TOUR04 THE CODE OF VULGAR〔ism〕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DIR EN GREY > ディスコグラフィ > TOUR04 THE CODE OF VULGAR[ism]
本来の表記は「TOUR04 THE CODE OF VULGAR[ism]」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
TOUR04 THE CODE OF VULGAR[ism]
Dir en grey の ライブ・ビデオ
リリース 2004年10月6日
時間 120分(本編)
60分(特典ディスク)
レーベル FIREWALL DIV.
チャート最高順位
Dir en grey 年表
BLITZ 5DAYS DVD-BOX
2004年
TOUR04 THE CODE OF VULGAR[ism]
2004年
AVERAGE FURY
2005年
テンプレートを表示

TOUR04 THE CODE OF VULGAR[ism] 』(ツアー04 ザ・コード・オブ・ヴァルガリズム)はDir en greyのライブDVD。2004年10月6日発売。

解説[編集]

  • 2003年9月発売の4thアルバム『VULGAR』の楽曲を軸とした2度目のライブツアーで、スタンディング会場を中心とした「TOUR04 THE CODE OF VULGAR[ism]」の最終公演にあたる4月24日、25日のZepp Tokyoでのライブを収録したDVD。
  • 初回生産限定盤と通常盤の2形態で発売。それぞれジャケット違いの他、初回限定生産盤は特典ディスクが付いた2枚組仕様となっている。特典ディスクの内容は、全国ホール会場を中心とした「VULGAR」最初のライブツアー「TOUR03 OVER THE VULGAR SHUDDER」のライブ映像と、「TOUR04 THE CODE OF VULGAR[ism]」のダイジェスト及び同ツアーの岐阜モダンカフェでの映像、「INCREASE BLUE」「AMBER」のライブPVとなっており、また本編の映像特典として、両日のアンコール全12曲とリハーサル風景を収録している。
  • 本編は4月25日の最終日のセットリスト順に構成されているが、その合間に24日のみで演奏された楽曲、及びアンコールを含んだ両日の全演奏曲を収録しており、合わせて計28曲という、ボリュームの多い内容となっている。曲が重複している場合は、基本的に25日を中心に、曲によって24日の方が良ければ、そちらを入れるという形を取っている。
  • ちなみに前回のライブDVD「列島激震行脚 FINAL 2003 5 Ugly KINGDOM」を見たメンバーは、持ち楽器の演奏シーンで自分の顔の部分しかあまり映っていなかった事に苦言を呈しており、「演奏者は顔ではなくて手元が大事だから手元を映してほしい」と意見を出したことを、FOOL'S MATE Vol.277(2004年11月号)のインタビュー内で語っている。その為、演奏者の手元をアップしたシーンが多く撮られている。
  • 5.1chサラウンド仕様。

収録曲[編集]

[本編ディスク](初回限定生産盤・通常盤共通)

  1. G.D.S
  2. CHILD PREY
  3. THE III D EMPIRE
  4. INCREASE BLUE
  5. Mr.NEWSMAN
  6. audience KILLER LOOP
  7. DRAIN AWAY
  8. MARMALADE CHAINSAW
  9. Machiavellism
  10. RED...[em]
  11. AMBER
  12. 砂上の唄
  13. 明日無き幸福、呼笑亡き明日
  14. NEW AGE CULTURE
  15. OBSCURE
  16. 腐海  (歌詞を丸ごと書き換えての演奏となっている)
  17. 蝕紅
  18. Hydra
  19. Ugly
  20. かすみ
  21. THE FINAL
  22. 朔-saku-
  23. HADES
  24. The Domestic Fucker Family
  25. 秒「」深
  26. JESSICA
  27. Я TO THE CORE
  28. umbrella