増山元三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

増山 元三郎(ますやま もとさぶろう、1912年10月3日 - 2005年7月3日)は、北海道小樽市出身の日本の数理統計学者

来歴[編集]

1937年東京帝国大学理学部物理学科卒。 中央気象台勤務の傍ら統計学を独習し、その後東大医学部・理学部などで非常勤講師を務める。 1943年「ベクトル量の相関測度について」で理学博士となり、戦後の1952年に国際統計本部教授1954年インド・統計研究所客員教授としてP・C・マハラノビス所長のもとで研究。 アメリカカトリック大学教授を経て、197088年東京理科大学教授。

戦後日本の推測統計学の分野の確立に努めた。 また、社会的問題の解決に統計学的手法を適用し、1971年サリドマイド訴訟では、原告側の証人として催奇の因果関係があることを統計学的に立証した。

1947年に「標本抽出による推計理論の発展と応用」により朝日賞[1]1951年には日本科学技術連盟が選定したデミング賞の第1回受賞者となった。 映画監督今村昌平は義弟にあたる。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 少数例のまとめ方と実験計画の立て方
  • 数に語らせる
  • デタラメの世界
  • サリドマイド
  • 推計学の話
  • 成長の個体差
  • 実験計画法
  • コンピュータの部品になりたくない学生諸君へ
  • 推計学への道

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日賞:過去の受賞者”. 朝日新聞. 2009年11月3日閲覧。