Virtual Battlespace

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Virtual Battlespace(VBS)は、アメリカ海兵隊アメリカ陸軍オーストラリア国防軍英国防省など世界各国の軍事機関で採用されているWindows用の軍事教練用シミュレータFPSゲームArmA: Cold War Assault (Operation Flashpoint: Cold War Crisis) 及びArmA: Armed Assault (ArmA) 、ArmA2から派生したソフトウェア、いわゆるシリアスゲームの一種である。

概要[編集]

主な開発元はBohemia Interactive Australia (BIA) 及びBohemia Interactive Simulations(BISim)である。これはOperation Flashpoint: Cold War Crisis (OFP: CWC) を開発した事で知られるチェココンピュータゲーム開発会社、Bohemia Interactive Studio (BIS) の分社である。世界各国の軍事機関向けに軍事訓練シミュレーションプログラムであるVirtual Battlespace (VBS) を開発・販売しており、2002年にOFP: CWCのエンジンを元に開発されたVBS12007年にArmAのエンジンを元に開発されたVBS2をリリースしている。またVBS2は2012年のアップデート(v2.0)にてエンジンがArmA2ベースのものに更新された。 VBSの成功は軍事用シミュレータとゲーム技術の融合の具体例の一つである。

VBSはVirtual Battlespaceの略(VBS1の開発当初はVirtual Battlefield Systems 1と呼ばれていた)であるが、製品名ではVBS1・VBS2として販売されている。一般にもオンラインで販売されているが、一般市場向け製品にはないシミュレータとしての要素や機能が複数追加されている為、OFPやArmAといった一般市場向け製品と比べるとずっと高価である(イギリスでの店頭価格でOperation Flashpoint: Game of the Year Editionが9.99ポンド(約20ドル)、ArmA: Armed Assault Gold Editionが希望小売価格29.99ポンド(約60ドル)であるので対し、VBS1は150~780ドル、VBS2は1500ドルである)。

訓練用シミュレータとしては、連邦、州、地方政府機関などの、 統合的な戦術訓練および各種緊急対応訓練用として設計されている。 ArmAシリーズ由来の広大なマップ仕様、強力かつ優れたミッションエディタ機能、各種アドオン仕様により、 様々なシミュレーションシナリオを容易に追加していくことができ、 更にはVBS独自のレビュー機能などにより結果の解析も行えるというのも大きな売りとされている。

元となったArmA: Cold War Assault (Operation Flashpoint: Cold War Crisis)ArmA: Armed Assaultと比べると基礎仕様にも変化があり、UIの改善や、状況識別に役立つ類の演出の追加に加え、 AIの挙動、プレイヤーキャラの性能などがよりリアルに設定されている。


効果[編集]

シミュレータが本物の訓練を完全に代替できない事は言を待たないが、意味のある事とされる。すでに軍隊でも航空機操縦など様々な分野でシミュレータを使った訓練がおこなわれている。諸費用を省け、事故を回避できるシミュレータの需要は高く今後発展して行く分野と言えるだろう。また実際に撃ったり撃たれたりをする体験は難しい。しかしながら、昨今のゲームにみられるあまりにリアルすぎる映像による訓練はかえって被訓練者の認識を阻害するなどの点も指摘されておりバランスが肝要とされる。VBS2においてはモデルのクオリティなどを同社のArmA2などと比べて落とすことにより容量の削減、動作の軽量化などとともにこの点に対応している。

VBS2 Lite[編集]

VBS2 Liteとは、幾つかのマップやユニット、シミュレーションシナリオの収録されたVBS2の機能制限版であり、各々オンラインの半公式コミュニティなどから 無料にてダウンロード、使用ができるソフトウェアとなっている。 英国軍のリクルート用などとしても配布されていた、英国陸軍仕様のVBS2 JCOVE Lite、米国陸軍仕様でマップにアフガニスタンが追加されたVBS2 USArmy Liteが存在している。 機能制限としてはネットワークプレイがLANに制限されていたり訓練仕様としての重要機能であるレビュー機能などが使用不可となっている部分である。 しかしながら別の重要機能であるミッションエディタについては全機能用いることが出来、 ユーザーはこれによりシミュレーションシナリオを制作していくことが出来る。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]