温羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鬼ノ城に立つ「温羅旧跡」碑

温羅(うら、おんら)とは、岡山県南部の吉備地方に伝わる古代の

本項では温羅の解説とともに、温羅と吉備津彦命に関する温羅伝説についても解説する。

概要[編集]

温羅とは伝承上の鬼・人物で、古代吉備地方の統治者であったとされる。「鬼神」「吉備冠者(きびのかじゃ)」という異称があり[1]、 中央の伝承によると吉備には吉備津彦命(きびつひこのみこと)が派遣されたというが、吉備に残る伝承では温羅は吉備津彦命に退治されたといわれる。

伝承は遅くとも室町時代末期には現在の形で成立したものと見られ[2]、文書には数種類の縁起が伝えられている。また、この伝承は桃太郎のモチーフになったともいわれる。

伝承内容[編集]

伝承によると、温羅は出雲地域より飛来して吉備に至り、鬼ノ城を拠点として吉備地方を支配し製鉄技術をこの地域へ齎したという。 吉備の人々は都へ出向いて窮状を訴えたため、これを救うべく崇神天皇(第10代)は孝霊天皇(第7代)の子で四道将軍の1人・吉備津彦命を派遣した。

命は現在の吉備津神社の地に本陣を構えたという。温羅に対して矢を1本ずつ射たが岩に呑み込まれた。そこで命は2本同時に射て温羅の左眼を射抜いた。温羅がに化けて逃げたので命はに化けて追った。更に温羅はに身を変えて逃げたので吉備津彦はに変化してついに温羅を捕らえた。こうして温羅を討ったという。

討たれた温羅の首はさらされることになったが、討たれてなお首には生気があり、時折目を見開いてはうなり声を上げた。気味悪く思った人々は吉備津彦命に相談し、吉備津彦命は犬飼武命に命じて犬に首を食わせて骨としたが、静まることはなかった。次に吉備津彦命は吉備津宮の釜殿の竈の地中深くに骨を埋めたが、13年間うなり声は止まず、周辺に鳴り響いた。ある日、吉備津彦命の夢の中に温羅が現れ、温羅の妻・阿曽媛に釜殿の神饌を炊かせるよう告げた。このことを人々に伝えて神事を執り行うと、うなり声は鎮まった。その後、温羅は吉凶を占う存在となったという(吉備津神社の鳴釜神事)。

関係人物[編集]

温羅側

  • 温羅 (うら)
    吉備冠者、鬼神ともいう。
    鬼ノ城を拠点とした鬼。温羅は百済の皇太子だった、新羅の武官だった、渡来人で空が飛べた、大男で怪力無双だった、大酒飲みだった、等の逸話が伝えられる。
  • 阿曽媛 (あそひめ)
    温羅の妻。阿曽郷(現・総社市奥坂)の祝の娘。
  • 王丹 (おに)
    温羅の弟[3]

吉備津彦命側

  • 吉備津彦命 (きびつひこのみこと)
    記紀に記載あり。大吉備津日子命とも。いずれも吉備平定後の名で、本の名を彦五十狭芹彦命(ひこいさせりびこのみこと、比古伊佐勢理毘古命)。
    第7代孝霊天皇皇子。『日本書紀』では四道将軍に数えられる。『古事記』『日本書紀』とも、吉備へ征伐に派遣されたとする。
  • 高田姫命 (たかだひめのみこと)
    吉備津彦命の后という[4]。父は楽々森彦命ともいう[4]
  • 稚武彦命 (わかたけひこのみこと)
    記紀に記載あり。若日子建吉備津日子命とも。兄を「大吉備津彦命」、稚武彦命を「吉備津彦命」と記す場合もある。
    第7代孝霊天皇皇子で、吉備津彦命の弟。『古事記』では、兄とともに吉備へ派遣されたとする。
  • 犬飼武命 (いぬかいたけるのみこと)
    忠実な家臣といい、桃太郎における犬のモデルとされる[5]。後世、犬養毅はその後裔を称する。
  • 楽々森彦命 (ささもりひこのみこと)
    当地出身の家臣で智将といい、桃太郎における猿のモデルとされる[5]。その出自は県主であったともいい、娘・高田姫命が吉備津彦命に嫁いだともいう[4]
  • 留玉臣命 (とめたまのみこと)
    遣霊彦命とも[4]
    鳥飼に優れた家臣といい、桃太郎における雉のモデルとされる[5]

