色彩交響曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

色彩交響曲》(しきさいこうきょうきょく, 英語: A Colour Symphony作品24(F. 106)は、アーサー・ブリス1921年から1922年にかけて、恩師レイフ・ヴォーン・ウィリアムズの監修の下に[1]書き上げた管弦楽曲。ブリスが作曲した最初の大規模な管弦楽曲であり[2]、現在でもブリスの代表作の一つである。

成立事情[編集]

《色彩交響曲》は、エドワード・エルガー卿の招きで、1922年度グロスタースリー・クワイアーズ・フェスティヴァルへの出展作品として作曲された。同年はハーバート・ハウエルズユージン・グーセンスも招待されており、各人が新作を依嘱されていた[3]。ハウエルズは無言の合唱曲《シネ・ノミネ(ラテン語: Sine Nomine)》を提出したが[4]、同作は70年後の1992年に蘇演されるまで、再演の機会に恵まれなかった[5]。グーセンスは管弦楽伴奏合唱曲《沈黙(Silence)》を作曲し[4]、エルガー自身はヨハン・セバスチャン・バッハのオルガン曲《幻想曲とフーガ ハ短調》を管弦楽用に編曲したものを提出した。

ブリスは交響曲を書き上げる決心をしたものの、最初のうちは作品の主題や性格をどんなものにするかを決めかねていた。手を付けられぬまま数週間が過ぎたが、だがある日、たまたま紋章学に関する本に出会い、それを読み耽るうちに、ある種のには象徴的な意味があるということを知り、色についての交響曲を書くことが思い浮かんだのであった。楽章ごとに、それぞれの色に応じた性格付けを試みてはいるけれども、色そのものを描き出そうとはしていない。流麗で美しく織り成された作品だが、不協和音も巧妙に利用されている[6]。作品は指揮者のエイドリアン・ボールト[2]に献呈された。

1922年9月7日グロスター大聖堂において作曲者自身の指揮の下、ロンドン交響楽団によって初演が行われた。準備不足のせいもあり、当初は歓迎されなかった。大編成のオーケストラが採用された作品であるが、会場には、演奏予定のその他の楽曲に必要な合唱団があまりに詰め掛けたため、いくつかの楽器を省いて上演しなければならないほどだった[1]。エルガーも上演に立ち会ってくれたが、曲については「困っちゃうほどモダンだ」と評した[2]。とはいえレパートリーに定着して、これまでにたびたび録音されてきたが、今のところは演奏会場で実演に接する機会に恵まれてはいない。

楽曲構成[編集]

以下の4楽章から成る。

終楽章の『緑色』は、《ピュアネプシオン月英語: Pyanepsion)》と題されて単独で出版されている。

ブリスは、1932年に前半2楽章のコーダを改訂しており、1955年にロンドン交響楽団を手ずから指揮して録音した際には、改訂版を用いた[10]

影響[編集]

  • 1977年に《色彩交響曲》を舞台化して、『気高い捧げもの(Royal Offering)』という題名でバレエ化された。
  • ごく最近では、イギリスの美術家ケヴィン・レイコックが、ブリスが色彩によって創り出した響きを描き出そうとの試みで、『色彩による4つの運動(英語: Four Movements in Colour, 運動と楽章(movements)が掛け言葉になっている)』と題した視覚作品を制作した[11]。レイコックは2004年にも似たような構成方法を用いて、《色彩交響曲》への直接的な反応として、『テクトニクス(Tectonics)』という題名の連作を発表している[12]

[編集]

参考文献[編集]

  • Arthur Bliss, Liner notes to the recording by Anthony Collins and the London Symphony Orchestra

外部リンク[編集]