のままである。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

日立電鉄
日立電鉄線
桜川駅 - 鮎川駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]