Rez

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Rez


Rez
ジャンル ミッドナイト・ハイ・シューティング
対応機種 PlayStation 2
ドリームキャスト
開発元 ユナイテッド・ゲーム・アーティスツ
発売元 セガ
人数 1人
メディア [PS2]CD-ROM1枚組
[DC]GD-ROM1枚組
発売日 [PS2/DC]2001年11月22日
[PS2 the Best]2003年7月10日
デバイス [PS2]トランスバイブレーター
テンプレートを表示
Rez HD
ジャンル ミッドナイト・ハイ・シューティング
対応機種 Xbox 360
開発元 Q ENTERTAINMENT
ヘキサドライブ
発売元 Q ENTERTAINMENT
人数 1人
メディア ダウンロードコンテンツ(Xbox Live Arcade
発売日 2008年1月30日
テンプレートを表示
トランスバイブレーター

Rez』(レズ)は、2001年11月22日に発売されたセガPlayStation 2ドリームキャストゲームソフト。セガのPS2参入第1弾タイトルでもある 。開発はユナイテッド・ゲーム・アーティスツ。プロデューサーは水口哲也2008年1月30日Xbox 360版『Rez HD』がXbox Live Arcadeで配信開始された。

概要[編集]

CMでのキャッチコピーは「うって、ノッて、絶頂へ。」ジャンルはミッドナイト・ハイ・シューティングと呼ばれ、シューティングゲーム音楽ゲームの要素を合わせたようなゲームである。

画面はワイヤーフレームで構成された電脳空間となっており、敵となるウイルスをロックオンしレーザーを発射(コール)しターゲットを破壊(レスポンス)する(操作体系としては同社販売のパンツァードラグーンに似る)。 このコールとレスポンスの効果音がパーカッションの音になっており、連続でウイルスを撃破することにより効果音はリズムになる。効果音の数はステージ(AREA)内の一定区間(レイヤーと呼ぶ)が進行するにつれ増えていき多彩になる。

プレーヤーの動き、映像、効果音、振動(下記のバイブレーターを使用した場合)はシンクロし、操作が上達してくるにつれ独特のグルーヴ感が生まれ、効果音はテクノミュージックのようになり、プレイヤーに対して陶酔感を生み出すようになっている。 これは、コンセプトである「共感覚」の視覚、聴覚、触覚にそれぞれ反映されたものである。レイヤーの最後にはボスとなるファイアーウォールがあり、これを破壊すればクリアとなる。

シューティングゲームとしての他の要素は、ライフが自機のレベルアップを兼ねており、アイテムを取得していくと自機の姿および、ロックオンレーザーのエフェクトが変わってライフが増加する。 レーザー以外にも、ボンバーとして「Over Drive」が用意されている。一部モードでは敵をまとめてロックし倒すことでスコアが大きく上昇する。各ステージ(Area)終了後は、敵の撃墜率やアイテム回収率などが集計される。

また、このゲーム専用のPS2用周辺機器としてトランスバイブレーターが発売されている。Xbox 360版ではプレイに使用するコントローラ以外にコントローラを接続することでトランスバイブレーターとして使用できる。

本作の先進的なゲームデザインはGame Developers Choice Awardsを初めとして、様々な賞を獲得している。

参加アーティスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]