田口玄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田口 玄一
人物情報
生誕 1924年1月1日
日本の旗 日本 新潟県
死没 2012年6月2日(満88歳没)
出身校 桐生高等工業学校
学問
研究分野 統計学実験計画法品質工学
研究機関 海軍水路部天文部
厚生省衛生統計課
文部省統計数理研究所
青山学院大学
日本規格協会
博士課程
指導教員
北川敏男(論文博士主査)
主な業績 品質工学タグチメソッド
損失関数[注 1]、MTS法[注 2]
影響を
受けた人物
増山元三郎茅野健
P.C.マハラノビス
主な受賞歴 ロックウェルメダル
シューハートメダル
藍綬褒章
米国自動車殿堂
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

田口 玄一(たぐち げんいち、1924年1月1日 - 2012年6月2日 )は、品質工学タグチメソッド)の創始者で日本の工学者

タグチメソッドは1980年代のアメリカの技術停滞打破に大きく貢献した。これにより「アメリカを蘇らせた男」と呼ばれ[1]、日本人3人目のアメリカ自動車殿堂入りを果たした。また、日本でも多くの支持者によって品質工学会が設置されており、2年間で200事例に適用し、100億円以上の効果があった企業もあると言われている[2]

青山学院大学教授日本規格協会参与、品質工学フォーラム会長、株式会社オーケン社長を歴任。品質工学会名誉会長理学博士九州大学)。    

略歴[編集]

1965年からの講義準備をしつつ、日本規格協会、中部品質管理協会で活動。
  • 1965年4月 - 青山学院大学理工学部教授(統計学、経営工学科担当)[4]
  • 1980年 - サバティカル休暇で渡米、スタンフォード研究所、ゼロックス社、ベル研究所を訪問[5]
  • 1981年 - ベル研究所、ゼロックス社を再訪[6]
  • 1982年 - 日本規格協会参与
  • 1983年 - American Supplier Institute(ASI)エグゼクティブ・ディレクター
  • 1990年 - 株式会社オーケン副社長
  • 1993年 - 品質工学フォーラム(現 品質工学会)会長
  • 1994年 - 株式会社オーケン社長
  • 2012年6月2日 - 心不全で死去。

受賞・栄典[編集]

エピソード[編集]

教育者として[編集]

青山学院大学では、講義として統計解析、実験計画法、品質管理、経営数学を担当し、経営工学科で研究室を持っていた。学生との間に垣根を作らないことを重視し、研究室やゼミ生を年1回はそれぞれ自宅に招待し、食事会を催していた[8]

また、講義では学生自らが実践できるように留意しており、統計解析の講義では官能評価や身近なものの実験・評価を題材に、自由なテーマに基づく調査レポートを課していた。官能評価[注 7]では『喫煙者と非喫煙者におけるビール銘柄識別能力の比較』『年齢性別の違いによる味覚の敏感さの測定』『和音の識別能力の調査』等が報告され、測定実験では『時報による時計の機能の評価法』『温度によるゴルフボールの飛距離の違いの実験』等が報告された[9]。学生の調査事例の代表的なものは『実験計画法第三版』に掲載されている。

統計学者からの評価と論争[編集]

田口は直交表から線点図という概念を作り、一つの直交表から作られる線点図の作成と数え上げを証明した。統計学のように「ばらつき」を「偶然誤差」として理論立てることに真っ向から反対し、「ばらつき」を「必然誤差」としてロバストネスを設計する、そのための方法を打ち立ててきた。田口は、世界の統計学者たちと絶えず論争をしてきたにも関わらず、統計学出身の学者の集まり (ASQ) からも評価された。本当の意味でばらつきを実学に活かした人である。

統計学者との有名な論争を以下に引用する。統計学の大前提は、誤差分布を定義し、その分布に対する対応を考える方法である。

田口が出した有名な質問に、「誤差に分布が仮定できるならば、時計の誤差の分布はどうなるのか?」[10]という問いがある。統計学者たちは、返答できなかった。時々刻々と値が変化する中で、分布を定義できないのである。

統計学では平均と分散という2つのパラメータで分布を定義する。田口の方法は、平均ではなく理想の値を定義し、理想との差をばらつきとする。理想との差をばらつきの測度に用いるので、分布を定義する必要はない。

