高校三年生 (舟木一夫の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高校三年生
舟木一夫シングル
B面 水色のひと
リリース 1963年6月5日
録音 1963年2月3日[1]
ジャンル 歌謡曲
レーベル コロムビアレコード
作詞・作曲 丘灯至夫遠藤実
舟木一夫 シングル 年表
高校三年生
(1963年)
修学旅行
(1963年)
テンプレートを表示

高校三年生」(こうこうさんねんせい)は、1963年6月にリリースされた舟木一夫のデビューシングルであり、舟木の代表曲のひとつである。作詞は丘灯至夫、作曲は遠藤実による。デビューシングルでいきなりシングル発売1年で売上100万枚を越す[1]大ヒット曲となり、舟木一夫はこの曲で一躍スター歌手となった。累計売上は230万枚[2]

舟木は、この曲で1963年第14回NHK紅白歌合戦に初出場した。舟木は1992年第43回NHK紅白歌合戦1971年第22回以来、21年ぶり10回目の紅白出演)にも、同曲を披露している。舟木はこの曲で第5回日本レコード大賞新人賞を受賞し、作詞家の丘灯至夫も作詩賞を受賞した。2007年には文化庁日本PTA全国協議会によって「日本の歌百選」のひとつに選定された。

堀威夫によると、校内放送で堂々と流行歌が流れるようになったのはこの曲からという[3]

背景[編集]

元々は岡本敦郎が歌うことを想定して作られた歌であったが、岡本が既に「高校三年生」という世代ではなかったことや、岡本の歌唱に合わないという意見があり、当時はお蔵入りになった経緯がある。

この曲は最初はメジャーキー三拍子だったが、遠藤実の気が変わり、曲を作り直した。作り直しにかかった時間は、わずか15分だった。(2013年5月7日放送の「NHK歌謡コンサート」での舟木一夫の発言)

歌詞は、高校生活も残りわずかになった高校三年生の純朴な気持ちが綴られている。この曲を録音した当時、舟木は現役の高校三年生であった(レコード発売は卒業後)[1]。レコードジャケットの舟木は学生服姿であるが、これは舞台で学生服を着ることがあった橋幸夫に対抗する意味合いがあった[4]。現在でも学園ソング(青春歌謡)の定番としてこの曲が挙げられることが多い。また「高校三年生」以降も舟木はいくつもの青春歌謡を発表している。

歌詞の中に現われる赤い校舎は東京都私立松蔭高校であると言われ、現在同校には歌詞が書かれた歌碑がある。歌碑の由来文には「作詞家の丘灯至夫が文化祭の取材で訪れた松蔭学園には定時制高校があり、文化祭のリハーサルで男女の生徒が手をつなぎ、フォークダンスを踊っていた」と書かれているが、当時、松蔭高校は女子高であり、定時制も無かったことから、実際のモデルは同じ世田谷区内にある都立松原高校であると考えられる[要出典]

収録曲[編集]

  1. 高校三年生
  2. 水色のひと
    • 作詞:丘灯至夫、作曲:遠藤実

映画[編集]

曲の発表と同じ1963年には、この歌をモチーフに大映により同名のタイトルで富島健夫の『明日への握手』を原作とした映画が制作されこちらもヒットした。主演は舟木一夫である。→高校三年生 (映画)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 読売新聞社文化部『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』社会思想社、1997年、102頁。ISBN 4390116010
  2. ^ 丘灯至夫さん死去…舟木一夫「育ての親失った」スポーツ報知、2009年11月25日6時1分。
  3. ^ 『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』104頁。
  4. ^ 『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』102-104頁。

関連項目[編集]