宮古フェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮古フェリー株式会社
Miyako Ferry Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
906-0013
沖縄県宮古島市平良字下里108-11
マリンターミナルビル1階
業種 海運業
法人番号 7360001013818
事業内容 客船・フェリーによる自動車並びにその他車両及び一般旅客の航送
外部リンク http://miyako-ferry.com/
テンプレートを表示
うぷゆう(伊良部島沖)
フェリーゆうむつ(伊良部島沖)

宮古フェリー株式会社(みやこフェリー)は、かつて沖縄県宮古島市平良に本社を置き、平良港宮古島)と佐良浜港伊良部島)間の一般旅客定期航路(旅客船フェリー)を運航していた海運会社である。この航路ははやてとのダブルトラックであった。

沿革[編集]

前史[編集]

当社によると、伊良部島と宮古島の間には、明治時代時代末期に渡口港からの航路に「バトンミ丸」、佐良浜港からの航路に「キイナカ丸」の2隻の帆船が就航した。1920年頃には渡口航路に発動機船「ガラサ丸」が就航。2、3年後には佐良浜航路にも発動機船が就航した[1]第二次世界大戦後には、米軍から払い下げられた船舶が就航。その後、佐良浜航路に「第3旭丸」、「雄勝丸」、長山港からの航路に「勝幸丸」が就航し競争が過熱した[1]

宮古フェリーの発足[編集]

1966年(昭和41年)には当社の前身となる合名会社伊良部海運が宮古-伊良部航路の免許を取得[2]。その後は当社及びはやてが共に伊良部航路の定期船運航を行ってきた。

定期航路の廃止[編集]

しかし、2015年(平成27年)1月31日に宮古島と伊良部島の間に伊良部大橋が開通し、本航路は同日をもって廃止された[2][3]

航路廃止後、当社は解散するとも[4]、存続し新たな事業を行う予定とも報じられた[1]が、2015年(平成27年)12月22日に清算の結了等により登記記録の閉鎖等が行われている[5]

かつての保有船舶[編集]

高速船
  • うぷゆう
1996年(平成8年)6月進水[6]三保造船所(大阪)建造。[要出典]
112総トン、航海速力28ノット。旅客定員197名[6]
  • ゆがふ
2001年(平成13年)7月進水[6]三保造船所(大阪)建造。[要出典]
19総トン、航海速力32ノット、旅客定員97名[6]
通常の運航はうぷゆうで行っており、ゆがふはうぷゆうの故障時やドック入り時の代替船として使われていた。[要出典]
カーフェリー
  • フェリーゆうむつ
1995年(平成7年)1月進水[6]
191総トン、航海速力11.5ノット、旅客定員200名、トラック6台または乗用車25台[6]

かつて運航していた航路[編集]

一般旅客定期航路
  • 平良港 - 佐良浜港(高速旅客船で約13分、カーフェリーで約25分)[7]
  • 平良港 - 長山港(カーフェリーで約30分)[7]
    • 月3便運航[7]。2010年度まで運航実績あり[8]
その他
  • 多良間島での八月踊りの期間中に、平良港 - 多良間港普天間地区間を運航。[要出典]
  • 旧暦3月3日前後に八重干瀬上陸ツアーを行ってきたが、伊良部大橋開通による平良港 - 佐良浜港の一般旅客定期航路廃止に伴い、2014年(平成26年)のツアーが最後となった[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 伊良部航路 1月31日最終運航/「宮古フェリー」「はやて」 宮古毎日新聞、2014年12月5日
  2. ^ a b 伊良部航路 来月に廃止 大橋開通で歴史に幕 琉球新報、2014年12月13日
  3. ^ 「今までありがとう」 伊良部島民、フェリー廃止惜しむ 琉球新報、2015年2月1日
  4. ^ 宮古フェリーとはやて、伊良部航路廃止へ 大橋開通、市が見舞金 琉球新報、2013年12月13日
  5. ^ 宮古フェリー株式会社の情報 国税庁法人番号公表サイト
  6. ^ a b c d e f 宮古概観 平成25年度版 第5章 交通運輸・通信 (PDF) 沖縄県総務部宮古事務所、2014年3月
  7. ^ a b c 『宮古概観』平成21年度版 第5章 交通運輸・通信 (PDF) 沖縄県総務部宮古事務所、2010年3月、2017年5月16日閲覧
  8. ^ 『宮古概観』平成28年度版 第5章 交通運輸・通信 (PDF) 沖縄県総務部宮古事務所、2017年3月、2017年5月16日閲覧
  9. ^ 海の生き物間近に/八重干瀬観光ツアー 宮古毎日新聞、2014年4月2日
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]