田口の方法によれば、分布を定義せずともばらつきに対して最小化する設計解は見出せる。両者の違いは、ガウス最小二乗法における4つの仮定のうち、正規性の仮定は最も弱い条件であることと似ている。

「戦場に輝くベガ~約束の星を見上げて」への協力[編集]

2006年に、水路部で高度方位の計算に従事する女性と爆撃機操縦者の恋人を描いたプラネタリウム番組「戦場に輝くベガ~約束の星を見上げて」が公開された[11]。水路部天文部に勤務経験のある田口も取材に協力しており、制作クレジット・協力一覧に名前を残している[12]

田口玄一博士一周忌追悼シンポジウム[編集]

田口の没後1周年を前にして、2013年5月13日に「田口玄一博士一周忌追悼シンポジウム」が開催された。長男の田口伸らが講演し、応用統計学会の会誌「応用統計学」においても、「統計科学からみたタグチメソッドの現在・過去・未来」特集が組まれている[13]

著作[編集]

学位論文[編集]

論説集[編集]

  • 『田口玄一論説集 第1巻 - 管理と調節と検査、工程の設計、計測』 矢野宏、中島建夫、吉澤正孝 編、日本規格協会、2011年2月。ISBN 9784542511361
  • 『田口玄一論説集 第3巻 - タグチメソッド、その誤解と真実 品質工学解題 技術開発のマネジメント』 矢野宏、浜田和孝 編、日本規格協会、2012年11月。ISBN 978-4542511385
  • 『田口玄一論説集 第4巻 - MTシステム、音響・通信と画像、人間の識別力とスポーツ』 矢野宏、鴨下隆志、矢野耕也 編、日本規格協会、2012年3月。ISBN 978-4542511392

主著[編集]

  • 『推計学による寿命実験と推定法』 科学新興社、1952年
  • 『公差のきめ方: 組立品を中心として』 日本規格協会、1956年
  • 『直交表と線点図』 丸善、1962年
  • 『実験計画数値表』 丸善、1962年
  • 『実験計画法 上』 丸善、1962年『【復刻版】実験計画法 上 第3版』、2010年8月。ISBN 978-4621082805
  • 『実験計画法 下』 丸善、1962年『【復刻版】実験計画法 下 第3版』、2010年8月。ISBN 978-4621082812
  • 『統計解析』 丸善、1966年
  • 『計測技術のための実験計画法』 コロナ社、1980年4月。ISBN 978-4339031058
  • 『管理者,スタッフのためのオフライン品質管理』 中部品質管理協会、1981年10月。
  • 『品質工学概論 : 設計者のための品質管理』 中部品質管理協会、1985年7月。
  • 『品質工学の数理』 日本規格協会、1999年6月。ISBN 4542511189
  • 『タグチメソッドわが発想法: なぜ私がアメリカを蘇らせた男なのか』 経済界、1999年11月。ISBN 4766781937
  • 『ロバスト設計のための機能性評価―効率的開発の方法』 日本規格協会、2000年6月。ISBN 978-4542511224
  • 『研究開発の戦略 - 華麗なるタグチメソッドの真髄』 日本規格協会、2005年6月。ISBN 978-4542511262

共著[編集]

  • 田口玄一、横山巽子 著 『ビジネスデータの分析 - 手法と実例』 丸善、1975年
  • 田口玄一、横山巽子 著 『統計解析』 日本規格協会〈経営工学シリーズ 5〉、1980年2月。ISBN 978-4542801059
  • 田口玄一、横山巽子 著 『ベーシック オフライン品質工学』 日本規格協会、2007年5月。ISBN 978-4542511286
  • 田口玄一、横山巽子 著 『ベーシック品質工学へのとびら』 日本規格協会、2007年9月。ISBN 978-4542511293
  • 田口玄一、横山巽子 著 『ベーシック オンライン品質工学』 日本規格協会、2009年9月。ISBN 978-4542511323

洋書[編集]

