精巣上体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
A. 精巣上体頭 B. 精巣上体体 C. 精巣上体尾 D. 輸精管

精巣上体(せいそうじょうたい、: epididymis)は、器官の1つ。副睾丸とも呼ばれる。ヒトの場合、ここで最大10億程の精子が貯蔵できると考えられている。生殖管の始部をなし、精巣からの精子精管へ輸送する。

ヒトの精巣上体(長さ約5~6cm)は三角錐体形を呈し、頭部、体部、尾部に区分され、精巣の上端から後縁にかけて密接する。尾部の末端で精管と連絡する。ウマブタイヌでは精巣上体の頭部から尾部の区分は不明瞭である。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 浜名克己, 中尾敏彦, 津曲茂久編 『獣医繁殖学 第3版』 文永堂出版 2006年 ISBN 4-8300-3206-5