さんふらわあ きりしま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さんふらわあ > さんふらわあ きりしま
さんふらわあ きりしま (2代)
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 フェリーさんふらわあ
運用者 フェリーさんふらわあ
建造所 JMU横浜事業所磯子工場
姉妹船 さんふらわあ さつま (3代)
経歴
発注 2015年11月16日[1]
起工 2017年
進水 2017年9月30日
竣工 2018年8月末[2]
就航 2018年9月15日[3]
現況 就航中
要目
総トン数 13,659 トン[3]
全長 192.00 m[4]
27.00 m[4]
喫水 6.8 m[4]
機関方式 ディーゼル
主機関 2基
推進器 2軸
出力 17660 kW[4]
航海速力 23ノット[4]
旅客定員 709名[4]
乗組員 40名[1]
車両搭載数 大型トラック(13m)121台
乗用車(5m未満)140台[4]
テンプレートを表示

さんふらわあ きりしまは、フェリーさんふらわあが運航するフェリー。本項目では、2018年9月15日就航の2代目を取り扱う。

概要[編集]

さんふらわあ きりしま (初代)の代船としてジャパン マリンユナイテッド横浜事業所磯子工場で建造され、2018年9月15日に就航した。[5][6]。なお、当初は2018年6月就航予定とされていたがその後夏季の就航予定に順延された。

2015年11月16日に志布志航路の使用船舶2隻の代替と新造船の概要が発表された。その後、2017年1月31日、船名は先代の「さんふらわあ さつま」「さんふらわあ きりしま」をそれぞれ継承することが発表された。薩摩と霧島は南九州を代表する地域名で、南九州への「カジュアルクルーズ」を容易にイメージしやすいこと、前船が約24年間に渡って活躍しており、その名が親しまれていることなどが理由とされた。

設計[編集]

先に建造された1番船の3代目さんふらわあ さつまの同型船である。

船内[編集]

船内デザインはクルーズ客船にっぽん丸の改装などを手掛けた渡辺友之によるもので、カジュアルクルーズ船として「船旅」を楽しむことを主眼に、船室の個室化と設備の充実化、パブリックスペースの拡大が図られた[4]

デザイン時のコンセプトの主軸として、明治維新世代の13歳の女子「さくら」が設定されている[7]

船室[編集]

前船と比較して個室が2割増(94室)となり、新たに専用バルコニーを有するスウィートが設けられたほか、全室にシャワー、洗面台、トイレが完備された。寝台は階段式となり、TVが装備された。

バリアフリー対応客室、ペット対応客室も拡充された[4]

なお発表当初、「スーペリア」は「スタンダード」、「プライベートキャビン」は「プレミアムツーリストベッド」、「プライベートベッド」は「ツーリストシングル」と呼称されていた。

船室タイプの一覧
クラス 部屋数 最大定員 設備
スウィート 2-3名×10室 30名 専用バルコニー、バスタブ、トイレ、洗面台、テレビ、冷蔵庫、電気ポット
スウィート(バリアフリー) 2-4名×2室 8名 シャワー、トイレ、洗面台、テレビ、冷蔵庫、電気ポット
デラックス (洋室)2-5名×38室
(和室)2-5名×2室
200名 シャワー、トイレ、洗面台、テレビ、冷蔵庫、電気ポット
デラックスウィズペット 2-4名×10室 40名 シャワー、トイレ、洗面台、テレビ、冷蔵庫、電気ポット、空気清浄機
スーペリア 1-2名×32室 64名 シャワー、トイレ、洗面台、テレビ、電気ポット
プライベートキャビン 7名×1室、9名×1室 16名 テレビ
プライベートベッド 16名×11室 176名 テレビ
ツーリスト 14-18名×4室
(バリアフリー)14名×2室
100名
ドライバールーム 1名×75室 75名 洗面台、テレビ

設備[編集]

パブリックスペースが前船の2.5倍に拡張され、レストランも面積は1.5倍、席数2割増(206席)となった。大浴場は1.7倍に拡張され、24時間利用可能なシャワールームが設けられる。また、トラックドライバー専用の大浴場が別に設けられる。

パブリックスペース

  • エントランス - 3フロア吹き抜け
  • レセプション
  • ドッグラン
  • プロムナード - 客船「にっぽん丸」同様に大きな丸窓を配置する[7]
  • ペットルーム
  • キッズルーム
  • ゲームコーナー
  • 喫煙コーナー
  • ベビールーム

供食物販設備

  • レストラン - 船首側に「仙厳園の満開の桜から」、船尾側に「仙厳園の書院から」の壁画をあしらう[7]
  • 売店
  • 自動販売機

入浴設備

  • 大浴場
  • シャワールーム - 24時間利用可能

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “高効率ハイブリッドCRP推進システムを搭載した大型フェリーの受注” (プレスリリース), ジャパンマリンユナイテッド, (2016年11月16日), https://www.jmuc.co.jp/press/2015/ferry-sunflower.html 2017年2月2日閲覧。 
  2. ^ Fさんふらわあ、新造船「さんふらわあ さつま」内覧会開催 - WEB CRUISE(2018年4月26日)
  3. ^ a b 新造フェリー「さんふらわあきりしま」が就航 - LogisticsToday(2018年9月19日)
  4. ^ a b c d e f g h i “大阪⇔志布志航路 新造船2隻建造決定! 2018年竣工” (プレスリリース), フェリーさんふらわあ, (2016年11月16日), https://www.ferry-sunflower.co.jp/news/article/img/pr20151116.pdf 2017年2月2日閲覧。 
  5. ^ フェリーさんふらわあ 大阪⇔志布志航路 新造船 「さんふらわあさつま」就航日決定のお知らせ”. 共同通信PRワイヤー(共同通信社) (2018年2月21日). 2018年2月23日閲覧。
  6. ^ 新「さんふらわあきりしま」9月就航 大阪~志布志航路は新造船2隻体制に”. 乗りものニュース (2018年6月26日). 2018年6月28日閲覧。
  7. ^ a b c 新造船さんふらわあさつま・きりしまデザインコンセプト - フェリーさんふらわあ

外部リンク[編集]