生物学上の未解決問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

生物学上の未解決問題(せいぶつがくじょうのみかいけつもんだい)とは生物学における問題のうち、まだ完全には解決されていないもの。まだまったく答えがわからない問題から、一旦ほぼ定説となった説もあるがその説が不十分だとか不適切だと指摘され、いまでも問題でありつづけているもの(例:進化)まで様々である。

  • 生命の起源生命はどのようにして始まったか? 生命の始まりに必要な条件はゆるいものなのか、それとも非常に厳しいものか? 我々人類が目にしている生命はこの地球上で始まったのか、それとも地球外からのの移入によるものなのか?(たとえば他の惑星からの隕石が地球に衝突した時にそれとともにやってきた生命が起源なのか?) 生命は地球だけの現象か、それとも宇宙全域での現象か? 地球外生物はいるのか?いないのか?
  • DNAゲノム中にはどのような遺伝子が存在するか、またその機能は何か? ある特定の瞬間、ある特定の条件下における細胞器官内で発現しているプロテオーム タンパク質の種類、機能はどのようなものか? 調節遺伝子の全機能はどうなっているのか? 生体の構成物質はコンピュータの基本素子として利用できるか(例:DNAコンピューティング)? DNAの電気的特性はどのようなものか? ジャンクDNAは何の機能も持っていないのか?
  • 個体の寿命が設けられている意味は何か?その設定と作用の機序は?その設定を人工的に操作することは出来るのか?すなわち不老不死は可能なのか?
  • 生体電気: 動物達はどうやって長距離の渡り回遊を行っているのか? 自然界に存在する電場は生物にどのような影響を与えているのか?
  • ウイルス免疫系 エボラ出血熱に過去に感染した、または現在感染していることを示すような兆候はあるのか? 免疫系との関係はどうなっているのか?
  • 進化(生物の変化)の実相はいかなるものであるのか? 一旦定説となった観もあるダーウィニズム(ネオ・ダーウィニズム)は本当に正しいのか? 仮に正しいとするなら、原始生物から高等生物への進化のメカニズムはどのように発現するのか? (ネオ)ダーウィニズムでは変化現象の一部を説明しているにすぎず不十分なのでは?[1] 生物は本当はその理論体系とは全然違う原理で変化している(割合が大きい)のでは?[2] ダーウィニズムというのは厳密には科学としての要件を満たしていないのでは? 同説は一種のよくできたイデオロギーや原理主義のようなものでは?[3][4]
  • の存在。多くの生物が有性生殖で繁殖するのはどうしてか? ダーウィニズムが仮に正しいとしたら、その中でどのように生物は有性生殖へと変化した? 同性愛の存在はどう説明される?
  • 細胞の起源。物質を吸収し、修飾し、放出する膜状の物質は化学的に作成可能(ジャイアントベシクル、コアセルベート、ミクロスフィア等)であるが、それらがどのようにDNAと関連づいたか?
  • バイキング計画メタン。バイキング計画の着陸船が検出した放射性同位体14Cを含んだメタンは火星に生命が存在する可能性を示唆している。

出典[編集]

  1. ^ 自然選択説では不十分だとする説としては、例えばスチュアート・カウフマンが生物の変化というのは、自然選択に加えて創発について説明しないと説明としては全然不十分だ、もっとダイナミックな面がある、と指摘している(スチュアート・カウフマン『自己組織化と進化の論理 : 宇宙を貫く複雑系の法則』日本経済新聞社、1999年 ISBN 4532147697
  2. ^ 木村資生によって中立進化説が提唱されている。
  3. ^ 池田清彦も疑念を示している。(『構造主義と進化論』ほか)
  4. ^ 養老孟司、茂木健一郎らも疑念を示している。(『スルメを見てイカがわかるか!』「原理主義を超えて」 角川書店、2003年)

外部リンク[編集]