葛井欣士郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

葛井 欣士郎(くずい きんしろう、1925年11月28日 - 2014年4月30日)は、映画館経営者、映画・演劇プロデューサ-。日本アート・シアター・ギルド(ATG)の主要な映画館「アートシアター新宿」総支配人として、また、ATG映画の製作者として知られる。妻は村井志摩子

来歴・人物[編集]

三重県伊勢市]生まれ[1]。1951年、早稲田大学文学部芸術学科卒業後、三和興行に入社[2]

1961年の日本アート・シアター・ギルド創設に参加。1962年には、三和翼下で、ATGの映画を上映する映画館「アートシアター新宿」が設立され総支配人に[3]。1963年からは、映画だけではなく、前衛演劇も上演するようになる。1967年には映画館の地下にアングラ小劇場「蝎座」を設立。美輪明宏蜷川幸雄の劇場デビューの場ともなった。

1967年今村昌平監督の「人間蒸発」を第一作に、独立プロと提携、自主製作も開始、提携作品の企画、製作を担当[4]。多くの前衛的な映画・演劇を送り出した。1975年、「新宿文化」は一般の商業映画上映館になり支配人を辞任[5]、ATGは海外の芸術映画配給を打ち切った[6]

2004年には、映画監督・荻野憲之に「欣士郎」の名を譲り「荻野欣士郎」と名乗らせた。

2014年4月30日、呼吸不全のため東京都新宿区市谷砂土原町の自宅で死去[7]。88歳没。

制作作品[編集]

映画[編集]

演劇[編集]

など

受賞歴[編集]

  • 1965年 - 芸術祭奨励賞(ルロイ・ジョーンズ「ダッチマン」公演)
  • 1967年 - 日本映画ペンクラブ賞(前衛的映画の製作上映活動)
  • 1976年 - 京都映画祭マキノ省三賞

著書[編集]

  • アートシアター新宿文化 消えた劇場 創隆社 1986
  • 遺書 アートシアター新宿文化のすべて 葛井欣士郎,平沢剛 河出書房新社 2008

訳書[編集]

  • クリスマス・エンジェルの冒険―星きららの奇跡 ジョセフ・E.B・ヘンドリクソン , ラ・バーン・ビーバー著 創隆社 1989

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  7. ^ 葛井欣士郎さん死去 映画・演劇プロデューサー 朝日新聞 2014年5月1日閲覧