TUBE (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TUBE
튜브
監督 ペク・ウナク
脚本 ペク・ウナク
ピョン・ウォンミ
原案 キム・ヒョンワン
製作 ソ・ギョンソク
出演者 キム・ソックン
パク・サンミン
ペ・ドゥナ
音楽 ファン・サンジュン
撮影 ユン・ホンシク
配給 日本の旗 松竹
公開 韓国の旗 2003年6月5日
日本の旗 2004年11月6日
上映時間 116分
製作国 韓国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示
TUBE
各種表記
ハングル 튜브
漢字
発音 テュブ
題: Tube
(Tyubeu)[1]
テンプレートを表示

TUBE』(チューブ)は2003年製作の韓国映画。爆弾テロリストと刑事の対決を描くサスペンス映画

ストーリー[編集]

金浦空港で、政府の要人を狙うテロが起こった。激しい銃撃戦の中、駆けつけたチャン刑事(キム・ソックン)は、逃亡する一味を追うが、すんでのところで捕り逃がしてしまう。しかし、そのテロリストの中に、自分が以前護衛した要人が襲われたとき、恋人が殺され、自分も乱闘の末に指を詰める大怪我を負わせられた相手であるカン・ギテク(ソン・ビョンホ)がいたことが判明した。

もともと国家情報部の最精鋭秘密要員だったカン・ギテクは、政府から追放された後、要員を暗殺して手配中だ。新任市長団の地下鉄視察がある、カン・ギテクは、地下鉄を奪取して大型テロを敢行しようとする。これに感づいたスリ、インギョン(ペ・ドゥナ)の緊急な連絡を受けたチャン刑事は、問題の地下鉄への搭乗を試みる。

キャスト[編集]

裏話[編集]

この映画で舞台となっている「7103」という地下鉄車両の車体はソウル特別市都市鉄道公社7号線で使われているソウル特別市都市鉄道公社7000系電車の7003編成(7103は正確には編成の先頭制御車(Tc))を使って撮影しているが、車内及び一部の車外は他車及びセットである。また、一部では釜山地下鉄2号線の車両も使われた。実車にはソウルメトロ所属車のような枕木方向のLED案内表示機はない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 튜브 (チューブ) KMDb 2011年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]