Turion 64 X2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Turion X2, Turion 64 X2
Turion64-X2.jpg
Turion 64 X2
生産時期 2006年から
生産者 AMD
CPU周波数 1.6 GHz から 2.3 GHz
HyperTransport帯域 1.6 GT/s から 3.6 GT/s
プロセスルール 90 nm から 65 nm
命令セット x86, AMD64
MMX, Extended 3DNow!
SSE, SSE2, SSE3, AMD-V
マイクロアーキテクチャ K8L
コア数 2
ソケット Socket S1
コードネーム Taylor
Trinidad
Tyler
Lion
テンプレートを表示

Turion™ 64 X2 (テュリオン ろくじゅうよん エックス ツー、テュリオン シックスティフォー バイ ツー)は、AMDAMD-K8 アーキテクチャマイクロプロセッサ

また、本項では派生製品として廉価版でありOEM版でもあるAthlon™ 64 X2 Dual-Core for Notebooks(アスロン ろくじゅうよん エックス ツー デュアルコア フォー ノートブックス、あるいはアスロン シックスティフォー バイ ツー デュアルコア フォー ノートブックス)、並びに最廉価版でありOEM版でもあるSempron™ X2 Dual-Core for Notebooks(センプロン エックス ツー デュアルコア フォー ノートブックス、あるいはセンプロン バイ ツー デュアルコア フォー ノートブックス)についても併せて記述する。

概要[編集]

Turion™ 64 X2 は「Turion 64」の後継製品として2006年5月17日(米国時間)に発表された AMD のモバイル向け CPU のブランドである。

AMD64」、仮想化技術「AMD Virtualization」、省電力技術「PowerNow! Technology」、「DDR2 メモリ」 (DDR2-667/533/400) に対応し、前日の16日(米国時間)に発表された Socket AM2版の「Athlon 64 X2」と同等の機能を持つ。

638 ピンの Socket S1 プラットフォームに対応し、従来製品の「Turion 64」とは互換性が無い。一部のメーカー製ノートPCで採用がされている他、CPU 単体でのリテール販売もされている。しかし Socket S1 プラットフォームに対応したマザーボードAxxtend Technology が組込用途向に Mini-ITX 規格のマザーボードを発表したのみで、一般には流通していない。

後継製品は Turion X2 Ultra である。

製品[編集]

Turion 64 X2/Athlon 64 X2 Dual-Core for Notebooks[編集]

  • 2 コア統合パッケージ
  • L1 キャッシュ: 64 + 64 KiB (命令 + データ) 各コア独立
  • L2 キャッシュ: 512 KiB または 256 KiB
  • MMX, Extended 3DNow!, SSE, SSE2, SSE3, AMD64, PowerNow!, NX bit, AMD-V
  • HyperTransport: 800 MHz (1600 MT/s, 10.7 GB/s CPU-RAM + 6.4 GB/s CPU-I/O transfer rate)
  • コア電圧: 1.07 V, 1.075 V, 1.1 V, 1.125 V
  • 対応ソケット: Socket S1(g1)

Trinidad & Taylor (90 nm SOI)[編集]

リリース: 2006年5月17日

モデル ナンバー 動作周波数 L2 キャッシュ TDP
Turion 64 X2 TL-64 2.2 GHz 512 KiB × 2 35 W
Turion 64 X2 TL-60 2.0 GHz 512 KiB × 2 35 W
Turion 64 X2 TL-56 1.8 GHz 512 KiB × 2 33 W
Turion 64 X2 TL-52 1.6 GHz 512 KiB × 2 31 W
Turion 64 X2 TL-50 1.6 GHz 256 KiB × 2 31 W

Tyler (65 nm SOI)[編集]

モデル ナンバー 動作周波数 L2 キャッシュ TDP
Turion 64 X2 TL-68 2.4 GHz 512 KiB × 2 35 W
Turion 64 X2 TL-66 2.3 GHz 512 KiB × 2 35 W
Turion 64 X2 TL-64 2.2 GHz 512 KiB × 2 35 W
Turion 64 X2 TL-62 2.1 GHz 512 KiB × 2 35 W
Turion 64 X2 TL-60 2.0 GHz 512 KiB × 2 35 W
Turion 64 X2 TL-58 1.9 GHz 512 KiB × 2 31 W
Athlon 64 X2 TK-57 1.9 GHz 256 KiB × 2 31 W
Turion 64 X2 TL-56 1.8 GHz 512 KiB × 2 31 W
Athlon 64 X2 TK-55 1.8 GHz 256 KiB × 2 31 W
Athlon 64 X2 TK-53 1.7 GHz 256 KiB × 2 31 W
Athlon 64 X2 TK-42 1.6 GHz 512 KiB × 2 20 W

リビジョンについて[編集]

明記される事は少ないがSocketS1にはg1、g2、g3、g4の各リビジョンが存在し、物理的な互換性はあるものの電気的な互換性は無く、リビジョンが異なると基本的に認識しない。

モデルナンバーとの関係は以下のとおり。

SocketS1g1・・・TL-xx / TK-xx / MK-xx (Turion 64 X2 世代)
SocketS1g2・・・RM-xx / ZM-xx (Turion X2 Ultra世代)
SocketS1g3・・・Mxxx (Turion II/Turion II Ultra世代)
SocketS1g4・・・Pxxx / Nxxx (Phenom II世代)

List of AMD Turion microprocessors - Trionシリーズ一覧 (英語版Wikipedia)

外部リンク[編集]