ダブルトラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  • 音楽) 音楽業界における、いわゆる重ね録り(オーバーダビング)手法の一つ。本項で詳述。
  • 交通公共交通業界、特に高速バス航空業界において、同一区間の路線に異なる会社(航空業界においては航空会社)2社が運行を行うこと。共同運行(バス) 及び 共同運航(航空)の場合を除く。会社同士の競争原理が発揮されるため、利便性の向上につながりやすいが、総需要が少ない場合は共倒れとなる可能性もある。3社の場合はトリプルトラックとなる。

ダブルトラックとは、録音技術の一つ。

概要[編集]

主として、同一の者が行うボーカルラインやギターソロのラインを二度以上、重ね録り(オーバーダビング)すること。歌唱に限って強いて表現するならば、「一人によるユニゾン」の状態に聞こえる。

基本的には、一度のボーカルパート(または、演奏パート)につき、一つの録音トラックを使用。次以降の編集段階で、ピンポン録音という手法により、同一のボーカルラインや楽器演奏を録音したトラックを一つにまとめる場合もありうる。ダブル(二重)録りを超える場合も、聞く段階では、ダビング回数を特定しづらいため、一般的には「ダブルトラック」という表現を使うことが多い。

スタジオ機器やエフェクターなどが発達した近年でも、モジュレーションやショートディレイとは違った独特の効果を得るために広く使われている。

まれに、エフェクターやスタジオ機器による、一度の歌や演奏を、ステレオ状態に振り分けて、左右から聞こえるような効果を使った際にも、この用語が使われる場合もある。

著名な録音例[編集]