墳丘墓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

墳丘墓(ふんきゅうぼ)とは一般に、上に土あるいは石を積み重ねて丘のような形(墳丘)とした墳墓をいう。墳丘はマウンド(Mound)、土饅頭などと呼ぶこともある。世界の様々な地域にあり、代表的なものとして日本の古墳があるが、日本でも弥生時代から現代の陵墓に至るまでいろいろな時代に造られている。

なお、弥生時代の墳丘墓を古墳時代の古墳と区別して特に墳丘墓(弥生墳丘墓)と呼ぶが、これについては弥生時代の墓制を参照。

古代の王あるいは権力者が巨大な墳丘墓を築いた例がよく知られるが、庶民が葬られたと思われる小型の群集墳などもある。また墓に限らず(墓かどうか不明のものもあるが)記念物あるいは宗教的な目的から造られた同様のものもある(日本の山岳信仰に基づく富士塚など)。

石造の四角錐状のものは特にピラミッドと呼ばれる。

[編集]

日本[編集]

弥生時代の墳丘墓(弥生時代の墓制参照)と古墳時代古墳が代表的。東北地方北海道西部では7~9世紀頃、末期古墳が造営されている。

朝鮮[編集]

三国時代百済新羅高句麗伽耶で造られたものが知られ、特に有名なのは慶州にある新羅王墓群と、高句麗古墳群である。高句麗古墳の影響を受けたと思われる積石塚は日本の一部の古墳でも知られ、日本の古墳には新羅などの古墳と共通の副葬品を出土したものもある。また日本式の前方後円墳らしいものが韓国南西部(伽耶・百済境付近)でも見出されている。

中国[編集]

秦始皇帝陵が有名。

東ヨーロッパ・中央アジア[編集]

青銅器時代鉄器時代に多数造られ、クルガン(トルコ語起源のロシア語)と総称される。青銅器時代初期のロシアウクライナ周辺のクルガンについては、原インド・ヨーロッパ民族のものとする説(クルガン仮説)がある。

ブルガリア[編集]

カザンラクスヴェシュタリにあるトラキア人の墳墓が有名。

マケドニア[編集]

ヴェルギナ(現在はギリシャ領)の墳墓:一説にはマケドニアピリッポス2世のものという。

アナトリア[編集]

巨大な墳丘墓が多数知られるが、中でも特に巨大なものとして知られるのが次の3つである。

西・中央ヨーロッパ[編集]

新石器時代から鉄器時代にかけて多数の墳丘墓が造られた。先史ヨーロッパにはまた、ドルメン(支石墓)、メンヒルその他の巨石記念物も多く造られた。北欧ではキリスト教化(11世紀)まで墳丘墓が造られ、特にスウェーデンガムラ・ウプサラの巨大な王墓が有名である。イギリスでもアングロサクソン時代にこの影響を受けたと考えられるものがある。アイルランドでも独自の墳丘墓がキリスト教化以前に造られた。

北アメリカ[編集]

新石器時代以降の墳丘墓が多数知られており、これらを作った人々は”Mound builder”と呼ばれる。特にミシシッピ文化(紀元後700-1500年頃、ミシシッピ川流域)で大型のものが多数造られている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]