Crystal Space

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Crystal Space
開発元 Jorrit Tyberghein 他
最新版 2.0 / 2012年7月3日(2年前) (2012-07-03
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 3Dエンジン
ライセンス GNU LGPL
公式サイト www.crystalspace3d.org
テンプレートを表示

Crystal Space3Dアプリケーション開発のためのフレームワークであり、Jorrit Tyberghein がC++で開発した。最初の一般へのリリースは1997年8月26日[1]ゲームエンジンとしての利用が一般的だが、より汎用的なフレームワークとして各種3D視覚化に使うことができる。移植性が高く、Microsoft WindowsGNU/LinuxUNIXMac OS X で動作する。GNU Lesser General Public License でライセンスされたフリーソフトウェアであり、2003年2月にはSourceForge.netで Project of the Month に選ばれている[2]

オプションでOpenGL(全プラットフォーム)、SDL(SDLのある全プラットフォーム)、X11(UNIXおよびGNU/Linux)、SVGALib(GNU/Linux)を使える。オプションでNASMMMXを使ったアセンブリ言語ルーチンも使える。

設計[編集]

Crystal Space はオブジェクト指向のC++で書かれている。非常にモジュール性が高く、独立性のあるプラグイン群で構成されている。クライアントプログラムで OpenGL 3D レンダラなどのプラグインを使うには、Crystal Space の Shared Class Facility (SCF) に登録する必要がある。

機能[編集]

Crystal Space には、2Dグラフィックス、3Dグラフィックス、サウンド、衝突検出、ODEBulletを使った物理計算などのモジュール群がある。

  • グラフィックス:
  • メッシュオブジェクト:
    • プラグインベースのメッシュシステム
    • 三角形メッシュ(フレームと骨格のアニメーションをサポート)
  • 衝突検出と力学計算
    • ODEBulletによる力学計算
    • 完全な力学計算が不要な場合は、単純な衝突検出が可能

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]