来島又兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

来島 又兵衛(きじま またべえ、文化14年1月8日1817年2月23日) - 元治元年7月19日1864年8月20日))は日本の武士長州藩士。遊撃隊総督。幼名は亀之進。初名は光次郎。諱は政久。

生涯[編集]

文化14年(1817年)1月8日、喜多村政倫の次男として生まれる。天保7年(1836年)、来島又兵衛政常の婿養子となり、以後江戸で剣術修行に励む。

嘉永元年(1848年)に帰国。家督を継ぐ。同年10月に手廻組に入隊。その後、の要職を歴任した。文久3年(1863年高杉晋作奇兵隊を創設すると又兵衛は遊撃隊を組織し互いに連携して国事にあたった。

元治元年(1864年)の禁門の変にさいして、積極的、激烈に出兵を主張。風折烏帽子に先祖伝来の甲冑を着込み、自ら兵を率いて上洛し激戦を繰り広げた。この禁裏内の戦闘で当時薩摩藩兵の銃撃隊として活躍した川路利良の狙撃で胸を撃ちぬかれ、助からないと悟った又兵衛は甥の喜多村武七に介錯を命じ、自らで喉を突いた後、首を刎ねられ死亡した。

現在、山口県美祢市にある美祢市立厚保小学校には彼の銅像が建てられている。近くに来島家の生家があったためである。

尼子流来島氏[編集]

来島家は伝来の系図によると宇多天皇の末裔で、毛利氏と敵対した出雲国の大名・尼子経久の子・森親久の子孫とされる。森親久は出雲国来島城を拠点として栄えたが、兄の塩冶興久の謀反やその討伐等で尼子家中が混乱した際に尼子氏から離反し、毛利氏に仕えたという。森の名字は毛利と通じるため、かつての所領であった来島を名字にしたとされる。

その後は来島元久、弟の来島就親と続き、その就親は備中高松城の戦い清水宗治とともに切腹した。その後も毛利氏に従い、長州藩士として続いたとされる。