Wikipedia:空が青いということに出典は要らない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
これらに出典が必要ですか?

検証可能性はウィキペディアの重要で核となるガイドラインです。記事内容は、学術的論文で提示されたか広く世に知られた視点にウィキペディアが調和していることを示す資料を提示するために必要な場合はいつでも、信頼できる情報源に裏づけられていなければなりません。そのような出典は百科事典の改善に役立ちます。

しかしながら、多くの編集者は出典のガイドラインをウィキペディアの情報を検証する手段としてというより、編集合戦における特定の視点を強制したり、補強したり、あるいは疑問を投げかける道具であるかのように誤解しています。このことは、避けたほうが良い妨害的な編集英語版の幾通りかの軽症例に結びつく場合があります。理想としては常識は常に適用されますが、これが非現実的であることをウィキペディアの沿革が示しています。そこで、この私論では実用的な助言を提供します。

衒学的主張、及び他の啓蒙的議論[編集]

編集者は往々にして、その題材が何らかの方法で検証を必要とするからではなく、単にその題材を嫌っているか別の題材を好むがゆえに、出典を要求することがあります。例えばある編集者は、大半の人々は手のそれぞれに5本の指があるということに出典を要求しました(えぇ、これは本当にあったことです)[1]。 他には、空の色は実際には青色と言うよりむしろ淡緑青色であると分光分析やカラーチャートといった検証を取り揃えてこれが実際に正しいことを実証し、空は実際に青いという元の記述のために他の編集者が同等の信頼できる情報源を提供することを要求することを決意するかもしれません。この類の衒学的な主張が有用かつ必要な場合もありますが、多くの場合それは単に破壊的であり、明白に一目瞭然であって一般的に受け入れられているので記述を検証する必要はないことを単純に指摘するだけで対処することができます。他の方針とガイドラインに従って記事に含めるに値する代替案ならば、もちろん含めるべきです。しかし出典に示されている以上の著しさを与えることはできません。

タグ過剰[編集]

ウィキペディアには検証を必要とする記事にタグを付けるための、特定の行のためのインラインテンプレートや章のテンプレート、記事のテンプレートといったいくつかのテンプレートがあります。Wikipedia:Template メッセージの一覧を参照して下さい。時に編集者は記事を見返して、いくつかの記事のタグや章のタグと共に数十ものインラインタグを追加し、記事を本質的に読めないものにすることがあります。概して、インラインタグが2つか3つより多い場合はこれを除去して章のタグに変更するべきであり、章のタグが2つより多い場合はこれを除去して単一の「複数の問題」タグに変更するべきです。タグの付いた章が2つか3つより多い場合は、これらのタグは除去して記事全体をタグ付けするべきです。

「要検証」タグは腕ずくで解決する方法として用いるべきではありません。これらのタグは問題の説明に必要な場合のみ使用し、問題の詳細はノートで議論して下さい。

出典過剰[編集]

出典は、利用可能な出典の量ではなく、それらが記事にもたらす特質によって評価されるべきです。最初の1つか2つ目の出典は視点を補強するのに有用ですが、それ以上の出典は理屈っぽくなってきます。出典の目的は、他の編集者にそのアイディアの強度を証明することではなく、提示されたアイディアを確認できる外部の出典に利用者を誘導するためであることに留意して下さい。同じアイディアに対する余分の出典は、本文中に明示的に引用するのではなく、記事の最後にある「関連項目」や「参考文献」、「外部リンク」などの章に追加されるべきです。

脚注[編集]

関連項目[編集]