はやて (海運業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はやて海運から転送)
移動先: 案内検索
株式会社はやて
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
906-0013
沖縄県宮古島市平良字下里108-11
マリンターミナルビル2階[1]
業種 海運業
法人番号 3360003005222
外部リンク http://www.hayate-montblanc.com/
テンプレートを表示
モンブラン(平良港)

株式会社はやて[2][3]は、沖縄県宮古島市平良に本社を置き、宮古島周辺で遊覧船事業を行う海運会社である。旧社名は合資会社はやて海運(はやてかいうん)[4]

2015年1月31日伊良部大橋開通までは、宮古島平良港伊良部島佐良浜港間の一般旅客定期航路(旅客船フェリー)を運航していた。この航路は宮古フェリーとのダブルトラックであった。

沿革[編集]

前史[編集]

宮古フェリー等によると、伊良部島と宮古島の間には、明治時代時代末期に渡口港からの航路に「バトンミ丸」、佐良浜港からの航路に「キイナカ丸」の2隻の帆船が就航した[5][6]1920年頃には渡口航路に発動機船「ガラサ丸」が就航。2、3年後には佐良浜航路にも発動機船が就航した[5]

第二次世界大戦後には、米軍から払い下げられた船舶が就航[5]。その後、佐良浜航路に「第3旭丸」、「雄勝丸」[7]長山港からの航路に「勝幸丸」[8]が就航し競争が過熱した[5]

定期航路の開設[編集]

その後、1966年(昭和41年)の合名会社伊良部海運(宮古フェリーの前身)による宮古-伊良部航路の免許取得を皮切りに宮古-伊良部間の定期航路が開設され[6]、当社及び宮古フェリーが共に伊良部航路の定期船運航を行ってきた。

定期航路の廃止[編集]

しかし、2015年(平成27年)1月31日に宮古島と伊良部島の間に伊良部大橋が開通し、本航路は同日をもって廃止された[6][9]

当社は航路廃止後も会社を存続し、新たな事業を行う予定であることを明らかにしていたが[10]、航路廃止後の2015年2月には、かつて石川県七尾湾などで運航されていたクルーズ船「モンブラン」(619総トン、最大定員300名)を購入し、同年4月以降に八重干瀬ツアーなどの遊覧船事業を行う計画を進めていることが明らかになった[11]。「モンブラン」は2015年(平成27年)3月22日に平良港に回航され[12]、その後、遊覧船事業が開始された。

クルーズ[編集]

以下のコースでクルーズを行っている。

モーニングクルーズ
  • 9:00 - 10:20
  • 伊良部大橋コース - 伊良部大橋の下をくぐり周辺を周遊するコース
  • パン、コーヒー、ソフトドリンク付き
ランチクルーズ
  • 12:30 ー 14:00
  • 湾内周遊コース - 伊良部大橋以北の宮古島沿岸及び伊良部島沿岸を周遊するコース
  • ランチブッフェ付き
サンセットクルーズ
  • 18:00 - 20:30(4-9月)、17:00 - 19:30(10-3月)
  • 湾内周遊コース - 伊良部大橋以北の宮古島沿岸及び伊良部島沿岸を周遊するコース
  • ディナーブッフェ付き又はクルーズのみ[13]

また、4-8月の大潮の干潮時に八重干瀬クルージングツアーを実施している(月2回程度)[14]

船舶[編集]

保有船舶[編集]

  • モンブラン
1999年(平成11年)竣工、讃岐造船鉄工所建造
619総トン、全長56.90m、幅10m、深さ5.20m、機関出力1500PS、最大速力13.5ノット、旅客定員300名[11]

かつての保有船舶[編集]

