スキーン腺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スキーン腺
Skenes gland-日本語.jpg
スキーン腺(Skene's gland)の位置
英語 Skene's gland
器官 女性器

スキーン腺(スキーンせん、または小前庭腺傍尿道腺)は、上壁に位置していて、尿道の下流の末端近くにある分泌腺である。スキーン腺は尿道または尿道口付近で分泌液を流出する。スキーン腺の位置は、グレフェンベルグ・スポット(Gスポット)として知られている。スキーン腺は、男性の前立腺相同である。スケネー腺とも呼ばれる。

オーガズムとの関係[編集]

スキーン腺は、おそらく膣のオーガズムに関係していて、女性の射精(いわゆる潮吹き)現象について幾分議論の余地がある。

2002年にイタリアのラクイラ(L'Aquila)大学のエマヌエーレ・ジャンニーニ(Emmanuele Jannini)は、スキーン腺で起きている現象と、よくその存在が否定されることについて、可能性のある見解を示した。スキーン腺は一人一人の大きさにばらつきがあり、ある女性では完全に消失していると思われる。もしスキーン腺が、女性の射精現象や膣のオーガスムの原因であるとするならば、多くの女性において、これらの現象が起きないことは、その差異に原因があるといえる。

成分[編集]

女性の射精中に(時には強制的に)現れてくる透明あるいは乳白色の液体は、男性の前立腺で産出される液体と非常によく似た構成成分(酸性フォスファターゼ等)をもっている。この液体は、オーガスムの際に時々緊張から解放されて放たれる尿の中に混ざる。そしてまた、膣の潤滑液(膣分泌液)とも混ざり合う。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]