Real Virtuality

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Real Virtualityは、Bohemia Interactive Studio (BIS) 社が開発したゲームエンジンである。

概要[編集]

当初はPoseidonと呼ばれており、現在でも内部的なコードネームとして時々そう呼ばれるという。1997年に作られたPoseidonのエンジンデモ、「Dawn of Flashpoint」は現在でも公開されている[1]

グラフィック・物理学・スクリプティング・ユーザインタフェースなどを担うゲームエンジンであり、Bohemia Interactive Studio社が開発した作品の殆どに採用されている。大きく分けて三つの世代がある。

Real Virtuality 1[編集]

DirectX 7に最適化されている。内蔵スクリプティング言語のコマンド数は350程度である。

採用作品

Real Virtuality 2[編集]

DirectX 9.0c (Shader Model 2.0) に最適化され、HDRレンダリングに対応した。また、リアルタイムデータストリーミングやサテライトテクスチャに対応している。新たに400程度のスクリプティングコマンドが追加された。

採用作品

Real Virtuality 3[編集]

Micro AI機能の追加に伴い、マルチコアCPUに対応する。また、動的会話システムが内蔵される。DirectX 9.0c (Shader Model 3.0) に最適化され、視差マッピングや半球ライティングに対応する。スクリプティングコマンドも新たに複数が追加される。

採用作品
  • VBS2 v2.0 (2012年)

Real Virtuality 4[編集]

採用作品

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]