関係地[編集]

拠点伝承地[編集]

鬼ノ城
温羅本拠地。
吉備津神社備中国一宮
吉備津彦命本拠地。
  • 鬼ノ城 (きのじょう)
    総社市奥坂(位置)。
    神籠石式山城で、国の史跡。温羅の本拠地という。
  • 鬼の釜 (おにのかま)
    総社市黒尾(位置)。
    鬼ノ城への登山道脇に所在。総社市指定文化財。温羅が生け贄を茹でたとされる。
  • 鬼の岩屋 (鬼の差し上げ岩)
    総社市奥坂(位置)。
    岩屋寺にある洞窟。温羅が住んだ地という。
  • 阿宗神社 (あそうじんじゃ)
    総社市奥坂(位置)。
    温羅の妻・阿曽媛の関係地という。一帯の阿曽郷からは古代製鉄跡が多数発掘された。また吉備津神社の鳴釜神事に使用する釜は、当地の鋳物師によるものと定められている。
  • 吉備津神社
    岡山市北区吉備津(位置)。
    式内社名神大)、備中国一宮。本殿は国宝。吉備津彦命が本陣を置いた地という。また、吉備津彦命が営んだ斎殿跡ともいい[6]、命を祀る。本殿外陣の東北(艮)隅には「艮御崎神」として温羅と王丹(弟)が祀られ、平安時代末の『梁塵秘抄』では「艮みさきは恐ろしや」と詠われている。
  • 吉備津彦神社
    岡山市北区一宮(位置)。
    備前国一宮。吉備津彦命を祀る。境内末社に温羅の和魂を祀る温羅神社があるほか、本殿周囲四隅に楽々森彦命・楽々与理彦命・夜目山主命・夜目麿命を祀る。

戦い伝承地[編集]

  • 楯築遺跡 (たてつきいせき、楯築墳丘墓)
    倉敷市矢部(位置)。
    弥生時代墳丘墓。吉備津彦命が石楯を築き防戦準備をしたといい、頂上の5つの平らな岩が石の楯という。
  • 矢置岩
    岡山市北区吉備津の吉備津神社境内(位置)。
    吉備津彦命が矢を置いたという。古くは磐座であったと推察されている[7]。1月3日には伝承に関連した「矢立の神事」が行われる。
  • 矢喰宮 (やぐいのみや)
    岡山市北区高塚(位置)。
    温羅が投げた石が吉備津彦命の放った矢と当たって落ちた地という。境内には多くの巨岩がある。
  • 血吸川 (ちすいがわ)
    鬼ノ城から南へ矢喰宮そばを流れる川(位置)。
    吉備津彦命が2本同時に放った矢の1本が温羅の左目に当たり、血が吹き出して川となったという。
  • 赤浜 (あかはま)
    総社市赤浜(位置)。
    集落名。温羅の血により真っ赤に染まったことに由来するという。
  • 鯉喰神社 (こいくいじんじゃ)
    倉敷市矢部(位置)。
    鯉に化けて逃げた温羅を、鵜に化けた吉備津彦命が捕まえた地という。

終焉伝承地[編集]

