Bohemia Interactive Studio

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Bohemia Interactive Studio (BIS) は、チェコプラハに本拠を置くコンピュータゲーム開発会社。代表作であるArmA: Armed Assaultシリーズの技術を利用し関連会社が軍事機関向けシミュレータを開発・販売している。

概要[編集]

1999年に設立した会社で、Windows用の戦場シミュレーションゲーム軍事FPS)の開発元(デベロッパー)として知られる。代表者はMarek Španěl。会社の敷地内にはコレクションの軍用車両がある。

2001年に代表作である「Operation Flashpoint: Cold War Crisis」 (OFP: CWC、ArmA: Cold War Assault) 、2006年には後継作品に当たる「ArmA: Armed Assault」 (ArmA) をリリースしている。

OFPの発売元(パブリッシャー)はイギリスCodemasters社であり、OFP用の拡張パックGold Upgrade(日本ではRed Hammer)で追加されたRed Hammerキャンペーンについては同社が開発した。ArmAの発売元は世界規模ではイギリスの505 Games社だが、国や地域よっては他の会社が行っており複数に分かれている。ArmAの世界的な題名はArmA: Armed Assaultだが、北米での題名はArmA: Combat Operationsであり内容も僅かに異なる。

2009年にリリースした「ARMA 2」は、BISにとってOFP: CWCの完全な続編という位置付けであり、以前は「Game 2」と呼ばれていたプロジェクトである。Codemasters社は、「Operation Flashpoint: Dragon Rising」 (OFP: DR) と呼ばれるOFP: CWCの続編を独自に開発しているが、これにBISは関与していない。

2011年にはARMA 2のエンジンをベースに、ヘリのフライトシミュレータとして変更、拡張を行った「Take On Helicopters」をリリースしている。

また、BISはSF RTS「Carrier Command: Gaea Mission」をBlack Element Software社(BISと同じくIDEA Games[1]のメンバー)と共同開発するとしており、パソコンと家庭用ゲーム機向けに2012年のリリースを予定している。この作品は1988年AmigaAtari ST向けに発売された「Carrier Command」のリメイクである。現在はプレオーダー購入のユーザーを対象にβテストが行われている。

開発作品[編集]

Operation Flashpoint: Cold War Crisis (ArmA: Cold War Assault)[編集]

  • Operation Flashpoint: Cold War Crisis (OFP本体)
  • Operation Flashpoint: Gold Edition (OFP本体+拡張パックGU)
  • Operation Flashpoint: Resistance (拡張パックRES)
  • Operation Flashpoint: Game of the Year Edition (OFP本体+GU&RES)
  • Operation Flashpoint: Elite (Xbox版)
  • ArmA: Cold War Assault (OFP本体+RES+バージョン1.99アップデート、及びタイトル変更)

ArmA: Armed Assault[編集]

  • ArmA: Armed Assault (ArmA本体) / ArmA: Combat Operations (北米仕様)
  • ArmA: Queen's Gambit (拡張パックQG)
  • ArmA: Armed Assault Gold Edition (ArmA本体+QG)

ARMA 2[編集]

  • ARMA 2(ArmA2本体)
  • ARMA 2: Operation Arrowhead(単体動作型拡張パックOA)
  • ARMA 2: Combined Operations(ArmA2本体+OA)
  • ARMA 2: British Armed Forces(アドオンパックBAF)
  • ARMA 2: Private Military Company(アドオンパックPMC)
  • ARMA 2: Firing Range(アンドロイドOS、iOS向けの射撃を中心とした内容のアプリ)

ARMA 3[編集]

  • ARMA 3(A3本体)

ARMA Tactics[編集]

  • ARMA Tactics

Take On Helicopters[編集]

  • Take On Helicopters

Carrier Command: Gaea Mission[編集]

  • Carrier Command: Gaea Mission

Bohemia Interactive Simulations(旧 Bohemia Interactive Australia)[編集]

Bohemia Interactive Australia (BIA) は、BISとデイヴィッド・ラゲッティー (David Lagettie) によって作られたオーストラリアの分社である。世界各国の軍事機関向けにWindows用の軍事訓練シミュレーションプログラム(シミュレータ)であるVirtual Battlespace (VBS) を開発しており、2002年に「VBS1」(OFP: CWCのエンジンを元に開発)、2007年に「VBS2」(ArmAのエンジンを元に開発)をリリースしていた。 現在は米国やチェコのオフィスも統合しBohemia Interactive Simulations (BISim) となっている。

VBSはVirtual Battlespaceの略(VBS1の開発当初はVirtual Battlefield Systemと呼ばれていた)であるが、製品名ではVBS1・VBS2として販売されている。一般にもオンラインで販売されているが、BISの一般市場向け製品と比べると高価である。

開発作品[編集]

VBS[編集]

  • VBS1
  • VBS2

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]