Apache Xalan

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apache Xalan
開発元 Apache Xalan プロジェクト (Apacheソフトウェア財団)
最新版 Xalan-Java: 2.7.1
Xalan-C++: 1.10
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 XSL Transformations (XSLT)XML Path Language (XPath)
ライセンス Apacheライセンス Version 2.0
公式サイト http://xalan.apache.org/
テンプレートを表示

Apache Xalan(アパッチ ザラン)は、XML文書のXSLT変換とXPath検索を実装しているソフトウェアであり、Apacheソフトウェア財団の Apache Xalan プロジェクトにより開発されている。このプロジェクトは、以前は Apache XML プロジェクトのサブプロジェクトであったが、現在はApacheソフトウェア財団のトップレベルプロジェクトとなっており、同財団で自らの権限で活動している。Xalanは、Apacheライセンスによるオープンソースのソフトウェアである。IBM/LotusからApacheソフトウェア財団に寄贈されたLotusXSL[1]という実装がもとになっている。

Xalanは、Java向けの実装C++向けの実装が提供されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ alphaWorks : LotusXSL : Overview

外部リンク[編集]