AMD Phenom

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Phenom
生産時期 2007年から
販売者 AMD
設計者 AMD
生産者 GLOBALFOUNDRIES
CPU周波数 1.8 GHz から 2.6 GHz
HyperTransport帯域 3.2 GT/s から 4.0 GT/s
プロセスルール 65nm
命令セット AMD64
Extended 3DNow!, SSE3, SSE4a
マイクロアーキテクチャ K10
コア数 3, 4
ソケット Socket AM2+
コードネーム Agena
Toliman
テンプレートを表示

Phenom (フェノム)は、AMD が発表したマイクロプロセッサ製品のブランドの一つ。

PhenomはAMD K10 マイクロアーキテクチャに基づいたデスクトップ用プロセッサで、米国時間2007年11月19日に発表された。名前の由来は「驚異的な・目を見張る」といった意味の「Phenomenal」より。稀に「ペノム」とも呼称されるが、正しくは「フェノム」である[1]。2009年1月より Phenom II を発売した。

登場までの経緯[編集]

Intel の Core 2 Quad によるクアッドコア ブームの折、AMD にも早急にクアッドコア CPU の発売が求められていた。Kentsfield がデュアルコアの 2ダイによる「なんちゃってクアッドコア」(インテル日本法人担当談)[2]であるのに対し、Phenom は 4つのコアを 1ダイに収めた「真のクアッドコア」「ネイティブクアッドコア」である点を強調。「Are you "ネイティブ"?」のキャッチコピーで、対抗感を滲ませていた[3]

当初はクアッドコア製品が「Phenom X4」、デュアルコア製品が「Phenom X2」と名付けられていた。しかし、出荷直前の2007年9月に急遽トリプルコア製品をラインナップに加えると発表し、クアッドコア製品は「Phenom 9000」、トリプルコア製品は「Phenom 8000」、デュアルコア製品は開発中止となり、代わりに「Athlon X2 7x50」 (Kuma) が発表された。

この世界初の x86 トリプルコア採用 CPU はPhenom 9000 シリーズのコアを 1個無効化したものとされ、歩留まりが向上すると共に価格や消費電力が低下する点をセールスポイントとした。

発売後の現状[編集]

後発だけあって Core 2 Quad の対抗馬として大きく注目され、発売後は各種メディアでベンチマーク比較が数多く行われたが、その結果 Core 2 Quad を超えるものではないとする評価が多勢を占めた。要因としては、完全なマルチスレッド処理となっているアプリケーションやゲームがまだ僅かしかなく、Phenom が得意とする処理は従来プログラマーにとって避けるべき処理とされていたことや[4]、絶対的なクロック数の低さ、消費電力の高さなどが挙げられている。これにより、新製品にもかかわらず高値を付けることができず、TLB のエラッタ(後述)が発覚してからは更に値が下がる窮状となった。なお、このエラッタが解消された2008年3月からは、再び Phenom 9000 が Phenom X4 9000 に、Phenom 8000 が Phenom X3 8000 に改称された。

TLBのエラッタ問題[編集]

K10 マイクロアーキテクチャでの最初のリビジョンである B2 では、全 CPU モデルで L2 キャッシュの不具合が原因で、L3 キャッシュ内容が特定の条件で破壊されるという、エラッタの存在が公表されている。L2 / L3 キャッシュと Translation Lookaside Buffer (TLB) に関わる問題であり、最悪の場合、OS がフリーズしたりデータが破損したりする可能性があるが、通常使用によるエラッタによっての問題の発生確率は低い[5]

このエラッタを回避するには、BIOS や OS によってモデル固有レジスタ (MSR; Model Specific Register) の設定で TLB のキャッシュを無効化するしかないが、TLB のキャッシュを無効化した場合はアプリケーション レベルで性能が 5% から 10% 低下する[5]。このエラッタは同じ K10 マイクロアーキテクチャを採用する Opteron でも発生し、Barcelona の一時販売停止から大量出荷の延期に繋がると共に、高価格で販売できる新製品の出足を挫いた。

Phenom の発売後まもなく TLB のキャッシュを無効化するための MSR の変更を行うコードを含んだ BIOS や OS での対策が始まり、2008年3月からはエラッタを解消した B3 ステップが順次発売されている。通常、ステッピングの更新でモデルナンバーが変更されることはないが、B3 ステップの Phenom はモデル ナンバーが 50 増加しており異例の差別化が図られた。

ラインナップ[編集]

Phenom X4[編集]

Agena (65nm SOI)[編集]

