さよならを教えて (フランソワーズ・アルディの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さよならを教えて
フランソワーズ・アルディシングル
初出アルバム『Comment te dire adieu
B面 愛の欠乏
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル フレンチ・ポップス
時間
レーベル Disques Vogue
作詞・作曲 アーノルド・ゴーランド
ジャック・ゴールド
セルジュ・ゲンスブール(フランス語詞)
ミュージックビデオ
「Comment te dire adieu」 - YouTube
テンプレートを表示

さよならを教えて」(原題: Comment te dire adieu)は、フランスの歌手、フランソワーズ・アルディが1968年に発表した楽曲。オリジナルはアーノルド・ゴーランドとジャック・ゴールドが作詞作曲したアメリカのポピュラーソング「It Hurts to Say Goodbye」で、セルジュ・ゲンスブールがフランス語の詞を付けた。

概要[編集]

アーノルド・ゴーランドとジャック・ゴールドが書いた「It Hurts to Say Goodbye」は、マーガレット・ホワイティングが1966年に発表したアルバム『The Wheel of Hurt』に収録され、翌1967年にヴェラ・リンのカバー・バージョンがヒットした(ビルボード・イージーリスニング・チャート7位)。同じ年、カナダのモントリオール出身の歌手、ジネット・リノが「Avant de dire adieu」というタイトルでフランス語でカバー。

ここまではオーソドックスな曲調のバラードであった。ブラジルのオルガン奏者、ワルター・ワンダレイがビートを効かせたインストゥルメンタル・バージョンを発表したことから運命は変わった。フランソワーズ・アルディがアップテンポの本作品のインストゥルメンタル(演奏者不明)をどこかで聴き、アルディのマネージャーがそれを元にしたフランス語詞をセルジュ・ゲンスブールに依頼することとなった[1]

1968年、アルディはシングルのA面として発表。B面はゲンスブールが書いた「愛の欠乏(L'Anamour)」だった[2][3]。4曲入りのEPにはレナード・コーエンの「スザンヌ」のフランス語カバーも収録された。同年11月、アルバム『Comment te dire adieu』に収録。

アルディはイタリア語バージョン(「Il pretesto」、1969年のシングル)とドイツ語バージョン(「Was mach' ich ohne dich」、1970年のアルバム『Träume』)も録音している。

その他のバージョン[編集]

  • アンニ=フリッド・リングスタッド - 1969年のシングル。スウェーデン語詞。タイトルは「Så synd du måste gå」。
  • 木之内みどり - 1976年のアルバム『透明のスケッチ』に収録。日本語詞。タイトルは「涙が微笑みにかわるまで」。
  • 戸川純 - 1985年のアルバム『好き好き大好き』に収録。日本語詞。タイトルは「さよならをおしえて」。
  • ジェーン・バーキン - 1996年のアルバム『Versions Jane』に収録[4]
  • 佳村さちか - 1999年のシングル。
  • モンテフィオーリ・カクテル - 2003年のアルバム『Raccolta n.3』に収録。
  • ストリング・スイング - 2009年のアルバム『Waiting for the Good Times』に収録。
  • MEG - 2012年のアルバム『LA JAPONAISE』にボーナストラックとして収録。
  • カミーユ・ベルトー - 2018年のアルバム『Pas de géant』に収録。

脚注[編集]

  1. ^ p. 50, Serge Gainsbourg: a fistful of gitanes: requiem for a twister, Sylvie Simmons, Da Capo Press, 2002, 0-306-81183-9.
  2. ^ Françoise Hardy - Comment Te Dire Adieu (Vinyl, France, 1968) | Discogs
  3. ^ 45cat - Françoise Hardy - Comment Te Dire Adieu / L'anamour - Vogue - France - V. 45-1552
  4. ^ Jane Birkin - Versions Jane (CD, France, 1996) | Discogs