韓国鉄道8000形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
韓国鉄道8000形電気機関車
京釜線で貨物を牽引する8000形8069号機、2009年撮影
京釜線で貨物を牽引する8000形8069号機、2009年撮影
最高速度 85 km/h
最大寸法
(長・幅・高)
20,730 × 3,060 × 4,495 (mm)
車両質量 132t
軸配置 B'o - B'o - B'o
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000V 60Hz
架空電車線方式
総出力 3,900kW
定格引張力 426kN
歯車比 6.4
制御装置 サイリスタ位相制御
制動方式 空気ブレーキ発電ブレーキ
製造メーカー アルストム(8001〜8090号機)
大宇重工業(8091〜8094号機)

8000形電気機関車は、韓国鉄道公社が運用中の電気機関車である。1972年に中央線嶺東線太白線のいわゆる産業線電化計画にあわせて輸入された機関車であり、旅客列車貨物列車用にと汎用されたが、8200形が投入されたのちは、貨物用に使われている。後期に韓国で製作された8091号以降は、側面の送風口が初期のものより高い位置に設置されている。 この機関車は、アルストムを幹事にした、GEC、MTE、ACEC、AEGブラウン・ボベリシーメンスが参与したコンソーシアムが開発した。サイリスタ位相制御により650kWクラスの直流電動機6個を制御し、3900kWの総出力を持つ。特に、山岳地形に最適化するためにB'o-B'o-B'oの車軸配列を採用しており、歯車比は大きくとられ、最高速度は85km/hに抑制されているが、牽引力を最大限に高め、名実ともに山岳専用機関車としての面貌を備えている。

ギャラリー[編集]