黒田重隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
御着城跡地にある黒田重隆(左側)と如水の母明石氏の墓

黒田重隆(くろだ しげたか、永正5年(1508年)- 永禄7年2月6日1564年3月18日))は戦国時代の武将。黒田高政の子。黒田職隆小寺高友(黒田休夢)井手友氏松井重孝の父であり、黒田孝高(如水・官兵衛)の祖父に当たる。官位は下野守。

若い頃は山陽地方随一の商業都市として繁栄していた備前の福岡(現在の岡山県瀬戸内市長船町)に在住していたと伝わる。その後、姫路広峯神社神官目薬を売ることで財を成し、播磨国人になったという。はじめ龍野城赤松政秀に仕えたが、ほどなく御着城小寺政職に主を替え、重用され、姫路城城代となった。その後、重隆によって姫路城の修築が行われたと考えられている(築城そのものを重隆が行ったという説もある)。

墓所は岡山県瀬戸内市長船町の妙興寺。

登場作品[編集]