黒田重隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
黒田 重隆
時代 戦国時代
生誕 永正5年(1508年
死没 永禄7年2月6日1564年3月18日
永禄7年8月17日1564年10月2日[1]
改名 黒田重隆→黒田宗卜
別名 下野守
戒名 霊光院覚智性悟大禅定門[1]
墓所 兵庫県姫路市飾磨区妻鹿
官位 従五位下[1]
主君 赤松政秀小寺政隆小寺則職小寺政職
氏族 黒田氏(自称宇多源氏
父母 父:黒田高政[2](または黒田重範[1]
兄弟 安保和泉守室[3]重隆、重行[1]
妻鹿氏
比延常範の娘[1]
職隆高友(休夢)井手友氏松井重孝
(異説:治隆、孝高[1]
御着城跡地にある黒田重隆(左側)と如水の母明石氏の墓

黒田重隆(くろだ しげたか)は戦国時代の武将。

出自・前半生[編集]

『黒田家譜』『江源武鑑』などによると、若い頃は山陽地方随一の商業都市として繁栄していた備前の福岡(現・岡山県瀬戸内市長船町)に在住していたと伝わる。その後、大永5年(1525年)に備前が乱れると播磨に移り、姫路広峯神社神官・井口太夫と共謀して目薬を売ることで財を成し、播磨国人になったという。はじめ龍野城主・赤松政秀に仕えたが、ほどなく御着城小寺政職に主を替え、子の職隆が重用されて姫路城城代となったとされる。ただし実際は、重隆自身の小寺家臣としての発給文書が残っているため、重隆自身も小寺氏重臣として仕えていた。また『播磨御着郡誌』によると、子の職隆は小寺政職の祖父・政隆の養女を娶って政隆の養子となっていたとしている[4]

妻は妻鹿氏で、永禄2年9月22日1559年11月1日)に没している。

小寺家の武将として[編集]

享禄4年(1531年)の大物崩れでは赤松政祐軍に従って出陣[3]。当時の小寺家当主は政隆の子である則職だった。その際、近江源氏佐々木氏末裔である重隆は、坂東平氏梶原氏末裔である播磨高砂城主・梶原景則と戦陣を争って一触即発の状況になったと「赤松秘士録」は伝えている。これは源平合戦の時分、宇治川の戦いで佐々木高綱梶原景季が先陣争いをしたものの再来とされているが、真偽は不明[5]

天文14年(1545年)則職の子・政職の代になると、小寺氏一門小寺則隆や小寺家臣八代道慶と共に姫路城の経営にあたる。後に単独で姫路城主となったという説もあるが、弘治2年(1556年)に職隆が姫路城主になったという説もあるため実際は不明。いずれにせよ職隆に家督を譲った後は御着城下の屋敷へ戻り、永禄7年(1564年)そこで亡くなった。墓所は岡山県瀬戸内市長船町の妙興寺にある。

異説[編集]

『江源武鑑』などの史料によると父・高政に従って先述の流浪をしたとされるが、播磨国多可郡黒田庄(現・兵庫県西脇市)出身という説もある[1]。その説によると、黒田氏は旧来言われる近江佐々木氏の末ではなく、赤松氏の分かれの土豪とされており、黒田庄にあった黒田城主8代目であったとされる。また子の9代目・治隆の代に石原氏・赤井氏との戦闘で討死し、黒田城も落城して家は絶えたという。また治隆の弟に孝隆がおり、小寺職隆の養子となって姫路城主となったとしている[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 「荘厳寺本黒田家略系図」より。西脇市観光協会のWEBサイト上に翻刻されたものが掲載されている[1]。同系図の信憑性については他史料との乖離が大きいため、否定する意見もある。
  2. ^ 一般に偽書とされる『江源武鑑』による。そのため高政の存在自体を否定する意見もある。
  3. ^ a b 『播磨御着郡誌』より。
  4. ^ なお政隆は享禄2年(1529年)、重隆12歳の時に没している。
  5. ^ なお曾孫にあたる黒田長政藤原氏を称している史料が存在するため、黒田氏自体が藤原氏の出自であるとも考えられている。
  6. ^ 通説では職隆は重隆の子、孝隆(孝高)は重隆の孫である。

登場作品[編集]

出典[編集]

  • 貝原益軒『黒田家譜』
  • 諏訪勝則『黒田官兵衛』
  • 御着史跡保存会 編『播磨御着郡誌』
  • 御着史跡保存会 編『播磨御着郡誌 別冊』