DRIV3R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DRIV3R
ジャンル アクション
対応機種 PlayStation 2
PC
開発元 アタリ
発売元 アタリジャパン
人数 1人
メディア PS2、PC
いずれもDVD-ROM1枚組
発売日 PS2
対象年齢 CERO:Z(18歳以上のみ対象)
テンプレートを表示

DRIV3R(読み方はDriver3)は、アタリから発売されているカーアクションゲームソフト

Driver 潜入!カーチェイス大作戦」、「Driver 2」に続くシリーズ第3作目で、日本ではPlayStation 2用ソフトが2004年10月28日、PC日本語版がライブドアから2005年9月2日に発売された。

発売当初のコンピュータエンターテインメントレーティング機構によるレーティングは「18歳以上対象」であったが、規制の見直しによって2006年5月31日以降「18歳以上のみ対象」へと変更になった。

概要[編集]

主人公のFBI特別捜査官ターナーは高級車窃盗団を調査・壊滅させるため、ドライバーとして潜入する。 優れたドライビング・テクニックを活かし、マイアミニースイスタンブルと「仕事」を遂行してゆく。

「アンダーカバー(ミッション)」モードと「フリーライド」モード、「ドライビングゲーム」モードがある。

自由度が比較的高く、車を盗んだり、街を自由に走ったり、通行人を轢いてしまう事も可能。

ゲーム内容はGTAに似ている。どちらも「犯罪」の世界を描いているが違いがある。GTAは自動車窃盗が主になっていてテーマは「盗む・強盗」、DRIVERは運び屋が主になっていてテーマは「ドライビング・逃走(追走)」。

舞台[編集]

登場人物[編集]

警察官[編集]

ターナー
主人公。ナスカーのプロ・ドライバーを経て、NYPDシカゴ市警察刑事として活躍し、FBIに手腕を買われ、特別捜査官となる。今作では、高級車窃盗団に潜入捜査をすることになる。ストーリーの最後にヒットマンのジェリコに撃たれ意識不明の重態となるが命をとりとめ復職する。続編でも主人公を務める。
トビアス・ジョーンズ
ターナーの相棒であり友人でもある刑事巡査黒人男性。続編にも登場。

犯罪者[編集]

カリタ
自動車窃盗団「サウスビーチ」のリーダーである女性。ストーリー中盤で、ターナーに逮捕される。
バッカス
サウスビーチのメンバーである男性。組織のドライバー役である。
ジュリコ
ギャング組織の「ソロモン・ケイン」のボディーガード。ターナーをイスタンブールで銃撃したが逮捕起訴される。続編ではマフィアのボスとして登場する。

乗り物[編集]

70種類以上登場する。モーターボートにも乗れるようになっている。

登場する自動車に名前はつけられていないが、フォード・マスタングポンティアック・トランザムシトロエンCX、ランボルギーニ・カウンタックと思しき車両が登場する。

ゲームパッケージのカバーアートでは運転席からベレッタM92を発砲しているが、ゲーム中運転時に武器は使用できない。特定ミッションでのみ、助手席の人間が銃を持つという形で運転しながら発砲することができる。また、モーターボートに乗っている時には一部の武器に限り発砲できる。

要素[編集]

3種類の街を自由に駆け回ることができる。

警察も存在し、法に触れるような事をすると追跡される。逃げる事でカーチェイスも可能である。障害物に衝突すると車は壊れていく。

リプレイ編集[編集]

このゲームでは過去3分間までのプレイ記録を残す機能があり、このリプレイのカメラアングル等を編集して自分好みの映像に仕上げることができる。このゲーム最大の特徴とも言われる。スローモーションやモーションブラーなどの特殊効果を入れることも可能となっている。

過去にはアタリジャパンDRIV3R公式サイトで自作リプレイを募集し、コンテストを行ったこともある。

登場する武器[編集]

GTAシリーズとの関係[編集]

「Driverシリーズ」と「GTAシリーズ」はライバル関係にあることが伺える。

Driv3Rでは3つの都市にそれぞれ10人ずつ「隠しギャング」が配置されているが、この隠しギャングの姿格好(アロハシャツGパン)がグランド・セフト・オート・バイスシティの主人公「トミー・ベルセッティ」のそれに酷似している。

GTA側でもグランド・セフト・オート・サンアンドレアスでとあるミッションのとある人物がこう発言する(字幕は無し)。

「This s***s. I mean, how could Refractions mess up so bad?(クソッタレ。どうやりゃそんな最悪になれるんだ?)」

「Tanner, you s*** ass!(Tanner、このクソ野郎!)」 と「タナー」という言葉が出てくるあたり、このソフトに対する皮肉を言っていることがわかる。

尚、GTAシリーズではグランド・セフト・オートIIIでも「おとり捜査官のタナー」という人物を殺害するミッションが存在する。

新作[編集]

関連項目[編集]