想像力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

想像力(そうぞうりょく、英語: Imaginationフランス語: imagination)は、「想像する能力」とも呼ばれ、心的な像、感覚概念を、それらが視力聴力または他の感覚を通して認められないときに、作り出す能力である。想像力は、経験意味を、知識理解を提供するのを助けとなり、人々が世界理解する基本的な能力である。そして、学習過程で鍵となる役割も演じる。想像力のための基本的なトレーニングはストーリーの語り(物語)を聞くことで、選ばれた語の正確さが「世界の喚起」に基本的な要因である

想像力は、我々がすべてに出会うための能力である。我々がさわり、見、聞くもの全ては、我々の想像力を通して「像」に結合する。想像力は、共有世界の感覚認識に由来する諸要素から、心の内で部分的または全体的な個人の領域を生み出す、生来の能力・プロセスと認められる。 この語は心理学では、感覚認識で以前与えられた物の知覚表象が心の中で蘇るプロセスとして使われる。語のこの用法が普通の言語のそれと衝突するので、一部の心理学者はこのプロセスを "imaging" または"imagery"と言うか、「生産的」または「構築的」な想像力と対照して、「再生産的」(reproductive)とよぼうとする。想像されたイメージは、「心の眼」で見られる。