特定不能の広汎性発達障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

特定不能の広汎性発達障害(とくていふのうのこうはんせいはったつしょうがい)は発達障害の一種。一般的に、PDD-NOS英語:Pervasive Developmental Disorder - Not Otherwise Specified )の略称で呼ばれる。

概要[編集]

DSM-IV-TRによると、「対人相互反応に重症で広汎な障害があり、言語的または非言語的コミュニケーション障害や常同的で制限された興味や行動、活動を伴っているが、他の特定の広汎性発達障害統合失調症統合失調症型パーソナリティ障害回避性パーソナリティ障害の基準を満たさない場合に用いられるべきものであり、たとえば、このカテゴリーには非定型自閉症が入れられる」と解説されており、ICD10では、非定型自閉症(F84.1)、知的障害と常同運動に関連した過動性障害(F84.4)、その他の広汎性発達障害(F84.8)、広汎性発達障害,特定不能のもの(F84.9)がこれに対応している。

知的な遅れの見られない場合は、高機能広汎性発達障害とも呼ばれるが、アスペルガー症候群(高機能自閉症)と同様、必ずしも知的障害がないから問題も軽度であるとは限らない。

非定型自閉症(Atypical Autism)[編集]

DSM-IV-TRによると、「発症年齢が遅いことまたは非定型の症状または閾値に満たない症状」と解説されており、ICD10では、発症年齢のみの非定型群(F84.10)、症候上のみの非定型群(F84.11)、発症年齢および症候上の両者の非定型群(F84.12)の3つに細分されている。

発症年齢のみの非定型群[編集]

これは、3歳以降になってはじめて、自閉症の症状が見られるもの[1]

症候上のみの非定型群[編集]

これは、3歳以前に自閉症の症状が出現しているものの、その症状が軽いものおよび自閉症の特徴である「社会性」「コミュニケーション能力」「想像力」の1つまたは2つを満たさないもの[2]

発症年齢および症候上の両者の非定型群[編集]

これは、アスペルガー症候群の症状が出現しているものの、その症状が軽いものおよびその特徴である「社会性」「コミュニケーション能力」「想像力」の1つまたは2つを満たさないもの[3]

症候の臨床像[編集]

この障害の症候の臨床像としては、ICD10における自閉症の診断基準B項[4]「1)2)3)から合計6つ以上、なおかつ、1)から少なくとも2つ、2)、3)からそれぞれ少なくとも1つが存在する」を満たさない、つまり、「1)2)3)から合計6つ以上存在するか否かにかかわらず、そのうち1つまたは2つの満たし方が基準に適合しない(3つ組を満たさない)」症例および「1)から少なくとも2つ、2)から少なくとも1つ、3)から少なくとも1つ存在するものの、1)2)3)から合計6つ存在しない(症状が軽い)」症例を指す。

知的障害と常同運動に関連した過動性障害[編集]

その他の広汎性発達障害[編集]

ICD10によると、「その他の広汎性発達障害」とは「自閉性精神発達遅滞」を意味するものとされている。

広汎性発達障害,詳細不明[編集]

ICD10によると、これは、「残遺診断カテゴリーで、広汎性発達障害の一般的記載に合致するが、十分な情報を欠いたり、矛盾する所見があるために、F84の他のコードのいずれの診断基準も満たしえない障害に対して用いられるもの」と解説されている。

なお、行政分類上は、非定型自閉症で知的障害が見られない場合は、F84.9と記すことが多いようである。

国内外の状況[編集]

日本では、アスペルガー症候群やADHDと比べ、PDD-NOSの診断が極めて少なく、症例の研究や社会の認知も遅れているが、諸外国では、広汎性発達障害の中で最もよく見られるものとされている[5]

このような状況の違いに対して、東京大学名誉教授医学博士)の栗田廣氏は、「海外[どこ?]ではPDD-NOSとして診断される障害者がPDDの2分の1であるのに対して、日本ではPDD-NOSはほとんど診断されず、アスペルガーとして診断されている。実際、信頼できるイギリスの診断結果の報告文によると、比率的にPDD-NOSがやはりPDDの2分の1、アスペルガーはPDDの13%(全人口の0.1%)にすぎない。どちらも高機能であり、診断は難しいが、日本でアスペルガーとして診断されている障害者(全人口の0.3 - 0.4%)の多くは実はPDD-NOSではないか」旨の疑問を呈している[6]

