陰裂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
陰裂
Female abdomen frontal view.jpg
ラテン語 rima pudendi
英語 Cleft of venus
器官 女性器

陰裂(いんれつ)とは、女性外陰部にある、左右の大陰唇によって刻まれた縦の裂溝のこと。隠語俗語として「ボボ(開)」、「ワレメ」、「クレバス」、「縦筋(たてすじ)」などと呼ばれる。

概要[編集]

男女の外陰部(外性器)の外見的特徴を端的に表せば、男性は凸で女性は凹である。女性の凹が俗に言う「割れ目」や「裂け目」であり、学問的には[要出典]「陰裂」と言う。女性の外陰部は、脂肪組織に富んだ左右一対の大陰唇によって形成され、脚を閉じた状態では左右の大陰唇が密着し、一条の縦の裂け目として見えるのでこのように呼ばれる。一般的に脚を閉じた状態では、女性器の内部は見えない。反対に、開脚して左右の大陰唇を離反させれば「陰門」となり、女性器の内部構造は外から見える状態になる。

体の発育とともに陰裂は下降する傾向にある。思春期前女児では陰裂が正面からはっきり見えるが、成人女性では陰毛があることも手伝い、陰裂が正面から見えない場合もある。 これは妊娠適齢期において、ヒトの特徴である直立姿勢から、胎児の成育や出産に適した陸棲哺乳類本来の体形に近い、骨盤がやや後退した姿勢をとるように筋肉が発達するためと考えられる。[要出典]従って適齢期を過ぎた後は、元の直立姿勢に適した骨盤の位置に戻る場合が多く、陰裂の位置も正面を向く傾向がある。

陰裂の長さを「陰裂長」と言うが、正確には「前陰唇交連」から「後陰唇交連」まで(左右の大陰唇が前方で合うところから後方で合うところまで)の長さを言う。陰裂長は、年齢差、個体差、人種差が大きいが、一般的には体の大きさに比例するので、黄色人種より白人や黒人女性の方が長い。[要出典]

思春期前では小陰唇の陰裂からのはみ出しは極めて希であるが、思春期に大陰唇と小陰唇の発育バランスが崩れ出し、成人女性では顕著なはみ出しが見られる場合がある。こうした状態は、オナニーや性生活の頻度および妊娠分娩の有無によって変化すると考えられている。[要出典]

関連項目[編集]