Wikipedia:脚注過剰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多分、この分量を一つの脚注につけるのはやりすぎです。

ウィキペディア検証可能性を重視します。つまり、反証されうる情報や出典からの直接の引用に関しては、ウィキペディア外部の検証可能な出典を付けなければなりません。

脚注の付記は検証可能性の向上に役に立ちます。しかし逆に、あまりに多くの注釈を付けると読者の混乱を招き、記事の見た目が悪くなります。また、あまりに多すぎる注釈は編集の邪魔になります。他の出典で述べられていることを単に繰り返しているだけの記述は、そのページの読みやすさを損ないます。

例えば“山田太郎は日本の学者[1][2][3][4][5]であり……”といったような過剰な出典は、非常に読み難いです。

「脚注過剰」を引き起こす原因の一つは編集合戦です。著しいケースでは、対立する編集者に対して自分の論点を補強したりする目的で、一つの単語に対して15以上の脚注が付くこともあります。

しかし、過剰な脚注はそのページの読みやすさを損ないます。すべてのウィキペディアのページは読まれるためにあります。読み辛いページは、読者に対して検証に足る情報を与えられず、むしろ、記事の検証可能性を損ないます。もし脚注が無かったら、検証可能性を担保することはできません。しかし、大抵の場合、注釈は1文につき1つで十分です。オンラインの情報源のリンク切れへの対処や、ある事柄が幅広く支持されていることを示す目的のためであっても、2つか3つの注釈で充分なのです。それ以上の注釈は、記事の読みやすさを考え避けるべきです。

過剰な脚注は、記事の読みやすさを損なうだけではなく、他のウィキペディア編集者に対して特筆性に関する疑問を持たせる原因ともなります。経験の少ない編集者がウィキペディアの特筆性の基準に満たない記事を載せようとするとき、出典の量で他の編集者を圧倒しようとすることがあるためです。このような記述は、ウィキペディア上での経験を積んだ編集者に対して、より注意深い検証を必要とするというメッセージとなり得ます。

明らかな事実に対して注釈を付けること[編集]

ある記事を良質な記事秀逸な記事へ推薦しようとしている編集者が、基本的な事実に対して注釈をつけることがあるかもしれません。例えば、“…空は青い[1]…” といったように。 このような脚注の付与は、その編集者自身の観点からは良いことのように思われるかもしれません。しかし、ウィキペディアにおける常識を適用するならば、空が青いということに対して出典を付ける必要はありません。

どうやって過剰な脚注を整理するか[編集]

もし、一つの情報に対して6つの注釈があり、最初の3つは信頼に足る情報であり(例えば学術論文のような)、残りの3つがいくらか弱いものであった場合には(例えば地方のニュースレターのような)、信頼性の低い方から情報源を除去していくべきです。

もし複数の出典がどれも信頼性において差のないものであった場合に脚注の数を減らすための良い方法は、出典の組み合わせが適切なものになるようにすることです。例えば、6つの出典が2つの本、2つの記事と2つの百科事典の記事で構成されていた場合、それぞれから1つずつ選んで3つに減らす、というように除去しましょう。

コンピュータやテクノロジーに関係した分野の記事など、速く変化する分野においては、情報源ができるかぎり最新のものであることが望ましいです。そのため、古い注釈は取り除かれるべきです。

多くの主題において、ある情報源は公式なものか権威を認められたものである一方、他のものはそれらの解釈、要約や意見に過ぎない場合があります。例えば、企業のウェブサイトは、本社の所在といった件に関しては、おそらく公的で異論の出ない情報源だと考えられます。だから、その件に関しては新聞記事を引用する必要はありません。またW3Cの規格書は、定義上、HTMLやCSSの規格に関する最も信頼できる情報であり、サードパーティのウェブ制作会社のチュートリアルは必要ありません。

文全体や段落が、特定の出典を引くだけで十分であるように文章を構築し、一文が複数の情報源を必要とするような文章構成は避けてください。

脚注[編集]

  1. ^ a b 例示のためのダミー1
  2. ^ 例示のためのダミー2
  3. ^ 例示のためのダミー3
  4. ^ 例示のためのダミー4
  5. ^ 例示のためのダミー5

[編集]

関連項目[編集]