かまいたちの夜 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

かまいたちの夜』(かまいたちのよる)は、チュンソフトのゲームソフト『かまいたちの夜』を原作としてTBS系列で2002年7月3日(水) 21時 - 22時48分に放送された単発の2時間ドラマである。

同年7月18日に発売されたゲームソフト『かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄』とのタイアップ企画であり、ゲームの初回限定版のDVDビデオにはゲームのメイキング映像やスタッフのインタビュー映像と共に本ドラマが全編収録された。

本作はTBS側によって「真夏のNo.1ミステリー」という宣伝文句がつけられていたが、脚本担当の伴一彦はこのドラマを「ホラーサスペンス」として書いたと発言。周囲の人々がゲームさながらに殺される、振り子時計の音がペンション内のシーンで終始流れ続けるなど、原作ゲームの雰囲気を壊すことなく映像化している。また、オープニングシーンでは実際のゲーム映像が登場している。TBSオンデマンドでも2012年2月より配信されているが、グロテスクな表現はモノクロ、静止画で処理されている。

あらすじ[編集]

人気ゲーム『かまいたちの夜』ファンサイトの常連メンバー達が、オフ会を開いてゲームを再現する自主製作映画を撮影することになり、ゲームの舞台「シュプール」のモデルとなったペンション「クヌルプ」に集うこととなった。しかし、予約していたはずのペンションの予約が取れておらず、仕方なく偶然に通りかかった別のペンション経営者に連れられて、ゲームと同じ名前のペンション「シュプール」に泊まることになる。

しかし、嵐によりペンションは外界と断絶され、さらにゲームでの被害者である「田中一郎」役で、主人公の上司であった男が、本当に殺されてしまう。それを皮切りにして、周囲の人が次々とゲームさながらに殺されていく。はたして犯人の正体とは、いったい誰なのか?

登場人物・キャスト[編集]

