ドライバー:レネゲイド3D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドライバー:レネゲイド3D
ジャンル カーアクション
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 ユービーアイソフト
発売元 ユービーアイソフト
人数 1人
発売日 アメリカ合衆国の旗2011年8月30日[1]
日本の旗 2011年11月10日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
その他 すれちがい通信対応
テンプレートを表示

ドライバー:レネゲイド3D』は、ユービーアイソフトから2011年11月10日に発売されたニンテンドー3DS用ゲームソフト。 『ドライバー』シリーズの一つで、第1作 『Driver 潜入!カーチェイス大作戦』 と en:Driver 2の間に起きた出来事を描いている。

概要[編集]

ニューヨークを舞台としたカーアクションゲーム。

あらすじ[編集]

ニューヨーク市警で潜入捜査官として働いた後、法の下にさばけない悪人たちを自らの手で始末することを決意したジョン・タナー。 彼はバラード上院議員を助けた時、犯罪組織の一掃を依頼され、その依頼を引き受けた[2]

脚注[編集]

  1. ^ Yin-Poole, Wesley (2011年4月19日). “Driver: San Francisco out this September”. Eurogamer. 2011年4月19日閲覧。
  2. ^ “Nintendo 3DS to Launch with Six Ubisoft Titles”. DailyGame. (2010年6月15日). http://www.dailygame.net/news/archives/009241.php 2010年6月16日閲覧。 

外部リンク[編集]