この原因としては、日本では、アスペルガー症候群が主に若年者の犯罪と関連付けられ、近年、急速に注目されてきているため、その話題性に気を取られがちになり、これらの症状ないし診断基準の表面をなぞるかのような診断法を取る医師が全国的に増えているためではないかと考えられる。

誤診問題[編集]

誤診されやすいものとしては、アスペルガー症候群、古典的自閉症回避性パーソナリティ障害スキゾイドパーソナリティ障害統合失調症型パーソナリティ障害強迫性障害統合失調症が挙げられる[要出典]

今後[編集]

2013年発行予定の、DSM-5では、古典的自閉症、アスペルガー症候群(高機能自閉症)、PDD-NOSを「自閉症スペクトラム障害」と括る改定案が出ているが、PDD-NOSの症状の出方は、アスペルガー症候群(高機能自閉症)と比較して、より十人十色的であるため、これらの障害を一括りにしてしまっていいのかという議論も存在する[要出典]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ICD10の診断基準では「A)自閉症の基準A項を満たさないこと、B)自閉症の基準B・C項を満たすこと」とされている。
  2. ^ ICD10の診断基準では「A)自閉症の基準A項を満たすこと、B)相互的な社会関係やコミュニケーションの質的異常、または行動や興味及び活動性のパターンが制限され反復的・常同的であること(自閉症の診断基準のうち、異常な領域の数についての基準は満たさなくて良い)、C)自閉症の基準C項を満たすこと、D)自閉症の基準B項のすべては満たさないこと」とされている。
  3. ^ ICD10の診断基準では「A)自閉症の基準A項を満たさないこと、B)相互的な社会関係やコミュニケーションの質的異常、または行動や興味及び活動性のパターンが制限され反復的・常同的であること(自閉症の診断基準のうち、異常な領域の数についての基準は満たさなくて良い)、C)自閉症の基準C項を満たすこと、D)自閉症の基準B項のすべては満たさないこと」とされている。
  4. ^ 「(1)a)視線、表情、姿勢、身振りなどを適切に使用して、相手とのやりとりを調整できない、b)興味、活動、情緒を相互に分かち合うような友達関係を十分に発展させることができない、c)相手の感情に対する反応が乏しかったり、異常だったりすることによって示される社会的・情緒的相互関係の欠如、あるいは社会的文脈に沿って行動を調整することの欠如、あるいは社会的、情緒的、意思伝達的な統合の弱さ、d)喜び、興味、達成感を相手と自発的に分かち合おうとしない(たとえば、自分が関心を持っているものを相手に見せたり、もってきたり、あるいは指し示すことがない) (2)(a)話し言葉の発達が遅れているか、あるいは話し言葉が全く無い、なおかつ、それに変わるコミュニケーション様式として身振りや手振りを用いようとしない、b)言語能力がどのような水準にあろうとも、相手からのコミュニケーションに対して互いに反応しあうものである会話のやりとりを自分から始めたり、維持することが、その言語能力に見合わないほど下手である、c)常同的、反復的に単語をつかったり、あるいは単語や語句の特有の言い回しをする、d)ごっこあそびや、(低学年であれば)相手との模倣あそびを色々なやり方で、自発的に行なうことがない (3)a)1つまたはそれ以上の常同的で制限された興味のパターンへの没頭が見られ、なおかつ、その内容や焦点の当て方が異常であること。または、1つあるいはそれ以上の興味への没頭が見られ、内容やその焦点の当て方ではなく、その強さや限定された性質の点で異常であること、b)特定の機能的でない手順や儀式的行為に対して、強迫的とも見える執着の仕方を示す、c)手や指をひらひらくねらせたり、全身を複雑に動かしたりするなどの、常同的で反復的な運動上の奇妙な癖がある、d)遊具の一部分や機能とかかわりのない要素に没頭する」
  5. ^ 英語版wikipediaの広汎性発達障害の項目にも「Pervasive developmental disorder not otherwise specified (PDD-NOS), which includes atypical autism (or is also called atypical autism), and is the most common」との記載がある。
  6. ^ いのちのホームページ アスペルガー症候群

外部リンク[編集]

認知度の低い広汎性発達障害に関する研究~ICD10とDSM-Ⅳ-TRの対比分類分析および諸外国の現状から~