  • 4コア統合パッケージ
  • L1 キャッシュ: 64 + 64 KiB 各コア独立
  • L2 キャッシュ: 512 KiB 各コア独立
  • L3 キャッシュ: 2048 KiB 全コア共有
  • Extended 3DNow!, SSE3, SSE4a, AMD64, Cool'n'Quiet, NX bit, AMD-V
  • 対応ソケット: Socket AM2+

Phenom X3[編集]

Toliman (65nm SOI)[編集]

  • 3コア統合パッケージ
  • L1 キャッシュ: 64 + 64 KiB 各コア独立
  • L2 キャッシュ: 512 KiB 各コア独立
  • L3 キャッシュ: 2048 KiB 全コア共有
  • Extended 3DNow!, SSE3, SSE4a, AMD64, Cool'n'Quiet, NX bit, AMD-V
  • 対応ソケット: Socket AM2+

一覧[編集]

モデル 動作周波数
(GHz)
L2 キャッシュ
(KiB)
L3 キャッシュ
(MiB)
ステッピング TDP
(W)
HyperTransport
発売時期
Phenom X4 9000 シリーズ (Agena)
Phenom X4 9950 Black Edition 2.60 512 x 4 2.0 B3 140/125 2000 MHz
(4000 MT/s)
2008年7月/9月
Phenom X4 9850 Black Edition 2.50 512 x 4 2.0 B3 125 2000 MHz
(4000 MT/s)
2008年3月
Phenom X4 9750 2.40 512 x 4 2.0 B3 125/95 1800 MHz
(3600 MT/s)
2008年3月
Phenom X4 9650 2.30 512 x 4 2.0 B3 95 1800 MHz
(3600 MT/s)
2008年4月
Phenom 9600 2.30 512 x 4 2.0 B2 95 1800 MHz
(3600 MT/s)
2007年11月
Phenom 9600 Black Edition 2.30 512 x 4 2.0 B2 95 1800 MHz
(3600 MT/s)
2007年12月
Phenom X4 9550 2.20 512 x 4 2.0 B3 95 1800 MHz
(3600 MT/s)
2008年4月
Phenom 9500 2.20 512 x 4 2.0 B2 95 1800 MHz
(3600 MT/s)
2007年11月
Phenom X4 9350e 2.00 512 x 4 2.0 B3 65 1800 MHz
(3600 MT/s)
2008年7月
Phenom X4 9150e 1.80 512 x 4 2.0 B3 65 1600 MHz
(3200 MT/s)
2008年7月
Phenom X4 9100e 1.80 512 x 4 2.0 B2 65 1600 MHz
(3200 MT/s)
2008年4月
Phenom X3 8000 シリーズ (Toliman)
Phenom X3 8850 Black Edition 2.50 512 x 3 2.0 B3 95 1800 MHz
(3600 MT/s)
2008年10月
Phenom X3 8750 2.40 512 x 3 2.0 B3 95 1800 MHz
(3600 MT/s)
2008年4月
Phenom X3 8700 2.40 512 x 3 2.0 B2 95 1800 MHz
(3600 MT/s)
2008年3月
Phenom X3 8650 2.30 512 x 3 2.0 B3 95 1800 MHz
(3600 MT/s)
2008年4月
Phenom X3 8600 2.30 512 x 3 2.0 B2 95 1800 MHz
(3600 MT/s)
2008年3月
Phenom X3 8450 2.10 512 x 3 2.0 B3 95 1800 MHz
(3600 MT/s)
2008年4月
Phenom X3 8450e 2.10 512 x 3 2.0 B3 65 1800 MHz
(3600 MT/s)
2008年9月
Phenom X3 8400 2.10 512 x 3 2.0 B2 95 1800 MHz
(3600 MT/s)
2008年3月
Phenom X3 8250e 1.90 512 x 3 2.0 B3 65 1800 MHz
(3600 MT/s)
2008年9月

脚注[編集]

  1. ^ ペノム【ぺのむ】 古田雄介&ITmedia アキバ取材班
  2. ^ “神様”切り返し、AMDクアッドコアは「張子のクアッドだ」”. Impress Watch. 2008年10月23日閲覧。
  3. ^ Phenomロゴが秋葉原をジャック「Are you“ネイティブ”?」”. Impress Watch. 2008年10月23日閲覧。
  4. ^ Phenom徹底分析(前):ネイティブクアッドコアに意味はないのか?”. 4Gamer.net. 2008年12月22日閲覧。
  5. ^ a b 西村 岳史. “Vista SP1でCPUの速度低下についてAMDがコメント:ニュース”. PC Online. 2008年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]