  • 白山神社
    岡山市北区首部(位置)。
    温羅が首をはねられた地という。また首が串に刺されてさらされ、「首村(こうべむら、現・首村)」の由来になったともいう。境内には温羅を祀る鬼神首塚が残る。
  • 吉備津神社御釜殿 (おかまでん)
    岡山市北区吉備津の吉備津神社境内(位置)。
    境内の一角にあり、建物は国の重要文化財。温羅の首がうなり続けるため首村から移し、御釜殿の土中に埋められたという。温羅にまつわる鳴釜神事上田秋成の『雨月物語』で知られる。
  • 艮御崎神社 (うしとらおんざきじんじゃ)
    岡山市北区辛川市場(位置)。
    「小丸山」という丘上にある。温羅の胴体を祀るという。
  • 青陵神社 (あおはかじんじゃ)
    岡山市北区谷万成(位置)。
    吉備津彦命・温羅の戦いで討たれた2人の鬼の首を祀るという。
  • 中山茶臼山古墳
    岡山市北区吉備津(位置)。
    宮内庁治定「大吉備津彦命墓」。吉備の中山頂上にある。

その他[編集]

  • 皷神社 (つづみじんじゃ)
    岡山市北区上高田。
    式内社、備中国二宮。吉備津彦命の后・高田姫命を祀る[4]。また、高田姫命の出生地は当地で、その父は県主として当地を治めた楽々森彦命であるという[4]

関係文書[編集]

一品(いっぽん)聖霊(しょうりょう)吉備津宮、新宮、本宮、内の宮、隼人崎、北や南の神客人、丑寅みさきは恐ろしや

考証[編集]

伝承では、温羅は討伐される側の人物として記述される。一方で、製鉄技術をもたらして吉備を繁栄させた渡来人であるとする見方[11]、鉄文化を象徴する人物とする見方もある[12]。吉備は「真金(まかね)吹く吉備」という言葉にも見えるように古くからの産地として知られており[13]、阿曽媛の出身地・阿曽郷(鬼ノ城東麓)には製鉄遺跡も見つかっている。また、鬼ノ城から流れる血吸川の赤さは、鉄分によるものともいわれる。

また、吉備津神社の本来の祭神を温羅であると見る説もある[14]。この中で、ヤマト王権に吉備が服属する以前の同社には吉備の祖神、すなわち温羅が祀られていたとし、服属により祭神が入れ替わったと推察されている[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 温羅(うら)の伝承についての資料が知りたい。(レファレンス協同データベース、岡山県立図書館回答)。
  2. ^ 岡山文庫 2008年, p. 71.
  3. ^ 吉備路 上 2008年, p. 69.
  4. ^ a b c d e f 皷神社(岡山県神社庁)。
  5. ^ a b c 研究会 2004年, p. 17.
  6. ^ 地名 1988年, p. 607.
  7. ^ 吉備路 上 2008年, p. 64.
  8. ^ 地名 1988年, p. 608.
  9. ^ 岡山文庫 2008年, p. 72.
  10. ^ 地名 1988年, p. 24.
  11. ^ 謎解き 2012年, p. 239.
  12. ^ 謎解き 2012年, p. 174.
  13. ^ 謎解き 2012年, p. 238.
  14. ^ 吉備路 上 2008年, p. 74.
  15. ^ 吉備路 上 2008年, p. 75.

参考文献[編集]

  • 阿村礼子作・夏目尚吾絵『吉備津彦と温羅』 (PDF) おかやま観光コンベンション協会。
  • 『岡山桃太郎と鬼 吉備津彦と温羅』 岡山桃太郎と鬼研究会編、岡山桃太郎と鬼研究会、2004年
  • 『日本歴史地名体系 岡山県の地名』 平凡社1988年ISBN 4582490344
  • 藤井駿 『岡山文庫 58 吉備津彦神社』 日本文教出版、2008年
  • 薬師寺慎一 『考えながら歩く吉備路 上』 吉備人出版、2008年ISBN 9784860692117
  • 『岡山県謎解き散歩』 柴田一編、新人物文庫、2012年ISBN 9784404042736

関連項目[編集]

外部リンク[編集]