龍淵郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
龍淵郡
位置
DPRK2006 Hwangnam-Ryongyon.PNG
各種表記
ハングル 룡연군
漢字 龍淵郡
発音 リョンヨン=グン
ローマ字転写 Ryong'yŏn-gun
テンプレートを表示

龍淵郡(リョンヨンぐん)は朝鮮民主主義人民共和国黄海南道に属する郡。

地理[編集]

衛星写真

西の黄海に伸びた龍淵半島を抱える郡で、北に長淵郡、東に苔灘郡と境界を接する。

龍淵半島の突端には長山串장산곶/チャンサンゴッ、ちょうざんかん)の岬がある。半島北岸には夢金浦몽금포/モングンポ)の町があり、長山串から続く砂丘は名勝地として知られる。半島南岸は大東湾を隔てて甕津半島と向かい合っており、九美浦구미포/クミポ)がやはり景勝地として知られている。

長山串の沖合には大韓民国が実効支配するがある。

歴史[編集]

ソレ教会(松川教会)、1895年撮影

もともとは長淵郡の一部であった。

朝鮮のキリスト教史上では、1884年にプロテスタントの教会堂がはじめて建設された土地として知られる。中国で受洗した朝鮮人信徒・徐相崙らによって龍淵半島南岸の九美浦付近(当時、長淵郡大救面松川里)にはじめて建設されたソレ教会(松川教会)で、バプテスト派長老派の宣教の拠点となった。

1952年、北朝鮮の行政区画再編により、長淵郡南部が分割され、龍淵郡が編成された。

産業[編集]

夢金浦では珪砂を産出する。

外部リンク[編集]