スーパーライナーはやて(佐良浜港)
第18はやて丸(平良港)
フェリーはやて(平良港)
フェリーはやての客室
高速船貨客船
  • スーパーライナーはやて
145総トン、航海速力24ノット。旅客定員150名。乗用車8台[15]
2005年(平成17年)11月15日進水[15]2006年3月就航[要出典]讃岐造船鉄工所建造。双胴船[16]
高速船(旅客船
  • 第11はやて丸
瀬戸内クラフト建造。36総トン、航海速力25ノット。旅客定員 沿海12名・平水93名[17]
1984年(昭和59年)3月進水。遊漁船及び周辺離島への貸切に利用[17]
  • 第15はやて丸
定期時間外の急病人搬送などに利用[18]
  • 第18はやて丸
79総トン、航海速力28ノット。旅客定員194名[4]瀬戸内クラフト建造。
1989年(平成元年)1月進水[4]1989年10月就航。[要出典]スーパーライナーはやての就航後は予備船となっていた。[要出典]
カーフェリー(貨客船)
  • フェリーはやて
    • 総トン数:297トン
    • 全長:41.6m、幅:9.5m
    • 出力:2,800馬力
    • 最高速力:15.15ノット
    • 航海速力:14ノット
    • 旅客定員:150名
    • 車両搭載数:乗用車換算 22台/8tトラック換算 8台[15][19]
1997年(平成9年)3月進水[15]、同年7月5日就航。関門造船建造。
2003年(平成15年)9月、台風14号による被害の修繕のため糸満市ドックに向けて運航中、台風15号の高波を受け渡嘉敷島の南西約415kmの海上で浸水、海上保安庁の協力により回収が図られたが同日10時に船体放棄される。その後2週間にわたり約400kmを漂流した後、同年10月3日に石垣島の南方約130kmの海上で海上保安庁により発見された。本船は、糸満市のドックに回航されて、修繕やデッキ放水口の増設などが行われた後、復帰した[20]

かつて運航していた航路[編集]

一般旅客定期航路
  • 平良港 - 佐良浜港
    • 高速旅客船:1日10便(10-3月)/11便(4-9月)、約12分[4]
    • カーフェリー:1日6便、約30分[4]
その他
  • 旧暦3月3日の大潮前後に八重干瀬上陸ツアーを行ってきたが、伊良部大橋開通による平良港 - 佐良浜港の一般旅客定期航路廃止に伴い、2014年のツアーが最後となった[21]。なお、八重干瀬への上陸はしないが、クルーズ船による八重干瀬の周遊ツアーは行われている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ About us[リンク切れ] ベイクルーズ宮古島-MontBlanc(モンブラン)
  2. ^ 会社概要[リンク切れ] 株式会社はやて
  3. ^ 「ありがとう」懸垂幕設置/伊良部商工会青年部 宮古毎日新聞、2014年12月10日
  4. ^ a b c d e 『宮古概観』平成23年度版 第5章 交通運輸・通信 (PDF) 沖縄県総務部宮古事務所、2012年3月、2015年2月11日閲覧
  5. ^ a b c d 伊良部航路 1月31日最終運航/「宮古フェリー」「はやて」 宮古毎日新聞、2014年12月5日
  6. ^ a b c 伊良部航路 来月に廃止 大橋開通で歴史に幕 琉球新報、2014年12月13日
  7. ^ 2006元旦特集 6集 宮古毎日新聞、2006年1月1日
  8. ^ 一大海水浴のメッカ 伊良部・渡口の浜 宮古毎日新聞、2005年9月19日
  9. ^ 「今までありがとう」 伊良部島民、フェリー廃止惜しむ 琉球新報、2015年2月1日
  10. ^ 伊良部航路 1月31日最終運航/「宮古フェリー」「はやて」 宮古毎日新聞、2014年12月5日
  11. ^ a b はやてクルーズ船運航へ/船底に海中展望ラウンジ/八重干瀬周遊海婚など計画/4月スタート目指す 宮古毎日新聞、2015年2月4日、同月11日閲覧
  12. ^ 海中展望型客船「モンブラン」回航 宮古毎日新聞、2015年3月24日
  13. ^ クルージングメニュー[リンク切れ] 株式会社はやて
  14. ^ ベイクルーズ宮古島 MontBlanc(モンブラン) 株式会社はやて
  15. ^ a b c d 『宮古概観』平成21年度版 第5章 交通運輸・通信 (PDF) 沖縄県総務部宮古事務所、2010年3月、2015年2月11日閲覧
  16. ^ SUPER LINER HAYATE(スーパーライナー はやて)詳細データ 海上技術安全研究所
  17. ^ a b 第11はやて丸”. 2006年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月30日閲覧。 はやて海運(旧ウェブサイト)
  18. ^ 第15はやて丸”. 2015年2月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月30日閲覧。 はやて海運(旧ウェブサイト)
  19. ^ 『日本のカーフェリー -その揺籃から今日まで-』(世界の艦船 別冊) - 海人社(2009年3月発行) JANコード 4910056040393
  20. ^ 海難審判庁採決録 平成16年那審第5号 旅客船フェリーはやて遭難事件 日本財団図書館
  21. ^ 海の生き物間近に/八重干瀬観光ツアー 宮古毎日新聞、2014年4月2日
[ヘルプ]

外部リンク[編集]