GLASS SKIN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GLASS SKIN
DIR EN GREYシングル
収録アルバム UROBOROS
B面 undecided
AGITATED SCREAMS OF MAGGOTS -UNPLUGGED-
凌辱の雨 (ver.LIVE)(初回盤)
リリース 2008年9月10日
ジャンル ロック
時間 16分56秒
レーベル FIREWALL DIV.
チャート最高順位
DIR EN GREY シングル 年表
DOZING GREEN
(2007年)
GLASS SKIN
(2008年)
激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
(2009年)
テンプレートを表示

GLASS SKIN」(グラス・スキン)は、日本のバンドDIR EN GREYが発売したメジャー22枚目のシングル。

概要[編集]

  • 7枚目のアルバム『UROBOROS』の発表に先駆けて発売された。また、同年5月に行われた国内ツアー『TOUR08 DEATH OVER BLINDNESS』でも発売に先駆けて演奏されている。
  • シングルは日本語詞で収録されているが、アルバム『UROBOROS』には全英詞で収録された。
  • 前作「DOZING GREEN」に続き、ライブ音源と過去の音源を再録した楽曲が収録されている。初回限定盤は特製の紙ジャケット仕様。イラストは小澄源太が手掛けている。初回盤には『UROBOROS』の試聴ライブチケットを獲得するためのパスワードが封入されている(後に試聴ライブは中止となる)。特典も前作「DOZING GREEN」同様、各店舗で異なる種類のステッカーが配られた。また、初回盤には「凌辱の雨 [LIVE]」が収録されている。
  • PVはすべてCGによる構成で、朽ちてゆく生き物と生誕する木々の様子が描かれている。また、巨大で分かりづらいが京の顔がCGで構成されている。PVの最後に登場するのは「シヴァ」。
  • この曲で2008年9月18日放送のNHK総合テレビMUSIC JAPAN』に出演。DIR EN GREYにとっては2001年末に「embryo」を同局の『ポップジャム』で演奏して以来、およそ7年ぶりのメディア露出となった。京の意向からか、歌詞テロップは彼らだけ表示されなかった。

収録曲[編集]

  1. GLASS SKIN
    作詞:京 / 作曲・編曲:DIR EN GREY
    ピアノの前奏から始まるアコースティックナンバーデスボイス、シャウトなどは一切使われておらず、そういった楽曲がシングルとして収録されたのは15枚目のシングル「かすみ」以来である。
    京としては珍しく、歌詞のテーマ(環境破壊について)を語った。
  2. undecided
    作詞:京 / 作曲:Die / 編曲:DIR EN GREY
    3枚目のアルバム『鬼葬』収録曲の再アレンジ版。エレキギターを廃し、終始アコースティックギター中心の構成になっている。原作と少し歌詞を変更したため、歌詞カードにも記載されている。
  3. AGITATED SCREAMS OF MAGGOTS -UNPLUGGED-
    作詞:京 / 作曲・編曲:DIR EN GREY
    20枚目のシングルとして発売された同楽曲を、ボーカルとピアノのみで再構築したもの。ピアノはただすけが担当。
  4. 凌辱の雨 [LIVE]
    作詞:京 / 作曲・編曲:DIR EN GREY
    2008年5月23日横浜BLITZで演奏されたもの。初回盤に収録。