佐竹 高彦(さたけ たかひこ)
演 - 藤原竜也
主人公。自分の意見を強く言えない、引っ込み思案な青年。書店でバイトをしている。幼少期に黒い服の少年と遊んだ記憶がある。ゲーム『かまいたちの夜』の主人公・“透”役。ハンドルネームは、「透もどき」。
小学校の時に「透」という仲の良い友達がいた。ある日学校のウサギ小屋を不注意で燃やしてしまい、透を置き去りにして逃げてしまった。透は共犯である自分の事を皆に話さなかった。その一件以来透はイジメのターゲットにされ自分もイジメられないようにあえてイジメに加担していた、というのが彼の記憶であるが実際は、ウサギ小屋が燃えた時に逃げ出したのは友人の方で、その友人の名前は透ではなく俊夫であり、高彦は共犯である俊夫のことを皆に話さなかったせいで、一人イジメられるようになったことが終盤で明らかになる。一人ぼっちが続き寂しくなった高彦は「見えない友達」として空想の話相手を生み出し、やがてその「見えない友達」が「真理」となった。
自分の本当の記憶と真理の正体を思い出すも、彼女に半ば操られた状態となり、鎌で俊夫を襲撃する。その際に俊夫を殺そうとする真理の意思に抗うため、「ウサギ小屋の件を謝ってほしい」と俊夫に求めるも、俊夫がウサギ小屋のことを覚えていなかったため、抗い切れず彼を惨殺してしまう。
野村 真理(のむら まり)
演 - 内山理名
高彦が想いを寄せている、柳沢涼子似の女性で、初対面の際に涼子と勘違いした。ゲーム『かまいたちの夜』のヒロイン・“真理”役。ハンドルネームは、「寂しがり屋の真理」。
正体は高彦の「見えない友達」が具現化した存在であり、この事件の真犯人「シュプール」である。顔が涼子似なのは、高彦の涼子に対する好意を反映したからである。「シュプール」である彼女が具現化してしまったのは「俊夫にウサギ小屋の件を謝って欲しい」という高彦の思いがきっかけであるため、実質高彦が犯人と言っても過言ではない。
日高 俊夫(ひだか としお)
演 - 小橋賢児染谷将太(小学生時代)
明るい性格の埼玉県出身の大学生。ゲーム『かまいたちの夜』の“俊夫”役。ハンドルネームは、「俊夫命」。
高彦が透と言っていた小学校の友達は実は彼であったが、ウサギ小屋が燃えた一件を一切覚えていなかった。その後、真理に操られた高彦に鎌で惨殺された。
細井 美香(ほそい みか)
演 - 浅香唯
わがままな性格のOL。ペットとしてウサギを飼っている。ゲーム『かまいたちの夜』の“啓子”役。ハンドルネームは、「チェリー」。
田中一郎役の伊勢谷が自分の部屋で殺害された事にショックを受けて完全に精神を病んでしまい、その後、キッチンにあった包丁を使い伊勢谷の死体をバラバラに切り刻んでトイレに流すという狂気に走った。この事件の生存者の1人であり、夜が明けた際に血に染まった包丁を持ちながら「うさぎ」のわらべ歌を歌っていた。
鈴木 智子(すずき ともこ)
演 - 濱田万葉
オカルト好きのOL。一連の事件はかまいたちの仕業だと豪語している。右目に眼帯を付けている。終盤でリビング内で殺害された。ゲーム『かまいたちの夜』の“可奈子”役。
有田 裕子(ありた ゆうこ)
演 - 山下容莉枝
頭脳明晰なOL。ゲーム『かまいたちの夜』の“みどり”役。ハンドルネームは、「地下室」。
実は一誠の不倫相手で、それを前もって知っていた夏子に殺害された。シュプールを訪れた際に一誠と一緒だったのはその事の暗示である。
石塚 茂(いしづか しげる)
演 - 温水洋一
カメラ好きの男。ゲーム『かまいたちの夜』の“美樹本”役。犯人捜索の際、トイレに行くと言い出してカメラを取りにペンションへ戻ろうとした時に背後に仕掛けが施された鎌で刺されて気絶、その後薄れゆく意識の中で高彦の部屋で死亡する。ハンドルネームは、「イタチの屁」。
伊勢谷 剛(いせや つよし)
演 - 田中要次
高彦のバイト先の書店主任。涼子を巡る高彦の恋敵でもある。ゲーム『かまいたちの夜』の“田中一郎”役。ハンドルネームは「田中一郎」で、高彦は彼がシュプールに現れるまで「田中一郎」であることを知らなかった。高彦の上司でありながらも、職場で財布が紛失した際に真っ先に高彦を疑うなど折り合いは非常に悪い。連続殺人の最初の犠牲者となり、死に際に「佐竹」と言い遺して死亡。さらに高彦が彼の話をした際にうっかり「主任」と言いかけ、そのことを彼の死に際の言動を含めて俊夫に指摘されたことから終盤で全員から高彦が犯人と疑われる。
実は高彦は田中一郎が伊勢谷であることを予め知っていた。だがどうしても信じたくない高彦はそれを記憶から抹消してしまった。彼が真理の顔が涼子に見えなかったのかは謎である。
山本 一誠(やまもと いっせい)
演 - 北村総一朗
会社経営者の大阪人。ゲーム『かまいたちの夜』の“香山社長”役に当たるが、オフ会のメンバーではなくたまたま妻の夏子と共にシュプールに宿泊しただけの一般客。しかし、その風貌のせいでオフ会メンバーから頻繁に「香山さん」と呼ばれる。
裕子と不倫していたため、それを前もって知っていた妻・夏子に殺害された。ゲームの香山より性格がキツい。
山本 夏子(やまもと なつこ)
演 - 萩尾みどり
一誠の妻。ゲーム『かまいたちの夜』の“春子”役。
みどり役である裕子を鍵を使った密室トリックで殺害した、もう一人の犯人。夫の不倫と不倫相手の裕子のことを知っており、夫に裕子殺しの真相を話した後に、持っていた果物ナイフで夫を殺害した。彼女は裕子と一誠を殺した犯人であるが、皆を無差別に殺していった犯人「シュプール」は彼女ではなく真理であり、終盤にナイフで首を刺されて死亡する。
大林 逸郎(おおばやし いつろう)
演 - 佐野史郎
ペンション「シュプール」のオーナー。終盤で背中を鎌で刺され、高彦を監禁したワインセラーで高彦の縄を切った後に「私たちが間違っていた」と呟いて死亡する。ゲーム『かまいたちの夜』の“小林”役。
大林 直子(おおばやし なおこ)
演 - 松金よね子
大林の妻。ゲーム『かまいたちの夜』の“小林今日子”役。
逸郎の事を「ボクちゃん」と呼んで甘やかすことから逸郎よりかなり年上ではないかと思われる。後にシュプールに脅迫されてペンション内に通信機能抑止装置を取り付けたことが明かされる。終盤でキッチン内で殺害された。
柳沢 涼子(やなぎさわ りょうこ)
演 - 内山理名(2役)
高彦が想いを寄せている、真理にそっくりな書店に併設するカフェで働く女性。伊勢谷と付き合っている様子である。彼女の存在が、高彦の「見えない友達」の顔が「真理」となるきっかけとなった。

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]