鳥濱トメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
出撃するも一時帰還した特攻隊員らと鳥濱トメ

鳥濱 トメ(とりはま とめ、1902年(明治35年)6月20日 - 1992年(平成4年)4月22日)は、鹿児島県の食堂経営者。川辺郡知覧町(現南九州市知覧町郡104)で「富屋食堂」を営み、多くの特攻隊員の面倒を見たことから“特攻の母”と呼ばれた。

来歴[編集]

鳥濱トメの家族
  • 1902年(明治35年)、川辺郡西南方村(のちの坊津町、現・南さつま市)生まれ。18歳で旧家出身の鳥濱義勇と結婚する。
  • 1929年(昭和4年)、トメが27歳の時に富屋食堂を開業。
  • 1942年(昭和17年)、陸軍知覧飛行場(大刀洗陸軍飛行学校知覧分教場)の完成に伴い、富屋食堂は陸軍指定の食堂となった。以後、多くの飛行隊員がトメのもとを訪れた。
  • 1945年(昭和20年)、特攻作戦が始まると、トメも知覧から出撃する特攻機の見送りを続け、隊員が憲兵検閲を避けるためにトメに託した手紙を代理で投函したほか、個々の隊員の出撃の様子を自ら綴った手紙を全国の家族のもとへと送り続けた。
  • 1945年(昭和20年)、終戦後、トメは警察署長から進駐軍の富屋食堂への出入りを懇願されるが、トメはそれを固辞した。しかし町が主催する進駐軍の歓迎会が富屋食堂で開かれたことをきっかけに、米軍兵士が富屋食堂に出入りするようになり、生来の面倒見の良さからトメは[1]米軍兵士からも「ママさん」と親しまれた[2]
  • 1952年(昭和27年)、「基地跡を訪れる遺族のために」富屋食堂に隣接する旅館を改装し富屋旅館を開業。
  • 1955年(昭和30年)、かつてトメの担任教師でもあった当時の知覧町長に再三働きかけたことにより、旧飛行場の一角に特攻平和観音堂の建立が実現し、その観音堂参りがその後のトメのライフワークとなった。後に隣接して知覧特攻平和会館などが観音堂の周辺に建設された。
  • 1992年(平成4年)死去。享年89
  • 2001年(平成13年)、かつての食堂が「ホタル館 富屋食堂」として復元され、トメと特攻隊員の資料館となっている。トメの次女・赤羽礼子と孫の鳥濱明久が共同で館長を務めていたが、赤羽礼子が亡くなったのちトメの孫である鳥濱明久が現在は館長を務めている。

鳥濱トメを演じた女優[編集]

参考文献[編集]

  • 鳥濱明久『知覧いのちの物語「特攻の母」と呼ばれた鳥濱トメの生涯』(きずな出版、2015年)ISBN 978-4-907072-29-2
  • 朝日新聞西部本社 編『出撃・知覧飛行場 空のかなたに 特攻おばさんの回想』(葦書房、2001年新装版) ISBN 4-7512-0291-X
  • 赤羽礼子・石井宏『ホタル帰る 特攻隊員と母トメと娘礼子』(草思社、2001年) ISBN 4-7942-1060-4
  • 佐藤早苗『特攻の町 知覧 最前線基地を彩った日本人の生と死』(光人社、1997年) ISBN 4-7698-0829-1

関連楽曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ホタル帰る』より
  2. ^ 福岡賢正「敵を抱きとめた母性/1 米兵と笑う特攻の母」(毎日新聞西部朝刊、2007年8月15日付)
  3. ^ 本業はスポーツ評論家

関連項目[編集]

外部リンク[編集]