  • Genichi Taguchi (1992-8). Taguchi on Robust Technology Development: Bringing Quality Engineering Upstream. ASME Press. ISBN 978-0791800287. 
  • Genichi Taguchi, Subir Chowdhury, Shin Taguchi (1999-10). Robust Engineering: Learn How to Boost Quality while Reducing Costs & Time to Market. McGraw-Hill Professional. ISBN 978-0071347822. 
  • Genichi Taguchi, Subir Chowdhury, Yuin Wu (2000-8). The Mahalanobis-Taguchi System. McGraw Hill Professional. ISBN 978-0071362634. 
  • Genichi Taguchi, Rajesh Jugulum (2002). The Mahalanobis-Taguchi Strategy : A Pattern Technology System. John Wiley & Sons. ISBN 978-0471023333. 
  • Genichi Taguchi, Rajesh Jugulum, Shin Taguchi (2004). Computer-Based Robust Engineering: Essential For DFSS. Amer Society for Quality. ISBN 978-0873896221. 
  • Genichi Taguchi, Subir Chowdhury, Yuin Wu (2005). Taguchi's Quality Engineering Handbook. John Wiley. ISBN 978-0471413349. 

編集・監修[編集]

  • 直交配列表とわりつけの型』 田口玄一 編、1958年
  • 『校正方式マニュアル - 技術者が正しく計測するための手引』 田口玄一 編、日本規格協会〈JIS使い方シリーズ〉、1992年1月。ISBN 978-4542303621
  • 田口玄一 編著 『確率・統計』 日本規格協会〈経営工学シリーズ 4〉、1981年3月。
  • 『品質工学事例集 日本編一般』 田口玄一 編、日本規格協会会〈品質工学講座 5〉、1988年1月。ISBN 978-4542511057
  • 田口玄一 編著 『最適化設計のための評価技術 - 品質工学における規格化と世界への発信』 日本規格協会、2000年9月。ISBN 978-4542511231
  • 田口玄一、矢野宏、ほか編著 『逆説の技術戦略―タグチメソッドによるブレークスルー』 日本規格協会、2002年11月。ISBN 978-4542511248
  • 『MTシステムにおける技術開発』 田口玄一、兼高達貮 編、日本規格協会〈品質工学応用講座〉、2002年6月。ISBN 978-4542511149
  • 『コンピュータによる情報設計の技術開発―シミュレーションとMTシステム』 田口玄一、矢野宏 編、日本規格協会〈品質工学応用講座〉、2004年6月。ISBN 978-4542511156
  • 『品質工学便覧』 田口玄一 監修、品質工学会 編、日刊工業新聞社、2007年10月。ISBN 9784526059506

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 米国ではTaguchi's Loss Functionと呼ばれることもある。
  2. ^ マハラノビス・タグチ・システム、田口本人はマハラノビス・タグチ・シュミット法と呼ばれることを希望。
  3. ^ 実際には前年12月末生まれだが、両親は数え年を意識して1月1日生まれで届け出た[3]
  4. ^ 受賞対象:田口玄一「実験計画法ノート」、『品質管理』第2巻第6号、1951年~第5巻、第5号1954年
  5. ^ 受賞対象:田口玄一、小西省三「直交配列表によるわりつけ方(1)」、『品質管理』第7巻第7号、1956年田口玄一、小西省三「直交配列表によるわりつけ方(2)」、『品質管理』第7巻第9号、1956年
  6. ^ 本田宗一郎豊田英二に次いで3人目。外部のコンサルタントにもかかわらず、当時のアメリカ自動車工業に品質工学を導入することでアメリカを蘇らせた男と言われたほどの功績をたたえられての受賞。
  7. ^ 人間の感覚を測定器としての評価

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 田口玄一 『タグチメソッドわが発想法: なぜ私がアメリカを蘇らせた男なのか』 経済界、1999年11月。ISBN 4766781937
  • 田口伸「父, 田口玄一」、『応用統計学』第42巻第3号、2013年、 pp.189-195。

関連項目[編集]

実験計画法品質工学、直交表、SN比、損失関数、マハラノビス距離
増山元三郎茅野健北川敏男プラサンタ・チャンドラ・マハラノビス田口伸
ウォルター・A・シューハートW・エドワーズ・デミング

外部リンク[編集]