GNU Mach

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GNU Mach
開発元企業 / 開発者 GNUプロジェクト
OSの系統 Unix系
開発状況 開発中
ソースモデル フリーソフトウェア
最新安定版リリース 1.4 / 2013年9月27日(13か月前) (2013-09-27
対応プラットフォーム IA-32
カーネル種別 マイクロカーネル
ライセンス GNU General Public License
ウェブサイト www.gnu.org - gnumach

GNU Mach(グヌー マーク)は、GNUプロジェクトにより開発されているマイクロカーネルタイプのカーネルMachマイクロカーネルに由来する実装の一つであり、同プロジェクトが開発するオペレーティングシステム (OS)、GNU Hurdのマイクロカーネルとして使用されている[1]。対応プラットフォームIA-32GNU General Public License (GPL) に基づくフリーソフトウェアとして公開されている。

歴史[編集]

GNU Hurdの初期のバージョンは、カーネギーメロン大学のMach 3.0上に行われていた。[2]

1994年、同大学はMachプロジェクトを終了、GNUプロジェクトもユタ大学のMach 4へと移行した。その後ユタ大学での開発も終了したため、Mach 4からさらに派生する形でGNU Machが開発された。最初の変更履歴は、トーマス・ブッシュネル英語版による1996年12月16日のものである(それ以前はユタ大学の研究者によるものだった)。[3][4][5]

2002年にはローランド・マクグラスにより、GNU Mach 1.2を元にデバイスドライバといくつかのハードウェアサポートをユタ大学のOSKitに置き換えることを目的にOSKit-Machブランチが行われた。GNUプロジェクトでは当初、GNU Mach 1.3リリース後はこのOSKit-Machを元にGNU Mach 2.0の開発を進めるとしていたが、その後のOSKitの開発停止を受け、2006年までにOSKit-Machの開発は放棄された。[6][7][8]

その後は長らくリリースが無かったものの、2013年9月27日に11年ぶりのリリースとなるGNU Mach 1.4が公開されている。[9]

リリース履歴[編集]

  • Version 1.0 : 1997年4月14日リリース
  • Version 1.1.1 : 1997年5月12日リリース
  • Version 1.1.2 : 1997年6月10日リリース
  • Version 1.1.3 : 1997年6月12日リリース
  • Version 1.2 : 1999年6月21日リリース
  • Version 1.3 : 2002年5月27日リリース
  • Version 1.4 : 2013年9月27日リリース

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]