Wikipedia:特筆性 (フィクション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Wikipedia:独立記事作成の目安
分野別ガイド
書籍

フィクション
音楽
組織と企業
人物

ウェブページ

ウィキペディアには記事を書く際のルールがあり、それはフィクション作品に関する記事を立項する場合においても例外ではありません。ここではどのガイドラインを参照すればフィクション記事を問題なく立項できるかをまとめています。

本稿の詳細[編集]

このページの初版は英語版を元にした草案として作成されました。しかし、草案は見送られ今ではフィクションに関するガイドラインをまとめる私論となっています。以降のガイドラインはウィキペディア上に立項されたフィクションの記事をそのままにするのか、統合するのか、削除するのかを決める際の助けになるでしょう。

フィクションには書籍、TVシリーズ、映画、コンピュータゲーム、ロールプレイングゲームなどを含みます。

ウィキペディアにおけるフィクションとガイドライン[編集]

Wikipedia:独立記事作成の目安
フィクションに限らず、ウィキペディアの記事は第三者情報源に基いて書かれていなければなりません。そのため、記事には主題とは無関係な信頼できる二次情報源からの言及が含まれている必要があります。「百科辞典的な紙面」のポテンシャルが一つの記事の「推奨された長さのガイドライン」に抵触するならば子記事や一覧が作られますが、出典に第三者情報源が求められるのは子記事においても同様です。
Wikipedia:ウィキペディアは何ではないか
ウィキペディアは事典を作るプロジェクトであり、あらすじのみを収集する場ではありません。ウィキペディアの記事においては、作品について説明するという観点からあらすじの解説は単なる要約ではなく合理的に短く保たれるべきです。一般的にあらすじの解説がそれ自体で一つの長いページではなく、主記事の一部のままで残されていれば適切です。
Wikipedia:スタイルマニュアル (フィクション関連)
ウィキペディアにおいてフィクションは明確に区別されているべきであり、現実世界との繋がりと出典を元にした分析が含まれていなければなりません。作品の内部情報だけではなく作品の業績・インパクトや歴史的な影響についても説明してください。
プロジェクト:フィクション/登場人物と設定の記述
一般的に架空の人物(および場所、概念、他)はその作品記事や一覧記事の範囲内でカバーされているのが通常です。しかし、それらが著名であることが検証可能であり、記事を長大にする原因となるならば、解説のために個別の記事が与えられます。著名でない人物は「登場人物一覧」として短い説明に統合されなければなりません。
Wikipedia:リダイレクト
作品記事や一覧記事へ向けて、特筆性のない架空の人物(および場所、概念、他)のリダイレクトを置くことは有用です。

ウィキブックスとウィキソースを活用しましょう[編集]

ウィキペディアの姉妹プロジェクトウィキブックスには技術・教育関連のテキストがあります。その中にはフィクションの注釈された記事も含まれて(Wikibooks:annotated texts bookshelf)おり、教室や個人での学習に使えます。

ウィキソースにも同様にオリジナルなパブリックドメインおよびGFDLの出典文章があります。 Wikisource:Wikisource and Wikibooksを参照してください。

いくらかのフィクションに対して成功している可能なやり方の一つに全てのプロジェクトを組み合わせて利用する手があります:フィクション作品の簡潔なあらすじをウィキペディアで記述し、章ごとの詳細はウィキブックスにて注釈し、(もしその作品がパブリックドメインであったら)文章全体はウィキソースに載せ、インターウィキリンクでそれらを結びつけます。

関連するウィキプロジェクト[編集]