GNAT Modified General Public License

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GNUロゴ

GNAT Modified General Public LicenseModified GPLGMGPL)は、Ada言語にあるジェネリック機能のために GNU General Public License から派生したライセンス。

変更点は以下の通り:

As a special exception, if other files instantiate generics from this unit, or you link this unit with other files to produce an executable, this unit does not by itself cause the resulting executable to be covered by the GNU General Public License. This exception does not however invalidate any other reasons why the executable file might be covered by the GNU Public License.

和訳は以下の通り:

特殊な例外として、このユニットから他のファイルでジェネリックをインスタンス生成したり、あなたが実行ファイルを作るためにこのユニットを他のファイルにリンクする場合、このユニット自体を原因としてその実行ファイルが GNU General Public License の対象とはならない。しかし、この例外は、その実行ファイルが他の理由で GNU Public License の対象となることを妨げない。

コンパイラディレクティブ pragma License (Modified_GPL); により、GNAT組み込みのライセンスチェック機能は Modified GPL を適用する。

関連項目[編集]